受診の目安・相談窓口【新型コロナ関連7月30日更新】

新型コロナウイルス感染症受診の目安

新型コロナ受診相談センターや相談の目安

新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)

電話番号06-7166-9911

ファックス06-6944-7579

注意:土・日曜日、祝日を含めた終日つながります。(午前9時~正午までは混み合います。時間帯をずらすなどしてご相談ください)

次の症状がある方は、新型コロナ受診相談センターにご相談ください。(該当しない場合も相談できます)

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  • 発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
    (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様)
  • 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めにご相談ください。
  • 小児については、小児科医による診察が望ましく、新型コロナ受診相談センターや、かかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

府民向け相談窓口

大阪府が、府民の健康相談にこたえるために設けた電話相談窓口です。

【相談窓口】
専用電話06-6944-8197
ファックス06-6944-7579

【相談受付時間】
午前9時~午後6時 (土曜日・日曜日・祝日も対応)

注意:一般的な質問は大阪府ホームページなどを参照してください。

外国人向け相談窓口

大阪府国際交流財団(おおさかふこくさいこうりゅうざいだん)の大阪府外国人情報(おおさかふがいこくじんじょうほう)コーナーは、11言語で相談できます。(英語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語、フィリピン語、タイ語、インドネシア語、ネパール語、日本語)

電話番号06-6941-2297

相談受付時間などは大阪府ホームページをみてください。

注意:「病院(びょういん)へいったほうがいいか」などは、新型(しんがた)コロナ受診相談(じゅしんそうだん)センターへ、電話(でんわ)してください。

家族の感染が疑われるとき

ご家族の新型コロナウイルスへの感染が疑われるとき、次の8つのポイントに注意してください。

  • 部屋を分けましょう
  • 感染者のお世話はできるだけ限られた方で
  • マスクをつけましょう
  • こまめに手を洗いましょう
  • 換気をしましょう
  • 手で触れる共有部分を消毒しましょう
  • 汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう
  • ゴミは密閉して捨てましょう

市民のみなさまへ

市民のみなさまにおかれましては、確かな情報をもとに冷静に対応していただきますようよろしくお願いします。

最新の情報はこちら(厚生労働省・大阪府等)

感染を予防するために

まずは、石けんやアルコール消毒液などによるこまめな手洗いが有効です。

咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手でおさえると、その手で触ったドアノブ等にウイルスが付着し、ドアノブ等を介して他者に感染する可能性がありますので、咳エチケットに努めてください。特に電車や職場、学校など人が集まるところでは重要です。

また、持病のある方などは、不要不急の外出を控え、公共交通機関や人混みを避けるなど、感染予防に努めてください。

更新日:2020年07月30日