現在の位置
更新日:平成30(2018)年3月7日

門真市中学生英語プレゼンテーションコンテスト

「第7回門真市中学生英語プレゼンテーションコンテスト」 18人が自身の思いを発表

挑戦することの大切さを伝える徳弘さん
挑戦することの大切さを伝える徳弘さん

平成30(2018)年2月25日、ルミエールホールで第7回門真市中学生英語プレゼンテーションコンテストが開催されました。応募総数781人の中から一次審査、二次審査を通過した中学1・2年生18人が、「今、伝えたいこと」をテーマに、自身の思いを発表しました。
発表直前まで控え室や舞台裏で練習を重ね、ステージに上がった生徒は、日本の伝統文化やスポーツ、社会問題など、自身が伝えたいことを身振り手振りを交えながら発表し、英語での質問にも臆することなく答えていました。最優秀賞には、第二中学校2年生の徳弘璃乃さんが選ばれました。
また、発表前には、これまで海外派遣研修でお世話になったオーストラリアのCharles Campbell Collegeの副校長からインターネット回線を利用したテレビ電話で、応援メッセージが贈られました。また、審査時間中のプログラムとして、昨年、海外派遣研修に参加した生徒の報告や先輩海外派遣研修生による発表、子ども英会話講座KEIKの参加者による発表と歌の披露が行われました。

お問い合わせ先

教育委員会事務局 教育部 社会教育課 社会教育グループ 本館2階
電話06-6902-7139

お問い合わせメール

ページの先頭へ