現在の位置

更新日:平成29(2017)年1月20日

市営住宅

現在、市営住宅の募集は行っておりません。

市営住宅とは

公営住宅法または住宅地区改良法に基づき市が建設した住宅です。

市営住宅一覧はこちら(PDF:38KB)

家賃

市営住宅の家賃は、「応能応益家賃」となっており、団地の所在地、住宅の面積や設備の状況、申し込み世帯の収入などによって異なります。詳しくは、都市政策課公営住宅グループまでお問い合わせください。
なお、家賃は毎年見直されます。

入居資格

市営住宅に応募される人は、申し込み時において、次のすべての条件を満たしていなければなりません。また、募集の際に内容が変わることもありますので、募集案内をよくお読みください。

(1)同居または同居しようとする親族がある人

単身での申し込みについてはこちら (PDF:162KB)

(内縁関係にある人や婚約者のある人も申し込めます)

  • 内縁関係の人は、その関係が住民票の続柄の欄で、未届の妻(夫)であることが確認できる場合に限ります
  • 婚約者のある人は、別途「婚約証明書」および期限内に婚約者と同時に入居する旨の「誓約書」が必要です(婚約証明書および誓約書の用紙は係員に申し出てください)

(2)収入基準に合うこと(入居予定者全員の収入が対象です)

  • 入居者全員の収入が対象です
  • 計算後の月収額(入居世帯全員の総所得から控除額を引いた額を12で割った額)が公営住宅では15万8000円以下の人、改良住宅では11万4000円以下の人が申し込むことができます
  • 計算後の月収額が上記の額を超える人でも、高齢者、障がい者などの「裁量世帯要件」に該当する人は、計算後の月収額が公営住宅では21万4000円以下の人、改良住宅では13万9000円であれば申し込むことができます。

裁量世帯要件についてはこちら(PDF:154KB)

(3)現在住宅に困っている人

  • 市営住宅、府営住宅を借りている人(名義使用人)は申し込めません
  • 持家の人も原則として申し込めません

(4)申込みの本人が門真市内に住所を有しているか、勤務をしている人

  • 住民票の写し(外国人の人は外国人登録証明書)または勤務していることが確実であることを証明する書類が入居資格審査に必要です

(5)入居時において、保証人が必要です。(独立の生計を営み、申込者と同程度以上の収入のある人)

(6)過去に市営住宅に居住していた人については、不正な使用(無断退去・滞納など)をしたことがないこと

抽選方法

公開抽選で決定いたします。倍率優遇はしておりません。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先

まちづくり部 都市政策課 公営住宅グループ 別館2階
電話06-6902-6391

お問い合わせメール

ページの先頭へ