子育て支援親善大使の子育て日記

まいど子でもカード

モバイルサイト

2017年05月26日

門真市立総合体育館

イメージ

遂に、待ちに待った門真市立総合体育館のオープン!
向かいにあるコナミのスイミングに通ってる息子は、毎週工事が何処まで進んでいるのか…
窓の外から中をチェックしては待ちきれない様子でした。

先日、息子と娘を連れて体育館内にある幼児体育室へ!
広いボールプールに冒険気分で体を動かせる中二階、そして突然のトイレでも困らない清潔感のある子供用トイレが体育室にありました。
トイレに感動しまくりの私。
子供達は数時間も飽きもせず、おもいっきり身体を動かし汗を流して遊んでいました。
特にこれからの梅雨の季節、天気や気温を気にせず遊ばせられるのは親として有り難いです。

そして、驚く事が!!!!
土日も利用可能だという事!!!!!
近所にピカピカの室内で遊べる施設があるなんて…
これを機に沢山の門真っこがスポーツに興味を持って人生が豊かになれば…と願っています。
我が子にも、同じ願いを。
子供達には何かしらのスポーツと触れ合い関わって欲しいと主人と私は考えていて、全国優勝!とか国体出場!とか壮大な夢や希望ではなく、スポーツから得る上下関係や大きな声での挨拶や返事などの礼儀作法を学んでほしいから。
スポーツから学ぶ其れ等は、大人になって社会人になった時に人間力の基礎として培うものだと信じています。
どんなスポーツでも良い。
合わないな…ボール系が良いな…違う運動したいな…
子供がピンと来る運命のスポーツと出会うまで、親の私達はできるだけ沢山のスポーツに触れ合わせてあげたい。
勿論、お月謝や付き添いと送迎時間の関係諸々で難しいなと思うだろうけど、許されるならば様々な種類と分野のスポーツに出会ってもらいたい!
スポーツできる子供は一瞬の集中力や本番に強いとも聞きます。

私は6歳から空手道を始めました。
キッカケは先に習っていた弟のお迎えに行った時に少しだけやったのが楽しくて楽しくて、結果、20歳まで部活動として本格的にのめり込みました。
数えきれない程の大会や試合を経験した14年間があったから、今の仕事で目の当たりにする失敗が許されない生放送やディレクターの指示を待って1発オッケーで決行するロケで、緊張感を味方にする!という独自の方法を身に付けたのだと思います。
今、思う…
女の子に空手道を続けさせてくれた親に感謝だと。
鼻血を出したり脱臼骨折したりヒヤヒヤしていただろう。
でも、いつも傍で応援してくれてました。
だからこそ、我が子にも何でも良いから好きなスポーツに出会ってほしい!
私達親は頑張る姿を影で支えて、続けさせてあげられる環境を作ってやりたい!
そして、我が子が頑張る姿を見て、いつか、私の胸がいっぱいになって涙する日を思いつつ、今から幸せな気持ちで成長を見届けたい。
スポーツを通して沢山の事を学んでほしいです。