現在の位置

更新日:平成28年4月1日

家電リサイクル法

家電リサイクル

テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機の5品目はリサイクルが義務付けられています。家電リサイクルの方法として、(1)自己搬入ルート(2)家電小売店ルートなどがあります。収集日にごみとして出しても収集できません。

対象家電製品

エアコン

  • 壁掛け型のセパレートタイプ(室外機)
  • 床置き型のセパレートタイプ(室外機)
  • ウインドタイプ

テレビ

  • ブラウン管式テレビ
  • VTR内臓テレビ
  • 液晶テレビ
  • プラズマテレビ

冷蔵・冷凍庫

  • 冷蔵庫
  • 冷凍庫
  • ワイン庫(ワインセラー)

洗濯機

  • 全自動洗濯機
  • 2槽式洗濯機
  • ホームランドリー

乾燥機

  • 衣類乾燥機

注釈:廃棄のときは、リサイクル料金と収集・運搬料金が必要

注釈:テレビのうち、電池式、蓄電式で液晶の「ポータブルテレビ」「カーテレビ」などで、30cm以内は小型ごみの日に出してください。30cmを超えるものは「粗大ごみ受付センター」へ申し込んでください

大阪府家電リサイクル情報コーナーはこちら

家庭系パソコン

  • 「パソコン」は「ごみ」として収集不可。回収・リサイクルの手続きは、排出者(消費者)が自己責任で行う。それぞれのメーカーに直接電話などで問い合わせて、回収の手続方法を確認
  • 回収・リサイクル(PCリサイクル)の情報は、一般社団法人パソコン3R推進協会
    電話03-5282-7685、詳しくは下記のホームページへ

一般社団法人パソコン3R推進協会のホームページはこちら

お問い合わせ先

市民生活部 クリーンセンター業務課 管理グループ クリーンセンター業務棟
電話06-6909-0048

お問い合わせメール

ページの先頭へ