現在の位置

沖小学校にソフトボール・北京オリンピック金メダリストの乾さんが来校

ティーバッティングの様子

大阪府の「オリンピアン・パラリンピアン派遣事業」により、元ソフトボール選手で北京オリンピック金メダリストの乾恵美さんが沖小学校にやってきました。
前半の講演では、オリンピックでの経験談も交えながら、嫌なことでも少しずつチャレンジすることや仲間に対する心配りなど、メンタル面における大切なことを話されました。金メダルを獲った時の感想を聞かれると、「目標を達成することができた瞬間的な歓びの後、それまでにお世話になった人への感謝の気持ちで一杯になった」と語り、児童たちは大きくうなずいていました。
後半の実技指導では、練習用の柔らかいボールを使い投球動作からキャッチボール、最後は全児童がティーバッティングで力いっぱいかっ飛ばし、先生も含めた全員が満面の笑みで楽しんでいました。

門真市フォトニュース一覧

ページの先頭へ