現在の位置

更新日:平成29(2017)年4月12日

高齢者を虐待から守るため早期発見・対応が大切です

虐待は、心と体に大きな影響を与え、時には生命を奪うこともあります。高齢者の尊厳を守るため、地域の皆さんの「あれ、何かおかしい」「えっ、どうしたの」という気づきによる連絡が大切です。

  • 体に不自然な傷やあざがある
  • 天気が悪いのに長時間家の外で過ごしている
  • 怒鳴り声や悲鳴がよく聞こえてくる
  • 訪問しても本人に会えない

このような高齢者がいれば、高齢福祉課や地域包括支援センターへご連絡ください。

注意:虐待と判断できなくても、「気になる高齢者がいます」とご連絡ください

次の行為も虐待になります

  • 高齢者の年金を無断で使う
  • 大声で怒鳴ったり、ののしったりする
  • 必要な医療・介護サービスを受けさせない
  • 高齢者が必要とする身の回りの世話を行わない
  • 口をきかず、無視する

通報・相談先

名称 電話番号 小学校区
門真第1地域包括支援センター 06-6780-0808 門真みらい
門真第2地域包括支援センター 06-6906-7077 門真・速見
門真第3地域包括支援センター 072-800-0825 大和田・古川橋・上野口
門真第4地域包括支援センター 072-887-6540 四宮・沖・北巣本・五月田
門真第5地域包括支援センター 072-883-3334 脇田・砂子・二島・東

高齢福祉課(平日午前9時~午後5時30分)

電話06-6902-6176

門真市役所代表(夜間・土曜日・休日・年末年始)

電話06-6902-1231

お問い合わせ先

保健福祉部 高齢福祉課 別館1階
電話06-6902-6176

お問い合わせメール

ページの先頭へ