現在の位置

子どもの未来応援ネットワーク事業報告会

子どもの未来応援ネットワーク事業報告会

大阪府のモデル事業としての本事業が、平成30(2018)年7月末で終了することから、南部市民センターで報告会を開催しました。
当日は子どもの未来応援団員80人が参加し、事業の進捗状況、推進員によるケース事例の発表およびワールドカフェ方式のワークショップを実施しました。
ワークショップでは、応援団員の連携および見守り活動のスキルアップを目的として、大阪人間科学大学の山中徹二助教にご講演いただきました。今後の更なる見守り活動の推進のため「restart」を合言葉に、声掛けや見守り、専門機関への連携の重要性をあらためて確認することができました。
平成30(2018)年8月以降は門真市の独自事業として同事業は継続し、気になる子どもや家庭の支援に繋げられるよう対応していきます。応援団員をはじめ、市民の皆さんには引き続き、本事業に対するご支援ご協力のほど、よろしくお願いします。

門真市フォトニュース一覧

ページの先頭へ