令和元(2019)年10月1日から軽自動車税環境性能割を導入

令和元(2019)年10月1日から、自動車取得税が廃止され、環境性能割が導入されました。

この改正に伴い、現行の軽自動車税は「種別割」へと名称が変わりました。

注意:環境性能割の賦課徴収は大阪府が行います。

具体的な課税内容は大阪府ホームページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 課税課 市民税グループ
別館2階
〒571-8585 大阪府門真市中町1-1
電話06-6902-5898
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2022年01月28日