2015年3月16日

家の中での遊び

イメージ

3月になったというのに寒の戻りがあったり、雪が降ったり、まだまだ寒い毎日が続きます。
日中はお外でおもいっきり走り回りたい息子ですが、気温が低過ぎたり足元が悪い時は家の中での遊びに切り替えます。
少し前までは、型合わせブロックや汽車遊びなどで事足りていましたが、今は激しい遊びになってきました。
狭い部屋の壁から壁を全力疾走で「デン!」をして何往復もしたり、室内滑り台は滑らずに上からジャンプして着地したり…家が壊れそうになってます。(笑)
1番ヒヤヒヤするのが、ジャングルジムの頂上で仁王立ちをして、王様気取りでエッヘン顔をするとき。
危ない!危ない!と何度言い聞かせてもスリルが勝ってしまうのか降りようとせず、案の定、落ちて顔をぶつけてしまう…
これで懲りてもうしないな!と思っても、また試みて満足そうに見て!見て!とアピール。
昔は舐め舐め用の水鉄砲。
今では、誰から教わったのか知らないけど、フォームを完璧に脇を締め、私を狙ってバキュンバキュン。
怖いから止めて!と言っても息子はバキュンバキュンと嬉しそう…
男の子の遊びは激しいよと聞いていたけど、本当なんだと日々実感してます。
そんな息子に今おままごととお料理遊びを教えています。
私がすると、どうしても声が高く喋り口調も女の子みたいになってしまい…結果、息子は裏声でお人形遊びをしたりしています。
男の子の元気な叫び声も活気があって良いけど、裏声の小さなか細い声で遊ぶ姿もなかなか可愛らしいです。
家の中での遊びも視野を広げてパターンを変えて与えていくと、新しい楽しみ方に出会うのかもしれません。