現在の位置

整骨院・接骨院での施術内容などに係る文書照会の実施について

健康保険課では、医療費適正化の取り組みの一環として、療養費の適切な支給の審査をする必要があるため、整骨院・接骨院で、柔道整復師による多部位、長期または頻度の高い施術を受けられた人へ、施術内容などに係る文書照会を実施しています。
門真市国民健康保険の適正な運営にあたり大切な資料となりますので、施術を受けられたときは、負傷部位、施術内容、施術年月日の記録、領収証などを保管し、健康保険課から照会がありましたら、ご協力をお願いします。
照会内容について、ご不明な点やご質問がありましたら、下記のお問い合わせ先までご連絡をお願いします。

柔道整復師による施術で健康保険が使えるとき

  • 医師や柔道整復師に、骨折、脱臼、打撲および捻挫など(いわゆる肉ばなれを含む)と診断または判断され、施術を受けたとき(骨折および脱臼は応急手当をする場合を除き、あらかじめ医師の同意を得ることが必要です)
  • 骨、筋肉、関節のケガや痛みで、その負傷原因がはっきりしているとき

健康保険の対象外となる例

  • 単なる(疲労性・慢性的な要因からくる)肩こりや筋肉疲労
  • 脳疾患後遺症などの慢性病や症状の改善のみられない長期の施術
  • 保険医療機関(病院、診療所など)で同じ負傷などの治療中のもの
  • 労災保険が適用となる仕事中や通勤途上での負傷

柔道整復師による施術を受けるときの注意

  • 健康保険は治療を目的としたものであり、上記のように健康保険の対象外となる場合もありますので、負傷の原因(いつ・どこで・何をして、どんな症状があるのか)を正確に伝えてください
  • 療養費は、本来患者が費用の全額を支払った後、自ら保険者へ請求を行い支給を受ける「償還払い」が原則ですが、柔道整復については、例外的な取り扱いとして、患者が自己負担分を柔道整復師に支払い、柔道整復師が患者に代わって残りの費用を保険者に請求する「受領委任」という方法が認められています。このため、多くの整骨院・接骨院の窓口では、病院・診療所にかかったときと同じように自己負担分のみ支払うことにより、施術を受けることができます
  • 「受領委任」は柔道整復師が患者に代わって保険請求を行うため、柔道整復施術療養費支給申請書の受取代理人欄(住所、氏名、委任年月日)は、原則患者の自筆による記入が必要となります(代筆の場合は捺印が必要です)
  • 施術が長期にわたる場合は、内科的要因も考えられますので、医師の診察を受けてください
  • 領収証を必ずもらって保管しておき、健康保険課から届く「医療費のおしらせ」で金額・通院日数の確認をしてください

大阪府ホームページ「柔整療養費について」はこちら

お問い合わせ先

健康保険課 保険窓口グループ
電話06-6902-5697

トピックス一覧

ページの先頭へ