予防接種

イメージ予防接種を受けるときは、「予防接種の手引き」をよく読んで予防接種の必要性や副作用についてよく理解しましょう。
接種日前日は入浴し、清潔な肌着を着用してください。接種される人の健康状態をよく知っている保護者同伴でお越しください。

  • 「予防接種の手引き」は、母子健康手帳配布時にお渡ししています。
    接種年齢の期間内(定期接種)であれば、費用はかかりません。接種年齢期間外や市外で受けられるときは、健康増進課にお問合せください。
問合先
  • 健康増進課(門真市保健福祉センター4階)06-6904-6400

集団接種

イメージ保健福祉センターで市が直接行っているもの(個別通知はありません)
予防接種当日は、「母子健康手帳」をお持ちください。
「母子健康手帳」を忘れた人は、接種できません。

BCG
  • 対象年齢 : 1歳になる前日まで(望ましい接種月齢5か月~8か月まで)1回接種
    ※副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)を服用している場合はかかりつけの医師へご相談ください。
    また接種部位(両腕)にステロイド剤を塗布している場合は、少なくとも前日からの塗布は控えてください。
  • 回数 : 1回
  • 実施時期 : 毎月1回
  • 会場 : 保健福祉センター ※BCGは南部市民センターでは実施しておりません
  • 費用 : 無料
  • 受付時間 : 午後2時~午後3時20分
日程
保健福祉センター 平成30年  4/17(火)
              5/14(月)
              6/11(月)
              7/18(水)
              8/ 6(月)
              9/19(水)
            10/26(金)
            11/12(月)
            12/14(金)
平成31年  1/11(金)
              2/ 5(火)
              3/11(月)

個別接種(予約制)

イメージ市が委託している医療機関でお受けください。
取扱い医療機関に直接電話予約の上、接種当日必ず「母子健康手帳」をお持ちください。(お持ちいただかないと接種することができません。)
各種予防接種の取扱い医療機関についてはこちらをご覧ください。

種別 対象年齢 回数 間隔
ヒブワクチン 接種開始時に
2か月~7か月になる前日まで
(※1)初回2回目・3回目の接種は1歳になる前日までに行い、それを超えた場合は行わないが、追加接種は可能で、初回接種に係る最後の接種終了後、27日(医師が認めるときは20日)以上の間隔をおく
初回:
3回
(※1)
初回:27日以上(医師が認める場合は20日)標準的には56日までの間隔をおく
追加:
1回
追加:初回終了後、7か月以上標準的には13か月までの間隔をおく
接種開始時に
7か月~1歳になる前日まで
(※2)初回2回目の接種は1歳になる前日までに行い、それを超えた場合は行わないが、追加接種は可能で、初回接種に係る最後の接種終了後、27日(医師が認めるときは20日)以上の間隔をおく
初回:
2回
(※2)
初回:27日以上(医師が認める場合は20日)標準的には56日までの間隔をおく
追加:
1回
追加:初回終了後、7か月以上標準的には13か月までの間隔をおく
接種開始時に
1歳~5歳になる前日まで
1回
小児用肺炎球菌
ワクチン
接種開始時に
2か月~7か月になる前日まで
(※3)初回は標準的には1歳になる前日まで、ただし2・3回目は2歳になる前日までに行うこととし、それを超えた場合は行わない。
初回2回目の接種が1歳を超えた場合、3回目の接種は行わない(追加接種は可能)
初回
3回
(※3)

追加
1回
初回:27日以上の間隔をおく



追加:1歳以降で初回接種終了後、60日以上の間隔をおく
標準的には1歳から1歳3ヶ月の間に接種
接種開始時に
7か月~1歳になる前日まで
(※4)標準的には1歳になる前日まで
ただし、2回目は2歳になる前日までに行うこととし、それを超えた場合は行わない(追加接種は可能)
初回
2回
(※4)

追加
1回
初回:27日以上の間隔をおく



追加:1歳以降で、初回接種終了後60日以上の間隔をおく
接種開始時に1歳~2歳になる前日まで 2回 60日以上の間隔をおく
接種開始時に2歳~5歳になる前日まで 1回
B型肝炎 生後1歳の誕生日の前日まで
※出生直後に健康保険によりB型肝炎ワクチンの投与を受けたものについては定期接種の対象となりません。(残りの接種回数も保険適用となります。)
3回 27日以上の間隔をおいて2回接種
さらに、1回目の接種から139日以上の間隔をおいて3回目を接種
四種混合
(DPT-IPV)
   ジフテリア
   百日せき
   破傷風
   不活化ポリオ
1期:3か月~7歳6か月になる前日まで 初回
3回
初回:20日以上、標準的には56日までの間隔をおく
追加
1回
追加:初回終了後6ヶ月以上
標準的には12か月~18か月の間に接種
二種混合(DT)
   ジフテリア
   破傷風
11歳~13歳になる前日まで 1回
麻しん風しん混合
(MR)
1期:1歳~2歳になる前日まで 1回
2期:小学校就学1年前(4月1日)~就学前日(3月31日)までの間
(平成24年4月2日~平成25年4月1日生)
1回
麻しん風しんの混合予防接種については、1期・2期の対象の人でどちらか一方に罹患していても、混合又は単抗原のどちらかの予防接種が接種できます。
水痘 1歳~3歳になる前日まで 2回 1回目:標準的に1歳~1歳3ヶ月になる前日まで
2回目:3ヶ月以上、標準的には6ヶ月~12ヶ月までの間隔をおく
日本脳炎
※5
1期:6か月~7歳6か月になる前日まで 初回
2回
初回:6日以上、標準的には28日までの間隔をおく
追加
1回
追加:初回終了後6か月以上、標準的には概ね1年おく
2期:9歳~13歳になる前日まで 1回
ヒトパピローマウイルス
感染症(子宮頸がん予防)
ワクチン
小学6年生~高校1年生の女子
(対象:平成14年4月2日生まれ~平成19年4月1日生まれ)
※ワクチンは同種類のもので3回接種

※広範囲な疼痛又は運動障がいを来した副反応が報告されています。平成25年6月以降、これらの症状の発生頻度等、適切に情報提供ができるまで積極的な勧奨は差し控えられています。接種される場合は、予防接種の効果や目的、重篤な副反応の可能性についてよく理解したうえで接種してください。
3回 サーバリックス(2価)
2回目:初回接種後、1ヵ月後に接種
3回目:初回接種後、6ヵ月後に接種
※6
ガーダシル(4価)
2回目:初回接種後、2ヵ月後に接種
3回目:初回接種後、6ヵ月後に接種
※7

※5   平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの方で、日本脳炎の接種を差し控えておられた方は20歳未満の間、未接種分を接種することができます。ただし、2期の接種は1期を終了した9歳以上の方が対象となります。また、平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方で、平成22年3月31日までに1期が終了していない方は、9歳以上13歳未満の間、1期の未接種分を接種することができます。
※6   この間隔で接種することができない場合は、2回目接種は初回接種から1か月以上の間隔をおく、3回目接種は初回接種から、5か月以上かつ2回目の注射から2か月半以上の間隔をおく
※7   ただし、やむをえない場合は2回目接種は初回接種から少なくとも1ヶ月以上、3回目接種は2回目から少なくとも3ヶ月以上の間隔をおいて、接種できる。また、1年以内に3回の接種を終了することが望ましい。

予防接種を受けることができない人

(1)明らかに発熱している人
(2)重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人
(3)当該疾病にかかる予防接種の成分によって、アナフィラキシーショックを起こしたことが明らかな人
(4)麻しん、風しん、おたふくかぜ、水痘などが治って1か月以上経過していない人
(5)突発性発しん、手足口病などが治って2週間以上経過していない人
(6)BCGについては、外傷などによるケロイドが認められる人
(7)妊娠または妊娠の可能性のある人
(8)その他、予防接種をすることが不適当な状態にある人

予防接種を受ける際の注意

(1)「予防接種の手引き」をよく読んで、予防接種の必要性や副反応についてよく理解しましょう。(「予防接種の手引き」は健康増進課にあります)
(2)接種前日は入浴し清潔な肌着を着用してください。
(3)接種されるお子さんの健康状態をよく知っている保護者が同伴してください。
(4)副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)を服用している場合は主治医へご相談ください。またBCGについては接種部位(両腕)にステロイド剤を塗布している場合は、少なくとも接種前日からの塗布は控えてください。
(5)3~6か月以内に輸血、ガンマグロブリンの投与を受けた場合は、主治医へご相談ください。

予防接種の間隔(十分注意しましょう)

 BCG・麻しん風しん混合・おたふくかぜ・水痘(みずぼうそう)・ロタウィルスなどの生ワクチン接種後は27日間、四種混合・二種混合・B型肝炎・日本脳炎・インフルエンザ・ヒブ・肺炎球菌・HPV(子宮頸がん予防)などの不活化ワクチン接種後は6日間は別の予防接種を受けることはできません。
 同種の予防接種を続けて受ける場合は規定の間隔をご確認ください。

予防接種を受けた後の注意

(1)接種後30分間は、接種会場で子どもさんの様子を観察するか、医師とすぐ連絡をとれるようにしておきましょう。急な副反応はこの間に起こることがあります。
(2)接種後生ワクチンでは13日~21日、不活化ワクチンでは、24時間は副反応の出現に注意しましょう。
(3)入浴はさしつかえありませんが、注射した部位をわざとこすることはやめましょう。
(4)接種当日は、いつもどおりの生活をし激しい運動はさけましょう。
(5)接種後、高熱、けいれんなど異常をきたした場合は、医師の診察を受け健康増進課までご連絡ください。

他市での接種について

定期予防接種は、守口市・寝屋川市・大東市・四條畷市の取扱医療機関でも本市と同様に接種が可能です。その他の市町村で接種を希望される場合は、依頼書が必要です。健康増進課までお問合せください。

  • 連絡先 健康増進課(門真市保健福祉センター 4階) 06-6904-6400

定期予防接種を受けられなかった方について

平成25年1月30日から、定期予防接種の対象であった期間に、長期にわたり療養を必要とする疾病(厚生労働省令で定める疾病)にかかったこと等により、やむを得ず定期予防接種の機会を逃した方へ一定の期間内であれば定期の予防接種として接種できるようになりました。
※対象疾病の例は下記の厚生労働省で定める疾病(PDF)をご覧ください。

厚生労働省で定める疾病

  • 問合先  健康増進課(門真市保健福祉センター 4階)  06-6904-6400


造血細胞移植後の定期予防接種再接種費用助成事業について
(平成30年7月から開始)

骨髄移植手術等の理由により、接種を受けた予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断された方(20歳未満)に対して、再接種費用を助成します。再接種の前に手続きが必要です。ので、助成を希望される場合は健康増進課までお問い合わせください。

  • 問合先  健康増進課(門真市保健福祉センター 4階)  06-6904-6400