住民票やマイナンバーカードに旧氏併記ができます

令和元(2019)年11月5日(火曜日)から、住民票、印鑑登録証明書、マイナンバーカードなどに、旧氏(旧姓)を併記することができるようになりました。
これにより、婚姻などで氏に変更があった場合でも、従来称してきた氏を住民票などに記載し、公証することができるようになります。
住民票などに旧氏を併記するためには、市民課窓口で申請手続きを行う必要があります。住民票などに旧氏が併記されると、マイナンバーカードや公的個人認証の署名用電子証明書にも旧氏が併記されます。

注意:コンビニ交付サービスで発行する場合は、印鑑登録証明書のみ旧氏を併記することができます。旧氏を併記した住民票の写しが必要な場合は、市民課窓口または南部サービスコーナーで請求してください。

手続きに必要な物

  1. 旧氏が記載された戸籍謄本など(旧氏が記載されている戸籍から現在の氏が記載されている戸籍に至るまでの、関係するすべての戸籍謄抄本などが必要)
  2. 本人確認書類(運転免許証、保険証など。マイナンバーカードをお持ちの方は不要)
  3. マイナンバーカード(お持ちの方のみ)

詳しくは次のリンクをご覧ください。 

この記事に関するお問い合わせ先

市民文化部 市民課 戸籍住民グループ
別館1階
〒571-8585 大阪府門真市中町1-1
電話06-6902-5970
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年06月01日