幼稚園・保育所・こども園・こども発達支援センター【新型コロナ令和4(2022)年8月26日更新】

公立保育所等における新型コロナウイルスへの対応【8月26日更新】

公立保育所等は、これまでどおり新型コロナウイルス感染症の感染防止対策を徹底しながら、「通常通り開園」しています。

なお、公立保育所等で新型コロナウイルス感染症に伴う園児の登園可否については、次のとおりです。

注意:市内民間保育所等に対しても同様の対応を要請しています。

注意:施設内の感染拡大を防止するには早期の状況把握が重要であるため、家族等が新型コロナウイルス感染症の陽性者や濃厚接触者等に特定された場合は、すぐに通園している保育所等へ連絡してください。

注意:毎朝、必ず家庭にて園児及び保護者の体温を測定し、熱や風邪症状、また体調不良があるなど普段と様子が違う場合は、発熱、呼吸器症状が改善傾向となるまでお休みをしてください。保育中も同様の症状が見受けられた場合は、速やかにお迎えをお願いすることがあります。

1.新型コロナウイルス感染症の感染者が発生した場合の対応について

(1) 児童または園職員に感染者が発生した場合

  • 保育所、認定こども園、小規模規模保育事業所等で陽性者が確認された場合、保健所の示す基準に従い疫学調査を実施し、濃厚接触者の有無を確認します。
  • 幼稚園で陽性者が確認された場合、中学校及び高等学校と同様に、保健所による濃厚接触者の特定が実施されないこととなったため、教育活動上の接触による濃厚接触者の有無の確認は原則行いません。
  • 疫学調査に時間を要する場合は、臨時休園とする場合があります。また、児童が在園している場合は、速やかにお迎えを依頼しますので、ご対応よろしくお願いします。

2.新型コロナウイルス感染症の感染者が発生した場合の園名の公表の考え方について

  1. 園名を公表することにより、関係者に対する差別やいじめ等の人権問題や保育・教育活動への支障等の発生、さらには当該感染者の居住地域の特定、ひいては個人の特定につながること等が懸念されることから、原則、園名の公表は差し控えます。
  2. ただし、下記のようなケースの場合は、園名を公表することがあります。
  3. 感染者が同一集団内において複数名発生していると考えられる時。
  4. 行事など多数の方が訪問した時期において感染者等が確認された時。
  5. その他、感染拡大の防止につながると考えられる場合等、公表が必要であると判断される時。

注意:新型コロナウイルスの感染が拡大する中、感染者や濃厚接触者の方々等に対して、インターネット・SNS上、その他様々な場面で、誹謗中傷や身元の詮索など、心ない行動がたびたび見受けられます。感染症と懸命に戦っておられる感染者ご本人やそのご家族、対応に携わった方々をさらに傷つけることのないよう、人権に配慮した冷静な対応へのご協力をくれぐれもよろしくお願いいたします。

【参考】令和2(2020)年4月の緊急事態宣言発出以降の公立保育所等の対応

【お問合わせ先】

保育幼稚園課 電話06-6902-6757

保育所等の利用者負担額(保育料)及び主食費・給食費の減免【9月23日更新】

利用者負担額(保育料)について

新型コロナウイルス感染症により、下記に該当し、1日以上欠席(臨時休園)した場合は、利用者負担額を日割り計算により減額します。

  1. 門真市からの要請・依頼による「家庭での保育協力による欠席」又は「保育所等の臨時休園による欠席」
  2. 児童若しくは児童の同居のご家族等が新型コロナウイルスに感染したこと、濃厚接触者に特定されたこと又はPCR検査を受けることとなったこと等に伴う欠席

注意:他市の施設に通園している方は、取り扱いが異なる場合があります。

国の考え方に基づく減額後の利用者負担額の計算式

利用者負担額(月額)×その月の臨時休園等の日を除く開所日数÷25日(10円未満切捨て)

計算式

例)利用者負担額(月額)20,000円の場合

8月に3日間欠席(臨時休園)した場合

20,000円×22日÷25日=17,600円

→8月利用者負担額を17,600円へ変更

注意:開所日数には土曜日を含み、日曜日・祝日は除いて計算します。

注意:欠席(臨時休園)日数は施設を通じて確認いたします。

注意:開所日数が25日に満たない月であっても、欠席(臨時休園)日数が0日だった場合は、日割り計算の対象外となります。

注意:開所日数が27日となる月において1日間欠席(臨時休園)した場合など、結果として欠席(臨時休園)の日を除く開所日数が25日以上となる場合は減額となりませんのでご注意ください。

主食費・給食費について

公立園(上野口保育園、浜町保育園、砂子みなみこども園)の主食費(2号認定)・給食費(1号認定)については、次のとおりです。

  • 同月中に1日も主食・給食の提供を受けなかった場合…無料
  • 同月中に連続して15日以上主食・給食の提供を受けなかった場合…半額

注意:主食・給食の提供を受けなかった日数は施設を通じて確認いたします。

注意:私立園の主食費・給食費等の取り扱いにつきましては、直接施設へご確認ください。

還付方法について

利用者負担額(保育料)について

公私立保育所及び公立認定こども園をご利用の方

既に納付済みの方については、減額分を還付いたします。

注意:還付に伴う保護者様の手続きは不要です。

私立認定こども園、小規模保育事業をご利用の方

還付時期・還付方法等については直接施設へご確認ください。

主食費・給食費について

公立園(上野口保育園、浜町保育園、砂子みなみこども園)をご利用の方

既に納付済みの方については、減額分を還付いたします。

注意:還付に伴う保護者様の手続きは不要です。

私立園をご利用の方

給食費の取り扱いにつきましては、直接施設へご確認ください。

利用者負担額(保育料)の減免制度について

利用児童又はその保護者が次に掲げる事由のいずれかに該当し、利用者負担額を納付する能力に著しい変動が生じ、利用者負担額を納付することが困難であると認めるときは、利用者負担額の額を減額し、又は免除することができますので、下記に該当する場合は保育幼稚園課までご相談ください。

  1. 自己都合によらない離職又は業績不振により給与が著しく減少したとき。
  2. 傷病により、多大な治療費を要し、利用者負担額の納付が困難なとき。
  3. 災害に遭い、多大な損失を被り、利用者負担額の納付が困難なとき。
  4. 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認めるとき。

お問合わせ先

保育幼稚園課 電話06-6902-6757

登園自粛期間中における保育要件が求職活動中の方の取り扱い【2月25日更新】

新型コロナウイルス感染防止のための登園自粛に伴い、保育要件が「求職活動中」の方の利用期間等を延長します。

求職活動中の要件で保育所等を利用中の方のうち、「支給認定通知書」の有効期間の終期が令和4(2022)年2月1日~4月30日の方の就労開始期限を2か月、同有効期間の終期が令和4(2022)年5月31日の方の就労開始期限を1か月延長します。

 

  • 例1:有効期間の終期が令和4(2022)年2月28日(月曜日)の方は、令和4(2022)年4月30日(土曜日)までに延長。
    ⇒令和4(2022)年4月30日(土曜日)までに就労開始し、市へ就労証明をご提出ください。
     
  • 例2:有効期間の終期が令和4(2022)年5月31日(火曜日)の方は、令和4(2022)年6月30日(木曜日)までに延長。
    ⇒令和4(2022)年6月30日(木曜日)までに就労開始し、市へ就労証明をご提出ください。

 

順次、有効期間を延長した「支給認定通知書」を送付いたします。

 

注意:上記変更のための申請手続きは不要です。

注意:上記の取り扱いは、今後の感染状況により変更される場合があります。その場合は、ホームページにてお知らせいたします。

 

門真市立こども発達支援センター新型コロナウィルスへの対応について【3月1日更新】

こども発達支援センターの対応については、次のとおりとなります。

ご注意:施設内での感染拡大を防止するには早期の状況把握が重要であるため、センター利用者・家族等が新型コロナウイルス感染症の陽性者や濃厚接触者に特定されたほか、利用者・家族等が通学(園)している学校・幼稚園・保育園等が臨時休校(園)になった場合は、すぐにご連絡お願いいたします。

通園事業について

感染症予防のための「3つの密」を可能な限り避ける等の対策を行ったうえで、通常どおりの一斉登園による療育を行います。

ただし、当面の間はおもちゃや触った場所の消毒、消毒液の設置、職員のマスク着用等の感染防止の取り組みを行ってまいります。各ご家庭におきましても、健康チェックや手洗い・うがいの実施などにご協力をお願いします。

(お願い)

  • 密集状態を避けるため、登園児童数の把握を行いますのでご協力お願いいたします
  • 通園バスについては窓を開けて運行するなどの対策を講じてまいりますが、バスに乗らず、自家用車等で直接センターまで送迎いただくことも可能とさせていただいています。
  • 行事等の中止につきましては、決まり次第「クラスだより」やマチコミアプリ等でお知らせします。

発達障がい児個別療育事業(HANA)、保育所等訪問支援事業、発達相談支援事業について

感染予防対策として、事業所等への訪問時やセンターに来所いただいての検査・面談等につきましては、マスクの着用や手指の消毒等を徹底いたしますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

【お問い合わせ先】こども発達支援センター

     通園グループ 電話072-883-1680

     地域支援グループ 電話072-800-7701

更新日:2022年08月26日