令和2(2020)年度門真市戦没者追悼式の中止について

gazou02

令和2(2020)年10月16日(金曜日)に、門真市戦没者追悼式を開催する予定としておりましたが、新型コロナウィルス感染症の拡大により、参列者の皆様への感染拡大防止の観点から中止とさせていただきました。

 

右の写真は、過去に開催した門真市戦没者追悼式のものです。

追悼メッセージ

 

日頃より市政各般にわたり、ご理解ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

戦後75年目の節目を迎える本年、本来であれば10月16日(金曜日)に、戦没者のご遺族の皆様並びに来賓各位のご臨席のもと「門真市戦没者追悼式」を挙行する予定として準備を進めておりましたが、新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえ、参列者の皆様の安全と健康を考慮し、やむなく中止することといたしました。

参列者の皆様の安全を第一に考えての措置であるものの、節目の年にあたる大切な追悼の式典を中止したことにつきまして、誠に遺憾ながら、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

多くの方々が亡くなられた先の大戦が終結し、75年の歳月が過ぎました。

ご遺族の皆様が、最愛の肉親を失い、戦後の混乱の中、癒されることのない悲しみを抱えながら並々ならぬ苦難を乗り越え、懸命に生き抜いてこられたことが現在の社会の礎となっております。

これまでのご労苦に対し改めて心からご慰労申し上げ、衷心より敬意を表するものであります。

終戦から長い年月が経過し、戦争を知らない世代が国民の多くを占めるようになりましたが、唯一の戦争被爆国でもある我が国は、戦争の悲劇を二度と繰り返さないことを誓い、平和と繁栄を真摯に希求してまいりました。

本市でも、昭和48年10月に市民によって制定された「門真市民憲章」において、恒久の平和を求める立場を明確にしており、また、昭和58年10月には「非核平和都市」を宣言しております。

私たちは、過去を謙虚に振り返り、先の大戦で学んだ悲惨な戦争の教訓を決して風化させることなく、平和の大切さや戦争の悲惨さを次の世代にもしっかりと語り継ぎ、世界平和の構築に尽力していくことが、私たちに課せられた責務と考えております。

今、享受しております現在の平和と繁栄は、御霊(みたま)の尊い犠牲と、ご遺族の皆様のたゆまぬご努力の上に築かれたものであることを、私たちは一時たりとも忘れず、戦没された方々の祖国発展への熱い思いを心に刻みながら、恒久平和の実現に不断の努力を重ねてまいりますことをお誓い申し上げます。

結びに、戦没者の御霊の安らかならんことを、新型コロナウイルス感染症の1日も早い終息とともに、ご遺族の皆様のご健勝を心からお祈り申し上げます。

 

令和2年9月

門真市長 宮本 一孝

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部 福祉政策課
本館1階
〒571-8585 大阪府門真市中町1-1
電話06-6902-6093
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年10月01日