教育委員会とは

教育委員会は、市長が議会の同意を得て任命した、教育長と4人の委員で組織されています。

教育委員会議(月1度の定例会または臨時会)で、教育長および委員が教育行政の基本的計画そのほか重要な事項を決定します。

教育委員会の事務処理は、教育長の総括の下に事務局で行われ、教育委員会の権限に属する事務を処理します。

教育委員会の制度改正について

近年、教育を取り巻く状況の変化に伴い、地方教育行政における責任の明確化、迅速な危機管理体制の構築、首長との連携強化を図ることを目的とした、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」が改正されました。

これまで教育委員会では、教育委員長(教育委員会の代表・会議の主宰者)と、教育長(具体的な事務執行の責任者・事務局の指揮監督者)が設置されていましたが、法律の改正を受けて、本市においても平成27年10月1日より、「教育長」と「教育委員長」を一本化した新たな教育長が設置されました(任期3年)

また、市長と教育委員会が協議・調整を行う場として「総合教育会議」が、平成27年4月から開催されています。

教育委員会の制度改正後

教育委員会の制度改正後

教育委員会の制度改正前

教育委員会の制度改正前

この記事に関するお問い合わせ先

教育部 教育総務課 総務・施設グループ
本館2階
〒571-8585 大阪府門真市中町1-1
電話06-6902-6082
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年10月31日