現在の位置

平成30(2018)年住宅・土地統計調査を実施

調査の目的

住宅、土地の保有状況および世帯の居住実態などを調査し、その現状と推移を全国および地域別に明らかにするための調査です。この調査は、「統計法」に基づいた基幹統計調査で、昭和23(1948)年から5年ごとに行なわれ、今回は15回目の調査にとなります。調査の結果は国や地方公共団体の施策、大学や研究機関における都市・住宅・防災などの研究など幅広く活用されます。

調査期日

平成30(2018)年10月1日(月曜日) 午前0時現在

調査事項

調査票は「甲」と「乙」の2種類があり、世帯にはどちらかの調査票を配布します。

  • 住宅などに関する事項(居住室数および広さ、所有関係、敷地面積、構造、建て方など)
  • 世帯に関する事項(世帯の構成、年間収入、通勤時間、入居時期など)
  • 住環境に関する事項(安全性、耐震診断など)
  • 現住居以外の住居および土地に関する事項ほか

調査対象

平成27(2015)年国勢調査の調査区の中から、総務大臣が指定した調査区の中から選んで実施します。

門真市227調査単位区、約3,800住戸(空家などを含む)
全国約22万調査単位区、約370万住戸(空家などを含む)

調査方法

府知事から任命を受けた統計調査員が対象世帯を訪問し、調査票を配布、後日回収します。インターネットによる回答(オンライン調査)も可能です。
調査員には調査で知りえた秘密を守る守秘義務があります。この守秘義務は調査員の任期後も続きます。
回答した人の個人情報は「統計法」という法律により厳重に守られます。
調査員が訪問した際はご協力をお願いします。

注意:調査員は首から顔写真付きの調査員証を下げています。調査に関係のない者が統計調査員を装って調査票を回収する、いわゆる「かたり調査」を防止するため、調査員証を携帯していない者に調査票を渡すことのないようにお願いします。

調査の流れ

平成30(2018)年9月上旬~平成30(2018)年9月中旬

調査票配布対象世帯抽出のため、調査員が担当区域内にて調査活動を行います。

平成30(2018)年9月15日~

調査対象に選ばれた世帯へ、調査員がお伺いし調査票を配布します。

平成30(2018)年10月上旬~平成30(2018)年10月下旬

調査員が調査票の回収に伺います。

注意:インターネットによる回答は、平成30(2018)年9月15日(土曜日)~平成30(2018)年10月8日(月曜日)の間に回答してください

外部機関リンク

総務省統計局ホームページはこちら

大阪府総務部統計課ホームページはこちら

お問い合わせ先

総務部 管財統計課 統計グループ 本館3階
電話06-6902-6985

お問い合わせメール

トピックス一覧

ページの先頭へ