現在の位置
  • ホーム
  • トピックス一覧
  • 後期高齢者医療保険・国民健康保険(65歳以上の人)における入院時の居住費(光熱水費相当額)を見直し

後期高齢者医療保険・国民健康保険(65歳以上の人)における入院時の居住費(光熱水費相当額)を見直し

65歳以上の医療療養病床に入院する患者の居住費について、介護保険施設や在宅との負担の公平化を図る観点から、光熱水費相当額の負担を求めることになり、次のとおり自己負担限度額が変更となります。
ただし、難病患者について、この負担はありません。

平成29(2017)年9月まで
65歳以上
医療療養病床
負担額(1日あたり)
医療区分Ⅰ
(Ⅱ、Ⅲ以外の人)
320円
医療区分Ⅱ、Ⅲ
(医療の必要性の高い人)
0円
難病患者 0円

平成29(2017)年10月から
65歳以上
医療療養病床
負担額(1日あたり)
医療区分Ⅰ
(Ⅱ、Ⅲ以外の人)
370円
医療区分Ⅱ、Ⅲ
(医療の必要性の高い人)
200円
難病患者 0円

お問い合わせ先

後期高齢者医療保険

大阪府後期高齢者医療広域連合 給付課
電話06-4790-2031

国民健康保険

健康保険課 保険窓口グループ
電話06-6902-5697

トピックス一覧

ページの先頭へ