現在の位置

架空請求のハガキの相談が多く寄せられています

架空請求イラスト

緊急情報!!

門真市内において、法務省を名乗り「提訴最終告知のお知らせ」などと記載したハガキを送りつけ、現金をだまし取ろうとする詐欺の相談が多く寄せられています。
ハガキには「差し押さえを強制的に履行する」「相談は職員まで問い合わせしてください」などと書かれており、ハガキに記載されている連絡先に電話をすると、言葉巧みにコンビニに誘導され、「インターネット収納代行」などを悪用し現金をだまし取られてしまいます。
身に覚えのない請求には振り込みをしてはいけません。不審なハガキが届いたら、すぐに消費生活センターに相談してください。

最近の手口(例)

架空請求詐欺

「総合消費料金に関する提訴最終告知のお知らせ」という架空請求ハガキが全国の家庭に届いています。決して相手には連絡しないように注意してください。

ハガキには「最終告知のお知らせ」などと書かれており、「連絡しなければ提訴で原告の主張が全面的に受理され、給与や財産の差し押さえを強制的に執行する」としており、不安をあおって連絡させるように迫る内容です。
ハガキに書かれた電話番号に連絡すると、弁護士を名乗る人物を紹介され、最終的にコンビニでプリペイドカードを購入させ、お金を払うように迫られます。また、弁護士の紹介料を請求されるケースもあり、多額の現金をだまし取ります。不安な場合は消費生活センターまで連絡をしてください。

不審な電話と思ったら、すぐに指示に従わずにいったん通話や対応を終え、門真市消費生活センターや門真警察署などの関係機関にご連絡ください。。

  

実際に送られてきた架空請求ハガキの例
架空請求ハガキの例

お問い合わせ先

門真市消費生活センター 電話06-6902-7249
門真警察署 電話06-6906-1234

ページの先頭へ