子育て支援親善大使の子育て日記

まいど子でもカード

モバイルサイト

2017年09月01日

子供の体調

イメージ

毎年のごとく夏はあっという間に過ぎ去り、いつの間にか蝉の鳴き声も静かにフェードアウト、スタイリストさんが用意してくれる生放送用の衣装も長袖にシフトチェンジ。
季節は確実に秋を迎えました。

娘は初夏から流行り始めた手足口病とRSウイルスにかかり、立て続けに合わせて中耳炎も…
1歳になりたての幼児にはなかなか厳しい季節となりした。
しかし、この沢山の病気を乗り越えて免疫をつける事で身体が強くなる事を痛感して知っている第二子を育てる私。
深夜の救急病院、連日の耳鼻科、毎食後の投薬…2人目となれば親の私達は手慣れたものです。

深夜の検温。
大概咳をし始めて鼻水がダラリと出始めたら1時間毎に検温し、
毎回不思議なもので夕方を過ぎた頃から37度台に突入。
深夜は一気に38度あたりを行ったり来たりするので常に子供がグッタリしてはいないのか、
39度を越えると息が荒くなるから座薬の準備と汗をかいた時に直ぐに着替えらせられるようにパジャマを何組も枕元に置いて、私は徹夜の覚悟。
勿論、手元には母子手帳ケースを。
何かあれば直ぐにかかりつけの救急病院へ走らないといけないから子供の状態は常にチェック。
それに加えて、嘔吐や下痢をしている場合は、洗濯機をフル稼働して汚れたシーツや衣服を何回も何回も洗う…

親ってこんなに大変だったっけ。
子供ってこんなに虚弱だったっけ。
1人目が2歳の時に何日も高熱と嘔吐を繰り返した時期があり、子供の苦しむ姿を目の当たりにしているのにも関わらず親の私が代わってあげられないもどかしさに、胸が押し潰される思いもしました。
連日の深夜にも及ぶ看病に疲れ果てて泣いてしまった夜もありました。
身体の強いお友達が羨ましい…そこまで追い込まれていた過去もありました。
5歳になった現在、時々微熱はあるけれど、以前と比べるとぐっと発熱の頻度は少なくなったし救急病院へ駆け込む回数も減りました。
「年中さんになると免疫がついて身体が強くなるから大丈夫やからね!!」と兄姉を持つ先輩ママ友から心配する私へのエールは本当に心強い!
今、そのエールの言葉を実感中。
1歳の娘は5歳の兄が1歳の時と同様に高熱をしょっちゅう出すし、体調を崩しやすい。
それは免疫を高めるタイミングとキッカケなのだと思うように考えを切り替え、前向きに、気持ちが塞ぎこまないように、落ち込まないように、
今夜も看病の為の徹夜覚悟パワーを温存してます。

深夜の子どもの体調が心配で徹夜をされて眠気覚ましでこの日記を読まれている皆様へ…
私も起きてますよ~!
私も栄養ドリンク飲んでますよ~!
私も月明かりの下で子どもの洗い終えたパジャマを干してますよ~!
1人じゃないですよ~!
私も皆様と同じ真っ赤な目を擦りながら明日は何時から病院へ行こうかなと1日のスケジュールを頭の中で計算してます。
そして、出来たら仮眠をとりながら、リフレッシュの為に甘い物を食べたりして1人の時間を作って下さいね!
さぁ~!一緒に気合いを入れましょう!!!
エイエイオーーーーーー!!!!!