現在の位置

更新日:平成29(2017)年1月6日

住民票の写しの広域交付

住民基本台帳ネットワークシステムを活用して、全国どこの市町村でも本人や世帯の住民票の写し(本籍・筆頭者の表示を省略したもの)が取れるようになりました。
申請には、マイナンバーカード(通知カード不可)や、住民基本台帳カードまたは、運転免許証、パスポートなど顔写真付きの公的証明書を市町村の窓口で提示してください。

請求者

住民基本台帳に記載されている人

請求方法

マイナンバーカード(通知カード不可)や、住民基本台帳カードまたは、運転免許証、パスポートなど顔写真付きの公的証明書を添えて請求

請求できる住民票の写し

本人または、本人と同一世帯の人の住民票の写し

住民票の写しの記載事項

氏名、住所、生年月日、性別、続柄、住所を定めた日、住民となった日など
注意:外国人住民の人は上記に加えて、国籍、在留資格、在留カードの番号など

その他

転居の履歴や本籍を表示することはできません。また、消除された住民票の発行もできません

転入転出手続きの簡素化

マイナンバーカードや住民基本台帳カードの交付を受けている場合、転出届を郵送で行うことにより、引越の手続きで窓口に行くのは転入時1回だけで済みます。
現在、引越の場合には、まず、住んでいる市町村に転出届を行い、転出証明書の交付を受けてから、引越先の市町村に転入届を行う必要があります。
これが、住民基本台帳ネットワークシステムを活用して、転出証明書に載せている情報を電子情報として市町村間で送信することで、マイナンバーカードや住民基本台帳カードを引越先の市町村の窓口で提示することによって、引越の場合に窓口に行くのが転入時の1回だけで済むようになります。(一定の事項を記入した転出届を郵送などで行うことは必要です。)

関連URL

住基ネットでできることについてはこちら

お問い合わせ先

市民生活部 市民課 戸籍住民グループ 別館1階
電話06-6902-5970

お問い合わせメール

ページの先頭へ