現在の位置

更新日:平成30(2018)年12月4日

平成31(2019)年度文化遺産総合活用推進事業の補助事業者を募集

文化遺産総合活用推進事業は、文化遺産を活用した総合的な取り組みに対して文化庁が補助金を交付するものです。
この度、文化庁の募集案内に掲載された補助対象事業を門真市内で行う補助事業者を募集します。

事業の趣旨

我が国の「たから」である地域の多様で豊かな文化遺産を活用した、伝統芸能・伝統行事の公開・後継者養成、古典に親しむ活動など、各地域の実情に応じた特色ある総合的な取り組みに対して補助金を交付することで、文化振興とともに地域活性化を推進することを目的としています。

実施

補助事業者は、補助対象事業に関する応募書類を作成し、門真市はそれを取りまとめて文化庁に提出します。補助事業者は、地域の文化遺産の構成資産の所有者、保護団体(保存会)などによって構成され、補助対象事業を実施するために必要な運営上の基盤を有する実行委員会などとされています。補助対象事業の事業期間は平成31(2019)年4月1日(月曜日)~2020年3月31日(火曜日)です。補助対象事業の具体例や補助金の額などは、募集案内をご確認ください。

募集案内・交付要望書(文化庁ホームページ)はこちら

応募方法

社会教育課社会教育グループへ事前に電話のうえ、平成30(2018)年12月18日(火曜日)までに交付要望書および必要書類をご持参ください。

提出・お問い合わせ先

社会教育課社会教育グループ(市役所本館2階)
電話06-6902-7139

お問い合わせ先

教育委員会事務局 教育部 社会教育課 社会教育グループ 本館2階
電話06-6902-7139

お問い合わせメール

ページの先頭へ