現在の位置

更新日:平成27年11月18日

災害訓練 応急救護所設置訓練を実施

平成27年10月17日、関西医科大学附属滝井病院による災害時の地域連携訓練が摂南の郷駐車場で実施されました。市は、守口保健所、守口市門真市消防組合消防本部、門真市医師会、摂南総合病院などとともに参加し、応急救護所の設置訓練などを行いました。
訓練当日は、地震災害を想定し、模擬患者の受け入れやトリアージ(患者の治療や搬送の優先順位の決定)、災害派遣医療チームの派遣要請、救急車・ドクターカーによる救急搬送などの訓練を行いました。さらに、淀川河川敷から関西医科大学附属枚方病院へのドクターヘリによる模擬重症患者の救急搬送訓練も実施されるなど、緊張感ある訓練の中で、関係機関との連携が確認されました。

訓練開始前
応急救護の訓練
搬送訓練
搬送ヘリ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先

総務部 危機管理課 別館3階
電話06-6902-5812

お問い合わせメール

ページの先頭へ