現在の位置

更新日:平成31(2019)年4月1日

通園事業および発達障がい児個別療育事業(児童発達支援)にかかる3歳児~5歳児の利用者負担額の無償化

平成29(2017)年4月から、こども発達支援センターで実施している通園事業および発達障がい児個別療育事業(児童発達支援)について、5歳児が利用した際の利用者負担額を無償とし、平成30(2018)年4月からは、4歳児も無償化の対象としています。 また、平成31(2019)年度においては、国が10月より3歳児から5歳児の無償化を実施するところ、国に先行して4月より3歳児が利用した際の利用者負担額も無償とします。

対象

門真市より障がい児通所受給証を交付され、こども発達支援センターで実施している通園事業および発達障がい児個別療育事業(児童発達支援)を利用している3歳児~5歳児

注意:平成31(2019)年度の対象者は、平成25(2013)年4月2日~平成28(2016)年4月1日生まれの人

手続き方法

保護者からの申請に基づき、利用者負担額を無償とします。
申請方法は、保護者とこども発達支援センターで利用契約を締結する際にご案内します。

お問い合わせ先

こども部 こども発達支援センター 市民プラザ
通園グループ 電話072-883-1680
地域支援グループ 電話072-800-7701

お問い合わせメール

ページの先頭へ