現在の位置

更新日:令和元(2019)年8月14日

令和元(2019)年8月3日:第3回ふるさと門真まつり

メイン会場の運動広場はもちろんのこと、総合体育館や遊びの広場(模擬店)、文化会館、門真市はすはな中学校外壁のプロジェクションマッピングなど、いたるところに多数の見物客。各催しの出演者や警備の人が会場にも通路にも溢れかえっている状態で、あそびの広場は模擬店ごとに長蛇の列ができ熱気ムンムンだ。
文化会館での寄席では、京都女子大生3人が出演し、30分以上の落語には脱帽した。
プロジェクションマッピングの豪華絢爛さは、打ち上げ花火に引けを取らず、観客からは「ウォー」というどよめきが上がっていた。15分が短すぎると感じたほどだった。今回が初開催らしいがグットアイデアだった。
警備と誘導は当然のこと、会場の設営、無料臨時バスの手配、各種広告やチラシの作成など、ふるさと門真まつり実行委員会をはじめとしたスタッフや関係者の皆さんは並々ならぬご苦労があっただろう。感謝の言葉しかありません。
帰り道、歩道で母親に手を引かれた、3歳くらいの男の子の浴衣を着た後ろ姿がふるさと門真まつりの成功を表しているように見えた。

(市民特派員・石川良治)

ふるさと門真まつり画像02 ふるさと門真まつり画像01
お問い合わせ先

企画財政部 魅力発信課 本館1階
電話06-6902-5605

お問い合わせメール

ページの先頭へ