現在の位置

歴史資料館「市民学芸員養成講座」

市民学芸員養成講座

令和元(2019)年5月26日、今年度の市民学芸員養成講座が始まりました。市民学芸員養成講座は、市民自らの手で歴史遺産を生かした個性ある地域づくりを推進する市民学芸員を養成する講座です。
門真の歴史や文化財についての講座のほか、古文書や美術資料の扱い方について1年間で全10回に渡り受講します。当日は14人が受講し、歴史資料館学芸員による「門真の文化財」についての講義に耳を傾けました。

門真市フォトニュース一覧

ページの先頭へ