熱中症にご用心

急に気温が上昇した日や、ご自身の体調がすぐれない時などは、熱中症になりやすくなっています。日陰や風通しの良い場所で安静にし、水分補給を心がけてください。

「新しい生活様式」における熱中症予防

マスクの着用について

新型コロナウイルス感染症予防のための夏場のマスク使用は熱中症のリスクを高めることが考えられます。マスクによる加湿でのどの渇きを感じにくくなりますので、ご注意ください。屋外で人と十分な距離(少なくとも2メートル以上)が確保できる場合には、適宜マスクをはずすなど状況に合わせたマスクの着用を心がけてください。

エアコンの使用について

一般的な家庭用エアコンは、空気を循環させるだけで換気を行っていません。新型コロナウイルス対策のためには、冷房時でも窓開放や換気扇によって換気を行う必要があります。換気により室内温度が高くなるので、エアコンの設定温度を下げるなどしてこまめに調整しましょう。

クールビズにおけるエアコンの設定温度「室温28度」は無理のない範囲で冷やし過ぎない室温管理の取組をお願いする、目安としているものです。

熱中症にならないために

  • 室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分を補給する
  • 保冷材、氷、冷たいタオルなどで体を冷やす
  • 外出時は、日傘や帽子などを被り、暑さを避ける工夫をする

休息できる市の施設

外出中に気分が悪くなったら、近くの市の施設などを休息場所としてご利用ください。

注意:新型コロナウイルス感染症の発生により、臨時休館している場合があります。

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部 健康増進課 管理・医療グループ
保健福祉センター4階
〒571-0064 大阪府門真市御堂町14-1
電話06-6904-6400
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2022年08月01日