現在の位置

第七中学校区講演会「予期せぬ災害に備えて~その時、私たちができること~」

第七中学校区講演会

防災の基本は「行ってきます」と「ただいま」がセットであること

平成30(2018)年9月15日、第七中学校区学校支援協議会と第七中学校PTAの共催による講演会が開催されました。東日本大震災時、宮城県女川第一中学校の教諭をされていた佐藤さんと、女川小学校・中学校でPTA会長を務められた後藤さんが当時のことを振り返りながら「子どもの命を守ることは学校の使命でもあり、地域の使命でもある」「両者がバラバラでは子どもを守れないし、親睦は急に深まらない」「普段からつながり持っておくことが大事である」と話されました。 災害に備え、学校・家庭・地域がそれぞれの立場で何をすべきかを考える機会となりました。

門真市フォトニュース一覧

ページの先頭へ