現在の位置

セアカゴケグモに注意

セアカゴケグモは強い毒を持っていますが、手で触らない限りかまれることは無く、おとなしいクモです。発見したときは市販の殺虫剤で退治してください。万一、かまれたときは水で洗うなど清潔にし、慌てず医療機関に相談してください(できるだけ退治したクモを持参してください)。

セアカゴケグモの写真

特徴:メスが体長約1センチメートル、オスが体長約0.4センチメートル全体に黒く背に赤色の帯状の模様があるのが特徴

生息場所

  1. 日当たりが良く、暖かいところ
  2. 昆虫や小動物などの餌が豊富にあるところ
  3. 巣を張る適当なすき間があるところ

身近なところでは、次のようなところで発見されます

  • 排水溝の側面やふたの裏
  • 花壇まわりのブロックのくぼみや穴、プランターと壁とのすき間、うつ伏せのからの植木鉢の中
  • 芝生や植木あるいは水抜き管の内部
  • 墓石の花立てと線香立ての間や巻き石などのすき間
  • 自動販売機の裏、クーラー室外機の裏、浄化槽ブロアーカバーの内部などの人工的な熱源の周り

かまれたときの症状

  1. かまれると、はじめはチクリと針で刺したような痛みを感じます
  2. やがてかまれた部分のまわりが腫れて赤くなります。痛みはしだいに全身に広がります
  3. 悪化すると、多量の汗をかいたり、さむけ、はき気などがあらわれることもあります
  4. 通常は、数日から数ヶ月で回復する例が多く、かまれても重症になることはほとんどありません

かまれたときの処置

  1. 万一、クモにかまれたら、余分の毒を温水や石けん水で洗い落とします
  2. 多少出血があっても、包帯や止血帯はしないほうが良いでしょう
  3. できるだけ早く病院に行って治療を受けることが大切です(病院には、かまれたクモを殺して持参してください。適切な治療につながります)

防除

  1. 生息しそうな場所に普段から注意し、クモの巣があれば、棒切れなどで払って、クモが巣をつくらないようにすれば、このクモからの被害を避けることができます
  2. セアカゴケグモを見つけても、素手でつかまえたり、さわったりしないようにしましょう
  3. クモには直接、市販の家庭用殺虫剤を噴霧すれば駆除できます

セアカゴケグモについて、詳しくは大阪府ホームページをご覧ください。

大阪府ホームページ「セアカゴケグモについて」はこちら

お問い合わせ先

市民生活部 環境対策課 別館2階
電話06-6902-7212

お問い合わせメール

ページの先頭へ