現在の位置
  • ホーム
  • くらし
  • 環境
  • 大気環境監視測定結果 (第二京阪道路環境監視局と一般環境大気測定局)

更新日:令和元(2019)年9月4日

大気環境監視測定結果 (第二京阪道路環境監視局と一般環境大気測定局)

測定場所周辺地図

クリックして地図を拡大

市内にある環境監視施設で測定された二酸化窒素(NO2)、浮遊粒子状物質(SPM)、風向と風速のデータを公開しています。なお、公開データは速報値であり、確定値ではありません。

最新の測定結果

第二京阪道路環境監視局 門真沖町二国監視局 令和元(2019)年7月 月報 (PDF:200KB)

第二京阪道路環境監視局 門真三ツ島二国監視局 令和元(2019)年7月 月報 (PDF:201KB)

一般環境大気測定局 門真市役所局 令和元(2019)年7月 月報(PDF:196KB)

一般環境大気測定局 門真市南局 令和元(2019)年7月 月報 (PDF:194KB)

2019年度大気環境監視測定結果はこちら

平成30(2018)年度大気環境監視測定結果はこちら

平成29(2017)年度大気環境監視測定結果はこちら

平成28(2016)年度大気環境監視測定結果はこちら

平成27(2015)年度大気環境監視測定結果はこちら

平成26(2014)年度大気環境監視測定結果はこちら

平成25(2013)年度大気環境監視測定結果はこちら

平成24(2012)年度大気環境監視測定結果はこちら

平成23(2011)年度大気環境監視測定結果はこちら

平成22(2010)年度大気環境監視測定結果はこちら

二酸化窒素の評価方法

1日平均値のうち、低い方から98%に相当するもの(1日平均値の98%値)で評価する。

二酸化窒素の環境基準(目標値)

1時間値の1日平均値0.04ppmから0.06ppmまでのゾーン内またはそれ以下であること。

浮遊粒子状物質の評価方法

  1. 短期的評価…測定を行った日についての1日平均値又は各1時間値を環境基準と比較して評価します
  2. 長期的評価…年間の1日平均値のうち、高い方から2%の範囲内にある値を除外して評価しますが、1日平均値が環境基準を超える日が2日以上連続した場合は環境基準適合でなくなります

浮遊粒子状物質の環境基準(目標値)

1時間値の1日平均値0.10mg/立法メートル以下、かつ1時間値0.20mg/立法メートル以下であること。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先

市民生活部 環境対策課 別館2階
電話06-6902-7212

お問い合わせメール

ページの先頭へ