2019年01月10日

2019年スタート!

イメージ

門真市で子育て中の皆様、遅くなりましたが…明けましておめでとうございます。
そして、寒中お見舞い申し上げます。

毎日お寒うございます。
インフルエンザや風邪が流行っていますがお身体にお変わりはありませんか?
我が家の子供達はやっぱりと言うか毎年の如く冬は体調が悪くなるようで、年末から鼻水と咳でズルズルゴホゴホ。
元旦には、遂に、こども病院の夜間診察に駆け込みました。
ズルズルゴホゴホではあったものの、「明けましておめでとう!」と元気に新年の挨拶をして親戚の子供達と遊んだりお餅も沢山食べて元気いっぱいだったのに、夕方から突然「寒い…」と震えだし、検温すると38度台後半…もしやインフルエンザでは?!と疑って、パジャマ姿に毛布ぐるぐる巻きの息子を抱っこして外来に走りました。

息子も気付けば軽く20キロ越え…抱っこする私の腰が悲鳴をあげていましたが、いつまで経っても可愛くて大事な我が子。
赤ちゃんの時を思い出しながら、寒いと甘える息子を抱き抱えて、「おっきなったなぁ。」としみじみ思いヨタヨタと歩く私。
6歳の息子は高熱を出すことはぐっと減りましたが、それでも突然の体調不良には親の私がドキッとして7年以上使い込んでいる年季の入った母子手帳ケースを片手に救急外来へ。
待合室で、冷たい手を温めてあげようと触ってあげると、息子の手の大きさに成長を感じて何故か涙が出て、「いつまでこうして甘えてくれるんやろう」と普段余裕のない生活では出ない感情が溢れました。
妹が生まれていつも3人もしくは主人を入れて4人で一緒に居る中、息子と一対一の時間は特別で大事なのだと思いました。

さて、診察の結果、恐れていたインフルエンザは陰性でほっと一安心。
扁桃腺肥大からの高熱で2、3日安静にすれば良くなるとの事。
あー、よかったよかった!で終わるはずだと思っていたら…
なんと…
私がその3日後に発熱でダウン…
息子の付きっきりの看病をした私はきっちり息子のウイルスを貰ってしまい同じ症状を。
そんなこんなで我が家の年末年始は過ぎていきました…
今年は無病息災を心から願って、元気に健康に家族みんなが過ごせたらと思っています。

添付してある写真は元旦の昼間の様子です。
息子の笑顔!
まさか数時間後に寝込むとは…
今年もぼちぼちの更新になるかもしれませんが、子育て日記に子供達の成長や私の心境や思いをゆっくりと綴っていきたいなと思っていますので、どうぞ温かくお見守り下さいね!

2019年も宜しくお願い致します!