現在の位置
  • ホーム
  • 選挙
  • 第48回衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査

更新日:平成29(2017)年10月22日

第48回衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査

選挙速報

投票速報はこちら

大阪府内の速報(大阪府ホームページ)はこちら

この一票 生かしてこそが 選挙権 (平成28(2016)年度門真市選挙啓発標語 最優秀作品)

選挙日程

公示日 平成29(2017)年10月10日(火曜日)
投票日 平成29(2017)年10月22日(日曜日)午前7時~午後8時

投票場所

門真市の投票所についてはこちら

投票方法

投票用紙は3種類あります。

衆議院小選挙区選挙(うす桃色地に黒色文字)

衆議院小選挙区選挙の「候補者名」を書いて投票します。

衆議院比例代表選挙(あさぎ色地に赤色文字)

各政党の名簿に登載された「政党名」を書いて投票します。

最高裁判所裁判官国民審査(うぐいす色地に黒色文字)

審査の対象となる裁判官全員の氏名が記されており、罷免すべきだと思う裁判官の氏名の上の欄に×を記入し、それ以外は何も記入してはいけません。

候補者・名簿届出政党等情報

大阪府のホームページで、候補者・名簿届出政党等情報がご覧いただけます。

大阪府のホームページはこちら

選挙権について

投票することができる人

衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査で投票するには、選挙人名簿に登録されていなければなりません。選挙人名簿には、住民基本台帳に記載されている日本国民で、次の要件に該当する人が登録されています。

住所要件 平成29(2017)年7月9日までに転入届を提出した人
また、門真市において住民票が作成された日から引き続き3カ月以上住民基本台帳に記録されていた人で、門真市の区域内に住所を有しなくなった日後4カ月を経過しない人
年齢要件 平成11(1999)年10月23日までに生まれた人

住所を移転した人はご注意ください

門真市内で転居した人

平成29(2017)年9月28日(木曜日)までに市内転居の届け出をした人は、新住所地の投票所で、平成29(2017)年9月29日(金曜日)以降に市内に転居の届け出をした人は、旧住所地の投票所で投票できます。

門真市内へ転入・門真市外へ転出した人

衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査は国政選挙です。
門真市に転入しても門真市の選挙人名簿に登録されていない人は前住所地で、また門真市から転出して新住所地の選挙人名簿に登録されていない人は門真市で投票できます。ただし、異動日などの関係で投票できない場合もありますので詳しくは関係する選挙管理委員会にお問い合わせください。

期日前投票

日時 平成29(2017)年10月11日(水曜日)~平成29(2017)年10月21日(土曜日)
午前8時30分~午後8時
注意:土曜日、日曜日も投票することができます
ところ
  • 市役所別館3階 第3会議室(門真市中町1-1)
  • 南部市民センター1階 ロビー(門真市島頭4-4-1)

期日前投票などができる人

  1. 仕事や冠婚葬祭などの予定がある。
  2. レジャーや買い物などで、投票日に投票区内にいない。
  3. 病気やケガ、妊娠などのため歩行が困難。
  4. 門真市の選挙人名簿に登録されている人で他市区町村へ転出した。
  5. 天災または悪天候により投票所に到達することが困難である。

期日前投票制度についてはこちら

投票所入場整理券について

投票所入場整理券は、平成29(2017)年10月11日(水曜日)ごろに住民票の世帯ごとにまとめて有権者へ郵送します。
入場整理券が届きましたら、開封して確認してください。
注意:入場整理券がなくても選挙人名簿に登録されていれば投票することができます。投票所で申し出てください

出張先や滞在地で不在者投票をするには

「不在者投票宣誓書・請求書」で選挙管理委員会に投票用紙などを請求し、現在滞在している最寄りの選挙管理委員会で投票してください。

不在者投票宣誓書・請求書(PDF:129KB)

出張先などにおける不在者投票制度

都道府県の選挙管理委員会が指定する病院・老人ホーム・保護施設などに入院・入所中の人が不在者投票を希望する場合は、病院長・ホーム長などに依頼することで手続きを代行しもらうことができます。

指定病院・老人ホームなどにおける不在者投票制度

郵便などによる不在者投票をするには

郵便などで不在者投票ができる人

身体障がい者手帳または戦傷病者手帳を持つ人で、その障がいの程度が法定要件を満たしている人または介護保険の被保険者証に要介護状態区分が要介護5であると記載されている人で自ら投票の記載ができる人。
上記の対象者で、自ら投票の記載ができない人(上肢または視覚の障がいの程度が1級など、障がいの程度が法定要件を満たしている人)は、あらかじめ代理記載人を届け出ることで、郵便などで不在者投票ができます。

不在者投票の手続き

あらかじめ交付を受けた郵便投票証明書を添えて、平成29(2017)10月18日(水曜日)の午後5時までに選挙管理委員会に申請してください。

郵便投票証明書をお持ちの人

「交付年月日」をお確かめください。有効期限が過ぎている場合は、速やかに交付申請をしてください。

郵便などによる不在者投票制度

郵便などによる不在者投票制度における代理記載制度

障がいのある人の投票を支援します

点字・代理投票

視覚に障がいのある人は、点字投票ができます。
また心身の故障などで字が書けない人は投票所で申し出てください。投票事務従事者が代理投票(代筆投票)をします。

手話通訳

投票日に投票所で手話通訳が必要な人は、平成29(2017)年10月19日(木曜日)までに、門真市選挙管理委員会事務局へご連絡ください。

障がい者の投票所への移動を支援

移動支援事業で支給決定を受けている市民税非課税世帯と生活保護受給世帯の障がい者が、投票所への移動に適切な付き添いがいない場合は支援します。費用負担はありません。
詳しくは、障がい福祉課(電話06-6902-6154)にお問い合わせください。

選挙公報について

候補者などの選挙公報はこちらです。

衆議院小選挙区選出議員選挙公報

衆議院比例代表選出議員選挙公報

最高裁判所裁判官国民審査公報

選挙公報点字版とカセットテープ版

視覚に障がいのある人を対象に、選挙公報(候補者の氏名、政党名、政見などが記載された物)の点字版やカセットテープに録音した「選挙のお知らせ」のどちらかを希望者に送付します。
詳しくは、大阪府選挙管理委員会(電話06-6944-9118)にお問い合わせください。

選管だより

選管だより選挙特集号1面(PDF:4,432KB)

選管だより選挙特集号2面(PDF:4,506KB)

お問い合わせ先

選挙管理委員会事務局 別館3階
電話06-6902-6990

お問い合わせメール

ページの先頭へ