現在の位置

更新日:平成27年9月15日

門真市教育大綱

門真市教育大綱について

平成26年に、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」が一部改正され、地方公共団体の長は、国の教育振興基本計画を参酌し、当該地方公共団体の教育、学術及び文化の振興に関する総合的な施策の大綱を定めることになりました。
門真市では大綱の策定に当たり、門真市長と門真市教育委員会で構成される「門真市総合教育会議」で協議を重ね、平成27年9月に「門真市教育大綱」を策定しました

門真市教育大綱はこちら(PDF:441KB)

門真市総合教育会議の議事録はこちら

門真市教育大綱のパブリックコメントの結果はこちら

門真市教育大綱の構成

位置づけ

「門真市第5次総合計画」の基本理念を踏まえ、各分野で策定される3つの計画(門真市教育振興基本計画、門真市生涯学習推進基本計画、門真市子ども・子育て支援事業計画)の礎となるものです。

注意:門真市教育振興基本計画は、平成27年度中の策定を予定しています

期間

平成27年度から平成31年度までの5年間

基本理念

基本理念は、
「みんながつながる 幸せはぐくむ 門真の教育」
とします。
基本理念のもとに、5つの基本的視点を設定しています。

【門真市教育大綱の基本的視点】

  1. 子どもから高齢者まで、人生の各ステージで、縦につながる視点を重視し、一人ひとりの人権や発達を保障していく教育を進めます。
  2. 学校、家庭、地域、行政が横につながり、自助・共助・公助及び協働を発展させる視点を大切にし、交流・ふれあいの機会、相互に学び合える環境・機会を提供します。
  3. 人格形成の基礎となる就学前の教育・保育を充実させ、子どもと保護者の豊かな成長を育みます。
  4. 義務教育では、一人ひとりの個性を伸ばし社会的自立の基礎を築く確かな学力、豊かな心、健やかな体を育てます。
  5. 一人ひとりの成長やニーズに応じて、 生涯にわたり学べる環境、個々人の力を発揮して社会参加できる環境を整えます。

基本方針

基本的視点をもとに、6つの基本方針を設定しています。

 

【門真市教育大綱の基本方針】

  1. 子どもを健やかに育む環境をつくります
  2. 子どもを安心して、楽しく育てる家庭や地域をつくります
  3. みんなで子どもの健康な心や体をつくります
  4. 子どもの学びの意欲を育む学校をつくります
  5. 生涯にわたり学習や仲間づくりができる環境をつくります
  6. 愛着と誇りに思う文化を育む環境をつくります
お問い合わせ先

企画財政部 企画課 企画グループ 本館3階
電話06-6902-5572

お問い合わせメール

ページの先頭へ