現在の位置

危険ドラッグにご注意ください

危険ドラッグを使用したために、麻薬や覚醒剤と同様の幻覚や意識障害などの作用や、嘔吐、頭痛、手足のけいれんなどの症状が現れ、救急搬送される事例が起きています。このように危険ドラッグを使用することは大変危険ですので、近寄らないでください。

大阪府危険ドラッグ啓発ホームページはこちら

お問い合わせ先

保健福祉部 健康増進課 管理・医療グループ 保健福祉センター4階
電話06-6904-6400

お問い合わせメール

ページの先頭へ