水道水の安全性には影響しません【新型コロナ関連4月15日更新】

新型コロナウイルスは水道水の安全性に影響しません

インフルエンザや新型コロナウイルスに対しては、一般的に、塩素による消毒効果が高いと言われています。環境水道部では、国の法令に従い、適切に塩素消毒を実施するとともに、国が定める水道水質基準に従い、安全な水を供給しておりますので、水道水を介してウイルスに感染することはないと考えられます。

新型コロナウイルスに便乗した詐欺にご注意ください

現在、「新型コロナウイルスが水道管に付着しており、洗浄や交換が必要である」といった不審な電話が各地で報告されています。水道管内にウイルスが付着することはないため、水道管を替える必要はありません。門真市においても、環境水道部職員や水道業者を装った者から、このような内容の電話や訪問を受けた事例が発生しています。環境水道部からそのような電話や訪問をすることはありませんので、このような電話があった場合は、警察や消費生活センターに相談するなど、冷静な対応をお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先

環境水道部 工務課 配水施設グループ
〒571-0053 大阪府門真市泉町7-23
電話06-6903-2124
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年05月08日