国民健康保険給付の種類(出産育児一時金)

受けられる条件

妊娠4カ月(85日)以上で分娩 (出産・死産・早産・流産)したとき。ただし、ほかの健康保険から支給される場合を除く

注意:出産費資金貸付制度もあります

受けられる額

一児につき42万円

注意:産科医療保障制度に非加入の医療機関などで出産した場合および12週から21週までに死産の場合は40万4,000円

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部 健康保険課 保険窓口グループ
別館1階
〒571-8585 大阪府門真市中町1-1
電話06-6902-5697
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年10月31日