現在の位置

特殊詐欺(振り込め詐欺)の発生状況について(平成29(2017)年3月17日更新)

平成29(2017)年3月15日に還付金詐欺の被害が発生しました。
また、還付金詐欺に関する相談の電話が多数寄せられています。
還付金詐欺に注意してください。

特殊詐欺(振り込め詐欺)の被害状況(門真警察署調べ)
  平成28(2016)年
(1月~12月)
平成27(2015)年
(1月~12月)
総件数 16件 約5,080万円 19件 約3,600万円
振り込め詐欺 オレオレ詐欺 6件 約2,100万円 1件  約600万円
架空請求詐欺 2件 約1,880万円 4件  約1,200万円
融資保証金詐欺 1件 約5万円 2件  約30万円
還付金詐欺 7件 約1,080万円 11件  約1,200万円
そのほか 0件 - 1件 約570万円

市内で、不審な電話による振り込め詐欺の相談が増えていますのでご注意ください。
振り込め詐欺とは、電話などで、被害者を誘導し、振り込みなどの方法で現金をだまし取る詐欺です。
平成28(2016)年1月~平成28(2016)年12月の被害状況は、16件、約5,080万円で、平成27(2015)年と比較して3件減少していますが、被害総額は約1,400万円上回っています。
不審な電話があった場合は、すぐに指示に従わずに通話や対応を終え、門真市消費生活センターや門真警察署などの関係機関にご連絡ください。
また、市役所への問い合わせで初めて特殊詐欺(振り込め詐欺)であることを知った人や、特殊詐欺(振り込め詐欺)の手口について知らない人もいますので、不審な電話について、近隣での情報共有をお願いします。

オレオレ詐欺

親族や警察官などを装って電話をかけ、会社の横領金の補てんや借金の返済などを名目に、現金を口座に振り込ませるなどの方法によりだまし取る詐欺。

架空請求詐欺

郵便やインターネット、メールなどを利用して、架空の料金を請求する文書などを送付するなどして、現金を口座に振り込ませるなどの方法によりだまし取る詐欺。

融資保証金詐欺

実際には融資しないにもかかわらず、融資を受けるための保証金などを名目にして、現金を口座に振り込ませるなどの方法によりだまし取る詐欺。

還付金詐欺

市の職員などを装い、医療費の還付金などに必要な手続きを装って、被害者にATM(現金自動預け払い機)を操作させ、犯人の口座へ送金により振り込ませる手口の電子計算機使用詐欺。

お問い合わせ先

門真市消費生活センター 電話06-6902-7249
門真警察署 電話06-6906-1234

ページの先頭へ