校長雑記 ~日々思うことを書きます~


 

8月10日(水曜日)

学生ボランティア

昨日、今日と学生のボランティアが来てくれています。

本校の校務員や事務職員とともに、先日切った校庭南側の木(7月27日校長雑記に書きました)の片づけをしてくれています。

朝の9時から午後3時過ぎまで、炎天下で木の枝をさらに短く切って袋に入れたり、運んだりと大活躍です。暑い中でも一生懸命に働いてくれている姿に感動します。(もちろん、熱中症にならないよう水分補給や休憩は適宜行っています)

2学期の始業式までにきれいに片づけたいと思っていたので、本当に大助かりです。

聞くと、将来、保育士になりたいとのこと。きっと、子どもたちのためによく動く良い先生になってくれることでしょう。本当にありがとう!

 

学校閉庁日 8/11~8/16

以前にもお知らせいたしましたが、明日11日から16日は学校閉庁日です。門真市教育委員会は以下のような趣旨で学校閉日を設定しています。(門真市教委の通知より抜粋)

 

門真市教育委員会では、長時間労働が問題となっている教職員の勤務実態を考慮し、休暇取得の推進及び心身の健康増進を図ることを目的に、平成30(2018)年度から夏季休業期間中に「学校閉庁日」を設定しております。今年度につきましても、下記のとおり夏季休業中の6日間を「学校閉庁日」とすることにしました。

つきましては、本趣旨をご理解いただき、ご協力くださいますようよろしくお願いします。

 

1.閉庁期間 令和4(2022)年8月11日(木曜日)~16日(火曜日)

*土、日、祝日は休業日ですが、クラブ活動等を原則行わないため、学校閉庁日として設定しております。

2.対 象 校 門真市立小学校・中学校

3.実施内容 学校閉庁日には、学校に職員が不在となることから、来校や電話等への対応ができません。このための代替対応を次のとおり行います。

・緊急時の連絡先について

(児童生徒の生命や安全に関わる重大事態など)

12、15、16日(平日)

門真市教育委員会学校教育課06-6902-7042

受付日時9:00~17:30

11、13、14日(祝日・休日)

門真市役所宿直室06-6902-1231

・転出事務への対応について

市役所における転出通知書発行等の手続きは、通常通り実施しますが、その後の学校での手続きは、学校閉庁日以外に行っていただきますようご協力をお願いします。

4.その他各小学校で開設している放課後児童クラブは、通常どおり実施します。

学校閉庁日についてのお問い合わせ

門真市教育委員会事務局教育部学校教育課

学務・人事グループ電話:06-6902-7107

 

明日からの学校閉庁日につきまして、保護者の皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

 

 

8月9日(火曜日)

野球の日

私は野球が好きです。甲子園の高校野球も始まりました。彼らがひたむきに白球を追う姿にはやはり感動してしまいます。炎天下でしかもコロナ禍でやる必要があるのかという声が多いことも知っていますが、それでも心を打たれてしまう古い?人間なのかもしれません…

さて、野球を好きな理由は、やはり、私が子どもの頃は野球が盛んで、王選手、長嶋選手、野村選手などのスーパースターに憧れたことが大きいのですが、もう一つあります。

強打者であろうとなかろうと、バッターボックスでは、その打者が主役です。観衆の目もその打者に注がれます。また、打球は守っている9人のどこに飛んでくるかわかりません。飛んできたら、そのポジションの選手がさばきますが、その瞬間には観衆の目が注がれ、その選手が主役となります。

つまり、出場している選手全てに主役となれる一瞬があるということが、もう一つの理由です。
ナイン一人ひとりに出番があり、役割があり、承認・賞賛される場があると思うから、野球が好きなのです。

出番、役割、承認・賞賛

これは、砂子小学校でも教職員全員が大切にしているキーワードです。

さて、今日、8月9日は8・9の数字語呂合わせで「野球の日」なのだそうです。それで、野球について書きました。

 

 

 

8月8日(月曜日)

夏休み中、先生たちも学んでいます!

今日は、大阪大学の桜井准教授をお招きして、校内研修を行いました。『読み書きの発達』というテーマで2時間にわたってお話しいただきました。リテラシー(読み書き能力)とは何かということを知り、幼児期や学齢期での子どものリテラシーの発達について理解することが目標の研修でした。

門真市教育委員会の指導主事や脇田小学校など他校の先生、大阪大学の学生2名(2学期に本校で実践演習を行う予定の学生です)も来校し、一緒に学びました。

2学期からの子どもたちへの学習指導を充実させるため、私たちもしっかりと学びます!

参加者が個々に行う演習も取り入れた参加型の研修でした。

換気やフィジカルディスタンスなどにも気をつけなければなりません。

 

 

 

8月5日(金曜日)

花火大会

今日、杜の都、東北の仙台で『仙台七夕花火祭』が行なわれます。東北三大まつりの一つである『仙台七夕まつり』は明日から3日間開催されるようですが、その前夜祭として広瀬川とほとりで、打ち上げられる盛大な花火祭りだそうです。

今年はコロナ禍ではあってもあちらこちらで花火大会は開かれるようです。

先日も新潟県長岡市の花火大会が3年ぶりに復活したというニュースがありました。長岡の花火は有名です(実際に見たことは一度もないのですが、『裸の大将』として有名な画家山下清さんの代表作の一つ『長岡の花火』の絵が好きで、是非行ってみたいと思っている花火大会です。)

また、山下さんは、花火にちなんでこのようなことを言っておられます。

みんなが爆弾なんか作らないで

きれいな花火ばかり作っていたら

きっと戦争なんて

起きなかったんだな

明日6日は広島に原子爆弾が投下された日です。9日には長崎。また、今もウクライナでは戦争が続いています…。

山下さんの言葉が悲しく響きます。

 

 

 

8月4日(木曜日)

不審者検挙

昨日お知らせした不審者ですが、検挙されたという連絡がありました。まずは安心です。

とは言え、今後とも、子どもたちが不審者から被害に遭わないよう、校区外への遠出や夜間の一人での外出などはひかえさせてください。引き続き保護者の皆様方のご協力をお願い申し上げます。

 

夏の大三角形

何度かこの校長雑記にも書きましたぎ、私は星が好きです。

夜空を眺めて、コロナ禍や戦争など、地上のことは忘れて、星座を探すことが好きです。

大阪の空は星が見えにくいのが残念ですが…天の川は見えなくても、夏の大三角形(下の写真のようにこと座のベガ(織姫星)、わし座のアルタイル(彦星)、はくちょう座のデネブ、を結んでできる大きな三角形)は何とか見ることができます。

これを見ると、夏だなぁと実感します。また、何千年も前の人たちもこの星座を眺めていたんだろうなあと想像するのもまた楽しいものです。

地上は様々なことで大変ですが、夜空は変わりなくおだやかです。

 

 

 

8月3日(水曜日)

自分の大切さとともに他の人の大切さを認めること

昨日は、門真市民プラザにある門真市教育センターに市内の校長や教頭、教育長はじめ教育委員会の職員が集まって、人権教育研修が開かれました。

人権教育とは、子どもたち一人ひとりの人権を大切にすること、すべての人間には人権、つまり、人間らしく生きる権利があるということ、自分も他人もすべての人間は、代わりのいない「かけがえのない」存在であることなどを学ぶ教育です。

昨日の内容はSNSに関することでした。SNSは適切に活用すればとても便利ですが、誹謗中傷などの書き込みによって他人を傷つけることも世界中で大きな問題となっています。

書き込んだ内容によっては処罰されたり、書き込んだ内容は半永久的に消えないので、「この人はこんなことを書くとんでもない人なのだ」というレッテルを10年先、20年先に貼られてしまったりする恐れもあるのです。つまり、他人を傷つけることはもちろんのこと、その矛先は必ず自分にも返ってきて、自分自身を大きく傷つけることになりかねないのです…

学校での人権教育の目的は

自分の大切さとともに他の人の大切さを認めること

です。

ふだんの授業や学校生活の中で、自分や他人をかけがえのない存在として認め、大切にする子どもを育てなければならないという思いを一層強くした研修でした。

しかし、このことは保護者の皆様方のお力添えがなければ、決して前には進みません。今後ともご理解とご協力をよろしくお願いします。


不審者情報


昨夜、門真市教育委員会から次のとおり通知がありました。ご注意ください。

〜令和4(2022)年8月2日午後5時50分ころ、門真市元町26番付近路上において、
包丁様のものを所持した人物が目撃されています。

不審者は、年齢50歳代から60歳代、白髪頭、青色Tシャツ着用の男です。
不審者を発見すれば、近づかず、すぐに110番通報してください。

市教委としましては、門真警察にパトロール強化を依頼するとともに、明日に青パトで巡回予定です。〜 
    

 

8月2日(火曜日)

自転車は左側通行ですよ‼

昨日、ハッとする場面を見ました。

道路の右側を走っている自転車がトラックに巻き込まれそうになったのです。幸い無事でしたが、まさにヒヤリハットでした。

道路交通法では自動車は左側通行ですが、実は自転車も左側通行と決められているのです。なのに、右側から自転車が来ると正面衝突してしまうおそれもあります。とりわけ、交差点では、車から見て左から入って向かってくる自転車は、左折する車に巻き込まれてしまうこともあります。これはかなり危険なことです。

まさに、昨日、他市の小学生でしたが道路の右側を走っていて、左折する小型トラックに巻き込まれそうになった場面を見ました。知らない子どもでしたが、思わず強く注意してしまいました。(本当にギリギリだったのと、ヒヤリハットを見逃すと重大事故につながるからです)

砂子小学校の皆さんも、自転車で道路の右側を走っていませんか?道路交通法という法律でも、自転車は左側通行と決められています。

下の写真は大阪府警察・大阪府自転車商防犯協力会が出しているポスターです。これも参考にして、交通ルールを必ず守り、絶対に事故などに巻き込まれないよう、また、他の人にケガを負わせたりしないよう注意しましょう!

 

おねがい

教職員の勤務時間は門真市では午前8時30分から午後5時となっています。国からは超過勤務時間は月45時間以内におさえるよう通知が来ていますが、学期中は本当に残業時間が多いので、夏休み中は定時退勤させたいと考えています。

保護者の皆様におかれましては、午後5時以降で、どうしても学校に緊急の連絡をしなくてはならない場合は以下の番号(学校の携帯電話番号)におかけください。教頭が対応します。

080-3492-2672

ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

 

 

8月1日(月曜日)

風雅の心得(ふうがのこころえ)

8月となりました。8月は「葉月 はづき」というきれいな別称があることは知っておられることと思いますが、それ以外にも、次のような別称があるそうです。

ちくしゅん(竹春)

ちゅうしゅう(仲秋)

つきみつき(月見月)

つばめさりづき(燕去月)

あきかぜづき(秋風月)

かりきづき(雁来月)

かんげつ(観月)

けんゆうげつ(建酉月)

こぞめつき(木染月)

べにそめづき(紅染月)

そうげつ(壮月)

などなど…

8月は夏真っ盛りで、ひじょうに暑い時期ですが、暦の上では秋となります。したがって、どれも秋を思わせるような名称ですね。

昔の人たちは、よくこんな風流な名をつけたものだと、その風雅の心得には頭が下がります。

それにしても、はやく涼しくなってほしいものです。

 

*門真市教育委員会から8・9月の給食献立についてのお知らせが届きましたので、ホームページ「お知らせ」のコーナーに載せます。ぜひ、ご覧ください。

 

 

 

7月29日(金曜日)

大学生たちとの座談会

一昨日(27日)の夜ですが、ルミエールホールで大学生たちとの座談会に参加してきました。

今から4年前に門真出身の八上君という大学生が始めたKADOMA中学生勉強会という大学生ボランティアによる学習支援団体があります。発足当初から私も応援しているのですが、すでに立派な社会人になっている八上君から、今、この会で活動している大学生たちに話をしてもらえませんかという依頼があり、座談会を行ったというわけです。

私からは教師として大切なことについての私自身の考えを伝えました。その後、学生たちからは様々な意見や質問があり、楽しい意見交換ができました。まだ二十歳前後の学生たちでしたが、自分の考えをしっかり持っていること、自分自身を冷静に見つめていること、そして、いろいろと思い悩んでいることなども感じられ、話していると清々しい気持ちになりました。

座談会の最後に、私から

「砂子小学校の子どもたちにも会いに来てください」

と言いました。砂子小学校の子どもたちにとっての良きモデルになってほしいと思ったからです。本当に来てくれると良いのですが。

関西の様々な大学に通う学生たちとじっくり話すことができました。一人ひとりが自分の考えを自分の言葉で語る姿が印象的でした。

学生たちの眼差しに清々しさと頼もしさを感じました。この中には教師をめざす学生もいます。門真の先生になってくれたらと思います。

KADOMA中学生勉強会のことは、かつて毎日新聞でも取り上げられたことがあります。

創始者の八上君がこの取組を評価されて、国から表彰されました。昨年、校長室に来て、その報告をしてくれました。

 

 

 

7月28日(木曜日)

新型コロナウイルス感染急拡大

第7波の勢い、止まりません…。これまでの6回の波ではなかったような大波が来ています。

これまでの感染防止対策は忘れず行いつつ、一方で熱中症対策を行う必要があります。政府は行動制限は求めないようですし、大阪府も飲食店の時短要請もしないようです。

つまり、かつての日常生活を取りもどすことも大切だということでしょう。

今後は個人個人が自ら考え、判断し、そして自分の行動に対して責任を持つことが一層重要になるでしょう。

情報不足と不安のかけ算がパニックを生むと聞いたことがあります。

また「高をくくる」という言葉もあります。「まぁこんなものだろう」と油断することですが、パニックにもならず、と言って高をくくるような油断もせず、自分自身で様々な情報を取捨選択し、冷静にかつ、主体的に考えて行動するという、今、学習指導要領で求められている資質が子どもだけでなく、私たち大人にとっても求められています。

とりわけ、命に関わるような情報処理を充分におこなうにはフェイス トゥ フェイスで話すことが欠かせません。

行動制限はありませんが、だからこそ、「対話的な学び」を大切にすることを頭において私たちも日々取り組んでいきます。

 

 

 

7月27日(水曜日)

たくさん切りました

たくさん切ったって何を?と思っておられることでしょう。

昨日は、校務員さんをはじめ教職員で運動場南側の水路に面した桐や桜の木をはじめ様々な木の枝葉を切りました。

例年、葉が生い茂り、枝が伸びて学校の南側にお住まいの方々にご迷惑をおかけしているので、申し訳なく思っています。

非常に暑い中でしたが、下の写真のように脚立を使って、あるいは、木に登ってたくさんの枝葉をがんばって切りました。

今日は、自治会長様からお礼の電話をいただき、うれしく思いました。

夏本番のような暑さの中、みんなで協力して切りました。

校庭南側には桜や桐、その他様々な木が生い茂っています。南側で日当たりもよく、夏になると、ものすごい勢いで葉が茂り、枝が伸びます。強い生命力を感じますが、それらの枝葉を切ることで地面にも日が当たり、ちがう植物も育ちます。また、近隣の方々へのご迷惑も少しは緩和できると思います。

 

 


7月26日(火曜日)

夏祭りで思ったこと

先週の土曜日のことを書きます。
地域の祭に来ませんか?と、地域の方からお誘いを受け、四中の上甲校長と夕方に伺いました。

会場の南部市民センター駐車場には多くの人が集まっています。砂子の子どもも四中の子どももいて、学校とは、またちがった笑顔を見せてくれます。浴衣姿の子もいて、久々に夏らしい風景を見ました。

私も娘が小学生の頃、この祭に来たことがあり、今は札幌にいる娘からも『南部の祭懐かしい』とメールが返ってきました。
上甲校長と2人でビンゴ大会の司会をしたり、唐揚げやかき氷、飲み物をご馳走になったりと、久々にどこか懐かしい、楽しい思い出ができました。

この1学期は、プールの授業も行いました。休日参観もやりました。コロナ禍で忘れていた光景をちょっとずつ思い出しています。

今、またもや新型コロナウイルスの感染が急拡大しています。
昨日の下見でもお伝えした通り、感染防止は大切なことで、私たちも日々安全安心な学校生活の維持に努めているところですが、早く、かつての日常、当たり前を取り戻すことが子ども達の生活、学びにとって大切だなあと思った一夜でした。 

 

 

 

7月25日(月曜日) 

就学旅行下見 

10月末の修学旅行に向けて、担任の先生たちと広島に来ています。 

新型コロナウイルスの第七波が来ている真っ最中ですが、昨年の夏休みに下見に来た時に比べたら、広島も人出はかなり多いです。 

平和公園や宿舎などを下見し、子どもたちが安全に旅行できるよう計画を立てるための下見です。 

10月末にはコロナ禍も収まっていることを祈りながら逐次下見の様子をお伝えして参ります。

会議は短時間に、紙はA4の1枚で、と言われますが多岐にわたる検討内容のこと、文章もなかなかのボリュームでした。

 

とはいえ万一の濃厚接触の備えも欠かすわけにはいきません。 打ち合わせ内容だけは高密度に、短時間で終了しました。

打ち合わせを済ませ外を眺めると実に透明度の高い空気と晴天に恵まれて対岸の島もくっきり目に映りました。

 

本番当日もこのように準備万端、晴れやかな日であってほしいと切に願い宿舎を後にしました。

グリンピアせとうちです。

昨年もお世話になりました宿舎です。

個々に支援を要する児童のサポート対応、除去食を要する児童が生じた場合、あるいはアレルギー代替食対応の程度、または緊急時の搬送パターンなど、医療機関のリソースも限られている現在のような状態ではシミュレーションすべき内容も多岐にわたります。

特に専門的な件は追加の確認となりますが、ここで実際の状況を想定できるのは何よりも下見の重要性を感じるところです。

原爆の子の像を臨んでいます。

折りづるをささげる手順、班集合のスペースなど限られた時間でどう進めるか、支援すべき児童の様子も考えています。

平和記念資料館の内部です。 検討のため許可を戴いて撮影しています。

この空間で班活動をする場合どれくらいの時間でどの学習内容をポイントにするのか…

ばく大な内容と時間とコロナウイルス対応と…トライアングルでのバランスが求められる中、事前学習もふくめ最適なコース周りを検討しなければなりません。

フィジカルディスタンスも考えるとこれくらいのゆとりは必要かな、と実際に距離をとり、展示スペースごとの移動時間を確認しています。

 

コロナウイルスの感染とは関わりなく、博物館での展示観賞は歩きながらが基本ですから、なおのこと事前の学習を丁寧に行う必要性を実感させられました。

広島原爆ドームです。

担任二名、支援担任一名、管理職(校長)の四名で下見しています。

バリアフリーの状況や雨天の待機場所など、毎回同じとはいかないところもあります。

そのような場所と経路について一つ一つ確かめています。

 

 

 

7月22日(金曜日)

夏休みの宿題

西東三鬼(さいとう さんき)という人がいました。本名は斎藤敬直(さいとう けいちょく)1900年に生まれ、私が生まれた1962年に没した俳人です。

33歳の時、歯科医だった彼は患者のすすめで俳句を始め、「サンキュー」をもじって三鬼にしたとのことですが、俳句界の風雲児と言われていたそうです。

三鬼の句に次のような句があります。

算術の 少年しのび 泣けり夏

少年が夏休みの宿題である算術(算数のことを昔は算術といっていました)がどうしてもわからず、しくしく泣いている様子が浮かんできます。

三鬼は小学生6年生の時、病弱で旧制中学の受験をあきらめるという体験もあったようですから、当時をふりかえってつくったのかもしれません。ただ、2年後には2番の成績で合格したそうです。

さて、砂子小学校の子どもたちは、夏休みの宿題にはとりかかっていますか?わからなくて泣いている子はいないかな?でも、あきらめずに取り組んでください。

 

 

 

7月21日(木曜日)

しずかな学校

今日から夏休みです。昨日までは校舎内に子どもたちの声があふれていましたが、今日は教職員たちだけしかいません。

黙々と事務処理をしている職員、さっそく2学期に向けての準備をしている職員、学校統合に向けて備品などを整理している職員の姿があるだけで、何ともしずかな学校です…

夏休み初日、子どもたちは、どう過ごしているでしょうか。安全に楽しく過ごしてほしいものです!

おねがい

教職員の勤務時間は門真市では午前8時30分から午後5時となっています。国からは超過勤務時間は月45時間以内におさえるよう通知が来ていますが、学期中は本当に残業時間が多いので、夏休み中は定時退勤させたいと考えています。

保護者の皆様におかれましては、午後5時以降で、どうしても学校に緊急の連絡をしなくてはならない場合は以下の番号(学校の携帯電話番号)におかけください。教頭が対応します。

080-3492-2672

ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

 

 

7月20日(水曜日)

光陰矢のごとし

今日はも学期の終業式です。4月8日に始まったばかりだと思っていたら、もう終わり…私にはそんな感じがします。

時のたつのは、矢のようにはやいと昔の人は言いましたが、まさにそうです。

ところで、この1学期は子どもたちにとって良い時間だったのでしょうか?うれしかったこともあったでしょう。楽しいこともあったでしょう。しかし、いやなこともあったはず、しんどいことも少なくなかったはずです。

けれども、そんな、良いこと、良くないこともあるのが『生きる』ということの証(あかし)だと思うのです。

後から振り返れば、良いことがあっても、その時はすぐに去ったなあ、しんどいことがあっても、その時はすぐに行ってしまったなあと思うもの。

まさに、

光陰矢のごとし

です。

子どもたちにとっては、1学期にあったことすべては、これからの長い人生をよく生きるための土台になるはずだと思います。

また、明日からの夏休み中のことも、同じです。

子どもの時分にはわからないでしょうが、時間が過ぎるのはとてもはやく、一瞬、一瞬でも、その時を大切にしてほしいと思います。

*学校のある日は毎日更新してきた校長雑記ですが、夏休み中は随時とさせていただきます。ご了承ください。

*本日、お子様をとおして「すなごだより第18号」をお配りします。ホームーページ「すなごだより」のコーナーにも載せています。

*門真市教育委員会から「新しい学校づくり通信第5号」が来ましたので、お子様をとおしてお配りします。ホームページ「お知らせ」のコーナーにも載せています。

 

『楽しい夏休みにするために』

本日、お子様をとおしてお配りします。お子様と一緒によくご覧おきください。

表(おもて)

裏(うら)

 

 

 

7月19日(火曜日)

サイボーグ009

今から58年前の7月19日、石ノ森章太郎さんの『サイボーグ009』という漫画が少年誌でスタートしました。

私も子どもの頃、テレビで見ましたが、ただおもしろいだけでなく、子どもながらに多様な人たちが共に理不尽なことに立ち向かってるんやなぁと感じる内容でした。

私が大人になってからも何度も読み返した漫画は『サイボーグ009』と横山光輝さんの『三国志』くらいでしょうか。

さて、ストーリーです。

とある武器商人の大組織が宇宙で戦えるサイボーグ兵士の計画を進め、太平洋の孤島に世界各地から人種や年齢の違った9人の人間を集め(00ナンバーと呼ばれます)サイボーグに改造するのです。

しかし、日本から連れてこられた島村ジョーは他の8人から組織の恐ろしい目的を知らされ、9人で秘密基地を脱出し、その後、組織との長い戦いが始まります。

人種問題や異文化の争い、現代社会がかかえる矛盾、00ナンバーたちが出会った人々の心の苦しみ、人間とサイボーグの狭間での悩みなども描かれていて、深い言葉もたくさんあります。

その中の一つ、ジョーつまり009の能力にあこがれる弟に尊敬されるために運動が苦手なのに練習してジョーにマラソンで挑んだ兄や弟に向けて言った言葉がこれです。

おれたちサイボーグには肉体的な限界はないが人間にはある。それを持つことができるから人間ってすばらしいんだ!

 

 

 

7月15日(金曜日)

気象情報について

この時期になると非常に心配なことがあります。

一つは当然、熱中症です。とりわけ登下校時や帰宅してから子どもたちが地域で遊んでいるときなどは、学校では様子がわからないので気になります。

同時に雷もです。

雷はいつ来るかわかりません。晴れていても急に曇ってきたかと思うと雷鳴が鳴り響くということがよくあります。

下に気象庁の作っている雷ナウキャストのQRコードを載せています。これは雷の激しさや雷の可能性を1km格子単位で解析し、その1時間後(10分~60分先)までの予測を行うもので、10分ごとに更新されています。

また、環境省が作っている熱中症予防情報サイトのQRコードも載せておきます。このサイトの中段あたりには、熱中症警戒アラートや暑さ指数のメール配信サービスに関するコーナーもあり、保護者の皆様も登録されたらいかがかと思います。私も既に登録してサービスの提供を受けています。

夏休みになれば、子どもたちは家庭や地域で過ごすことになります。その間の子どもたちの安全に十分に気をつけてあげてください。

よろしくお願いします。

気象庁 雷ナウキャスト

気象庁 雷ナウキャスト

1キロメートル四方の範囲で、雷の活動度がわかります。雨雲の流れもわかります。

環境省 熱中症予防情報サイト

各地の暑さ指数や熱中症警戒度、熱中症警戒アラートの発表状況はわかります。

 

 

 

7月14日(木曜日)

日野原重明さんの言葉

昨日、日野原重明さんのことを書きました。この人が100歳を超えても子どもたちにいのちの授業をしてきたことも書きました。

今日も、その日野原さんの言葉で、私が素晴らしいなあと思ったものをいくつか紹介します。

「今日きみが失敗して、みんなに笑われてなみだをこぼした体験は、いつか友だちが失敗したときに、その気持ちをだれよりもわかってあげられるためのレッスンなのかもしれません」

「相手にこぶしをふりあげるのを、ちょっと待ってください」

「争いの根っこにあるにくしみの感情。それをコントロールできるのは自分だけです」

「自分はこんなに痛い思いをした。でも、相手も深い傷を負っていたんだと気づくことができれば、和解の第一歩になると信じています」

「にくい相手をゆるす。その勇気で、争いを終わらせることができます」

「知るということをもっと大事にしてください」

今、ウクライナでは戦争が止みそうにありません。日本では安倍元総理が非業の最期を遂げられました。

何があっても暴力だけは絶対にいけません!互いの気持ちを理解し合い、折り合いをつけることが何よりも大切なことだと、今ほど思うことはありません。

 

 

 

7月13日(水曜日)

日野原重明さんという人

日野原重明さんというお医者さんがいました。何と、105歳まで生きられた方です。戦争経験やハイジャックにあった経験などから、人の命のために尽くそうと思ったそうです。

この日野原さんは90歳の頃から全国の小学校などをまわって『いのちの授業』を行なっておられました。驚くことに100歳になっても授業をされていました。私もぜひお招きしたかったのですが…。

今日、お配りする『すなごだより17号』(ホームーページすなごだよりのコーナーでもご覧になれます)にくわしく載せますが、子どもたちとこんなやりとりをされるのでここでもご紹介します。

日野原さんが

「いのちってなんだと思う。」

と問いかけると、ほとんどの子どもたちは心臓に手を当てたりします。

それに対して日野原さんは、こう返していきます。

「心臓は、いのちではありません。心臓は単なるポンプです。いのちは目に見えないものです。確かにあるものだけれど、目には見えないものです。」

「では、いのちとは何か。いのちとは、私たちが持っている時間の証なのです。」

「人が望むことはなんでしょう。平和です。平和というのは、人が与えられたいのち(=時間)を壊されてしまわないことです。」

「人間は限られたいのちを持つ生きものです。」

「たとえば、人を殺してはいけないのは、『他人の時間を奪うこと』だからですね。『あれもこれもできたはずの時間を奪うこと』だから、他者を殺めてはいけないのです。」

「人が亡くなるというのは、原因がなんであれ、その人に与えられていたはずの時間が無くなってしまうこと。私にはそれが悲しいのです。」

さらに、日野原さんは子どもたちにこう語りかけます。

「いのちを愛する人間になってほしいです。外国人も日本人も、すべて同じいのちです。できれば、動物ももっと愛してほしい。アリがはっているのにつぶしたりしない。彼らもいのちを持っているのです。いのちを大切にするためには、けんかしないこと、人を傷つけないことです。それが平和なのです。いじわるされても『今度からするなよ』と言って許してあげることが大事です。」

そして、最後にこう言います。

「大きくなったら、きみの持っている時間を人のいのちのためにも尽くしてはどうですか。」

 

 

 

7月12日(火曜日)

トマトのコミュニケーション

夏になると食べたくなる野菜の一つに「トマト」があります。私も今、毎日トマトを丸かじりしています。

ところで、このトマトには不思議な力が備わっていると聞いたことがあります。

トマトとトマト害虫のハスモンヨトウという蛾の幼虫をつかって、食害を受けたトマトから出る臭いが未被害のトマトにどのような影響をもたらすのかを調べた実験があるそうです。

その結果から考えると、ハスモンヨトウに葉をかじられたトマトは、その傷口から独特のにおいをだし、さらにまわりのまだ被害にあっていないトマトもこのにおいにつられて同じにおいを出して、自分を守ろうとするのだそうです。

つまり、被害にあったトマトがまわりにいる仲間に害虫がいるよ!と知らせている、仲間とコミュニケーションをとっているのだろうということです。

人間をはじめ動物だけでなく、植物までこうしたコミュニケーションをとおして仲間を守っているのですね。生物にとっていかにコミュニケーションが大切なのかということがわかります。

ところで、動物のように鼻や舌を持たないトマトがどうやってにおいを嗅ぎつけるのかはわかりません。砂子小学校の子どもたちの誰かが、夏休みの課題として調べてきてくれたらうれしいです。

 

 

 

7月11日(月曜日)

個人懇談会

今日から個人懇談会が始まります。

長いと思った1学期も、あと1週間で終わりです。

この1学期に子どもたちが成長した点や今後2学期に向けての課題、おうちでの様子などを短時間ですが、担任とフェイス トゥ フェイスで直接お話しいただく機会だと考えています。

子どもたちの健やかな成長には、大人の支援も欠かせません。保護者の方々と私たち学校の教職員がきちんと向き合って子どもたちに対して、最も良い形での支援ができるよう話し合いたいと考えています。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

7月8日(金曜日)

大人の背中

「子どもは大人が言うようには動かないが、大人がするようには動く。」と言われます。

子どもは、大人が望んだり、思ったりするように行動することはなかなか難しいけれど、大人のことをよく見ており、大人のすることを真似て行動するようになるということです。

また、子どもは「大人の背中を見て育つ」とも言います。言っていることとやっていることが同じ人なのか、ちがう人なのか、ものすごく見ています。還暦になった今でも、子どもの視線にどきんとすることがあり、先日も6年生の子どもたちから給食棟への私の出入りの仕方について、やさしく注意されました。

「校長先生の出入りの仕方はまちがっています。校長先生はこの学校で、いちばんえらい先生だし、低学年の子どもたちがまねをするといけないので、気をつけてくださいね」と。

上手な注意の仕方と当たり前すぎる指摘に対して、私はすごいと思うとともに、心から謝罪しました…。今は、いつも出入りの仕方に気をつけて行動しています。

自分の背中に責任を持たなければならないと強く思わされた一瞬でした。

 

 

 

7月7日(木曜日)

今日は七夕

今日は7月7日、たなばたの日です。

今日の日の入りは午後7時14分、天気予報では空はおおむね晴れるようですから、昨年はまったく見えなかった夜空をながめることができるかもしれません。

日々、しんどいことやつらいことなど、誰もが感じていると思います。しかし、今夜は夜空を見て、願いを伝えながら、少しでも心を安らげる日にしたいものです。

*図書だより7月号をお子様をとおしてお配りしました。ホームページ「お知らせ」のコーナーにも載せています。本は子どもの世界を広げます。想像力をかきたてます。砂子小学校では、本が大好きな子どもたちを育てていきます。

 

 

 

7月6日(水曜日)

異常気象

台風4号は温帯低気圧となり東へ去りました。ただ、九州地方などでは大雨の被害が出ており、住んでおられる方々のお気持ちを考えると本当につらいものです。お見舞い申し上げます。

さて、昨日はプールでの授業を中止としました。雨が降っていない時間帯も長くありましたが、台風が近づき大気が不安定になってくることを考え、気象庁の「雷ナウキャスト」や「雨雲ナウキャスト」を見ながら中止としました。子どもたちは残念がっていましたが…。

先週は酷暑、今週は台風、大雨のおそれ…近年の日本列島はまるで亜熱帯です。この異常気象はこの夏も続くでしょう。細心の注意を払わなければなりません。

 

 

 

7月5日(火曜日)

台風について

昨日お知らせしましたとおり、門真市内の学校では、午前7時の時点で大阪府全域あるいは大阪東部地域、または門真市に「大雨特別警報」(大雨警報ではありません)等の「特別警報」もしくは「暴風警報」が発令されていたら、その段階ではいったん自宅待機し、9時の時点で引き続き発令されていたら休校という措置となります。(9時に解除されていたら10時に登校です)

さて、台風4号は午前6時前に長崎県の佐世保付近に上陸したとのことで、最新の進路予想を見ると、明日の朝6時頃には紀伊半島の南部を通過するようです。

明日の朝は、暴風警報や特別警報が大阪東部地域に出ていないかどうかの確認をお願いします。また、学校にいる間に暴風警報が出た場合は、すでにご提出いただいている各ご家庭の緊急対応カードに書かれてあることにもとづいて、各ご家庭にご協力をお願いすることになります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

7月4日(月曜日)

台風が近づいているときのこと

台風4号が近畿地方に来るおそれがあります。すでに学校だより等でお知らせしているところですが、本日「台風が近づいているときのこと」(日本語版と中国語版)というお手紙をお子様をとおしてお配りしますので、よくお読みくださいますようお願い申し上げます。

*PDFファイルはホームページ「お知らせ」のコーナーに載せています。

 

焼石に水?

プールが始まり、先週は老体に鞭打って1日4時間はプールにいました。

先週は記録的な暑さで、プールサイドが熱くならないように水をまいていました。少し時間がたつと熱くなってくるので、ほぼまき続けていました。こういうのを焼石に水というのかなと思いながら。

ただ、焼石に水とは、無駄な行為を意味する言葉ですが、プールに入っている子どもたちの楽しそうな顔や声を聞いていると、プールは無駄ではなかったと思いました。

さて、明日からは2回目のプールとなるのですが、先週とはうって変わり台風の影響もあり天候はくずれそうなので、やれるかどうかは天候次第です…。

 

 

 

7月1日(金曜日)

今日から7月

時のたつのは早いもので、早くも2022年の前半が終わり、今年も後半に入ります。いよいよ今日から7月。20日は1学期の終業式です。

11日から15日は個人懇談会があります。また、14日で給食が終了し、15日と19日は午前中授業となります。

21日から8月25日までが夏休みで、2学期は8月26日から始まります。

さて、7月は文月とも言われます。その由来ですが、平安時代末期(今から900年ほど前)に清原清輔(ふじわら の きよすけ)という貴族がおり、「奥義抄」(おうぎしょう)という歌学書の中でこのように言っています。

「此の月七日、七夕にかすとて、文どもをひらく故に、文ひろげ月といふを略せり」

つまり、短冊に歌や文字を書くといった七夕の行事にちなみ、文ひろげ月というの「ひろげ」を略して文月(ふづき)というのだということでしょうか。

また、英語ではJulyといいますが、これはユリウス暦つくった有名なローマの政治家、ユリウス・カエサル (Julius Caesar 英語名ではシーザー)からとられました。

「すなごだより」にも書きましたが、子どもたちには、この7月にしっかりと1学期のしめくくりをやってほしいものです。

 

 

 

6月30日(木曜日)

葛城ユキさんのこと

歌手の葛城ユキさんが3日前の6月27日に亡くなられたというニュースを見ました。

私が大学生の頃には「ボヘミアン」という曲が大ヒットしました。ハスキーボイスの声量のある歌声には圧倒されました。

ステージ4のがんと闘病されていたとのことですが、先月の17日に1年1カ月ぶりの復活ステージに立たれました。

その翌週に体調が悪化したものの、今月の17日にもユニットコンサートに出演し、「私の人生は感謝、感謝です」とファンや共演歌手に伝えられたそうです。

そして、亡くなられた27日には「今までありがとうございました」と関係者に電話を入れ、その5時間後に息を引き取られました。

最期まで、感謝の気持ちを忘れずに人生を締めくくられた生き方に様々なことを思いました。

*本日、「すなごだより第16号」をお子様をとおしてお配りします。ホームページ「学校通信『すなごだより』」のコーナーでもご覧いただけます。

 

 

 

6月29日(水曜日)

給食日めくりカレンダー

月に1回、門真市教育委員会から「給食日めくりカレンダー」が送られてきます。その都度、ホームページのお知らせのコーナーに載せていますが、今回の校長雑記でその内容を少し紹介しておきます。

毎日のメニューはもちろんのこと、栄養素のバランス、メニューに関わるクイズは載っています。食をとおして、世界のことや歴史のこと、文化のことなど、様々なことを学ぶことができます。下に7月の日めくりカレンダーを載せていますので、クリックしてみてください。

給食日めくりカレンダー(7月)(PDFファイル:1.8MB)

*本日、「7月のほけんだより』をお子様をとおしてお配りします。ホームページ「お知らせ」でもご覧になれます。

 

 

 

6月28日(火曜日)

ルソー

今日は、有名なフランスの哲学者ジャン-ジャック・ルソーの誕生日です。今から210年前に生をうけたルソーは、教育の世界にも大きな影響を与えています。

ルソーの著作に、教育学部に入ると必ず学ぶ『エミール』があります。民主的な社会をつくる人間を育てるための教育について書かれているのですが、その中にこのような言葉があります。

私はその通りだなあと思っています。

『子どもを不幸にするいちばん確実な方法はいつでも、なんでも手に入れられるようにしてやることである』

 

 

 

6月27日(月曜日)

6月最終週

今週で6月も終わります。金曜日からはいよいよ7月、子どもたちが待ち望む夏休みも間近です。

新型コロナウイルスオミクロン株の急拡大から始まった今年も半分が終わることになります。

本当に時のたつのは早いものです。早いからこそ、私は1日1日を無駄にはしたくありません。

カーネギーホールで有名な、アメリカの実業家デール・カーネギーは、このようなことを言っています。

人生とは今日一日のことである

 

*ほけんだより「1年生特別号」を配布しました。ホームページお知らせのコーナーでご覧になれます。「プライベートゾーンについて」です。

 

 

 

6月24日(金曜日)

ロンサム・ジョージ

ロンサム・ジョージ

と言われて、誰のことかわかるでしょうか?

実は外国人歌手でも政治家でも、科学者でもありません。

亀なのです。

亀と言っても特別な亀です。

1971年にガラパゴス諸島で発見された発見されたピンタゾウガメという陸亀のニックネームなのです。

ガラパゴス諸島といえば、絶海の孤島で特殊な生態系で有名です。また、ガラケーのガラは、ガラパゴスのガラだというのはあまりにも有名な話です。

さて、このロンサム・ジョージ君が亡くなったのが、ちょうど10年前の今日、6月24日で、当時ちょっとした話題になったことを覚えています。亀は長生きの象徴ですが、ロンサム・ジョージ君が亡くなったのは100歳くらいの年齢だったと言われます。

ロンサム・ジョージ君は生存が確認されていたピンタゾウガメ最後の個体であり、彼の死によりピンタゾウガメは絶滅したと考えられています。

かつてはたくさんいたのですが、食肉用として乱獲されたため絶滅したとのこと。人類が絶滅させてしまった種は他にもたくさんあります。これからの社会は共存、多様性というキーワードを大切にしないと、いつか、大きなしっぺ返しが来るのではないかと思います…

 

 

 

6月23日(木曜日)

1週間後はプール開き

いよいよ30日(水曜日)から3年ぶりのプール授業が始まります。今年はプールでの授業に慣れていない子どもたちも多いので、1年生から4年生は2回、5・6年生の高学年では3回、それも泳ぎを習得するという目的ではなく、水中で体を動かしたり、安全について学んだりということを目的とした内容とします。

さらに、これまで何年もできなかったプールで、小学校時代の思い出もつくってほしいと考えています。

水着やぼうしの用意など、お手数をおかけしますが、保護者の皆様方のご協力をお願い申し上げます。なお、プールに入らないお子様につきましては、担任までお申し出ください。

 

 

 

6月22日(水曜日)

学校閉庁日について

門真市教育委員会から、8月中旬の学校閉庁日についてのお知らせが来ています。以下のとおりです。

 

 

夏季休業中の学校閉庁日の設定について(門真市教育委員会)

平素は、本市の教育活動にご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。

門真市教育委員会では、長時間労働が問題となっている教職員の勤務実態を考慮し、休暇取得の推進及び心身の健康増進を図ることを目的に、平成30(2018)年度から夏季休業期間中に「学校閉庁日」を設定しております。

今年度につきましても、下記のとおり夏季休業中の6日間を「学校閉庁日」とすることにしました。

つきましては、本趣旨をご理解いただき、ご協力くださいますようよろしくお願いします。

1.閉庁期間 令和4(2022)年8月11日(木曜日)~16日(火曜日)

注意: 土、日、祝日は休業日ですが、クラブ活動等を原則行わないため、学校閉庁日として設定しております。

2.対 象 校 門真市立小学校・中学校

3.実施内容 学校閉庁日には、学校に職員が不在となることから、来校や電話等への対応ができません。このための代替対応を次のとおり行います。

・緊急時の連絡先について

(児童生徒の生命や安全に関わる重大事態など)

12、15、16日(平日)

門真市教育委員会学校教育課06-6902-7042

受付日時9:00~17:30

11、13、14日(祝日・休日)

門真市役所宿直室06-6902-1231

・転出事務への対応について

市役所における転出通知書発行等の手続きは、通常通り実施しますが、その後の学校での手続きは、学校閉庁日以外に行っていただきますようご協力をお願いします。

4.その他各小学校で開設している放課後児童クラブは、通常どおり実施します。

学校閉庁日についてのお問い合わせ

門真市教育委員会事務局教育部学校教育課

学務・人事グループ電話:06-6902-7107

 

以上です。まだ先のことですが、保護者の皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

 

 

6月21日(火曜日)

しつけの三原則

哲学者で教育者の森信三さんという人は「しつけの三原則」として

「あいさつは自分から先にする」

「名前を呼ばれたら「ハイ」と返事をする」

「はきものをそろえ、椅子は入れる」

と言っています。

あいさつは相手の存在を認め、大切にすることにつながり、「ハイ」の返事は共感・理解・納得・自覚の表現です。

そして、はきものをそろえることや椅子を入れることは終わりをキチンとすることであり、自制力と自律性につながります。

はきものをそろえることは心をそろえること、つまり心を落ち着かせることになるとも言われています。また、靴などをはく時にもキチンとそろっていると、慌てずに行動をスタートできます。

しつけの三原則

意味のあることだと思います。

 

 

 

6月17日(金曜日)

忘れてはならない日

明日の6月18日で、あの大阪北部地震が起きてから丸4年となります。

その日、震源地の高槻市などでは震度6弱の揺れとなり、小学校のブロック塀がくずれて、大切なお子様が亡くなってしまったことは決して忘れてはならないことです。

明日を迎えるご家族の方々がどのような思いで迎えられるのかと思うと、いたたまれない気持ちでいっぱいです…。私たち学校教育にかかわる者は決してこのことを忘れてはなりません。

本校でも、先日、校内一斉点検を行い、その後、校務員さんを中心に職員が力を合わせて修繕や再整備を行っています。

しかし、どれだけやっても危機管理に満点はないのです…。常にヒヤリハットを忘れずに取り組んでいきます。

 

 

 

6月16日(木曜日)

友だちとの思い出はたからもの

「おもいでたからもの」(作詞・作曲 阿部直美)という曲があります。

~ここでみんなとであって ともだちになって いつもみんながそばにいた きっときっとわすれない おもいで たからもの~

という歌詞が2番にあり、人と人とが出会うことはこういうことだぁなと思わせされてしまうのです。

今日も校内で、にこやかな「いい顔」にたくさん出会うことができました。

ときには泣くこともあるでしょう。しんどいこともある…

けれども、おもいっきりの笑顔をお互いに見せ合って、小さなたからものを毎日積み上げてほしいと、いつも思っています。

 

 

 

6月15日(水曜日)

梅雨入り

今朝も冷たい雨がしとしと降っています。

さて、昨日、6月14日(火曜日)、気象台から近畿、東海、北陸、中国地方の梅雨入りが発表されました。各地で平年より遅い梅雨入りです。

なお関東甲信では平年よりも早く、先週6日(月曜日)に梅雨入りとなっていました。これで関東以西の各地が梅雨入りしたことになります。

この先は梅雨前線が本州の南岸付近に停滞し、曇りや雨のすっきりしない天気の日が多くなる見通しです。なお今週末は、前線の活動が活発になって大雨となるおそれがあるそうです。

湿度も高まって不快な蒸し暑さとなるため、体調管理にお気をつけください。

*来週の月曜日は砂子小学校の創立記念日です。今年で満17歳となります。それを祝ってお休みとなりますので、土曜日からは3連休となります。

 

 

 

6月14日(火曜日)

冷たい雨が降っています

近ごろ、夜から朝にかけて気温が低くなっています。子どもたちの体調はだいじょうぶでしょうか?気になるところです。

今朝は、6月であるにもかかわらず冷たい雨が降っています。気をつけて登校してきてください。

今週は火曜日からのスタートです。4日間登校すると、土曜日からは3連休となります。(20日の月曜日は創立記念日でお休みのため)体調を整えて、元気に登校してきてくれるのを待っています。

 

避難訓練

門真市のハザードマップを見ると、洪水により、砂子小学校周辺は3mの高さまで水が来ると予想されています。いつ来るかわからない南海地震、また、異常気象による集中豪雨、ゲリラ豪雨等々、土地の低い河内平野にある門真市では洪水の被害がもっともおそろしいと言えるでしょう。

雨の時期である10日の避難訓練では、洪水を想定した訓練を行いました。体育館での児童集会中に洪水が発生したという想定です。まず、緊急放送が流れます。その後、体育館から校舎の4階まで先生の先導のもと、しずかに垂直非難をしました。放送から全員の人員確認終了まで4分弱。

砂子小学校の皆さん、命は誰もが一つしか持っていません。大切な命です。もしもの時は、その命を守れるように先生の言うことをしっかり聞いて、行動してください。

次は、7月に初めに不審者侵入を想定した避難訓練を行います。

 

 

 

6月11日(土曜日)

土曜参観

本日は土曜参観です。登校はいつもどおりでお願いします。下校は4時間目が終わってからとなります。したがって、お子様と参観を終えた保護者の方とが一緒に帰ることはできませんので、あらかじめご承知おきください。

なお、明後日の13日月曜日は代休となり、1日お休みです。

土曜参観の様子はホームページ「すなご日記」で紹介します。

また、下に教室配置図をのせます。クリックしてください。

教室配置図(PDFファイル:173.4KB)

 

 

 

6月10日(金曜日)

今日がんばれたら、明日もがんばれる

先日、あるニュースで92歳の総務課長、玉置泰子さんのことが流れていました。何でも「世界最高齢の総務部員」としてギネスブックに載ったそうです。

入社以来66年間にわたって働いてきた玉置さんですが、こんなことを言っていました。

〜私は92歳のいまも働いていますが、それは一日一日の積み重ねの結果でしかありません。私には長年のモットーがあります。それは

「今日頑張れたら、明日も頑張れる」

というものです。

寝て起きたら、また新しい日がはじまります。そのくり返しで一日一日をリセットして、新たな気持ちで「いまを生きる」ことを実践しているだけなのです。

昨日、何か失敗したとしても、それを翌日まで持ち越してクヨクヨしても仕方がありません。すぎたことは、あくまでも過去。昨日のことは、もうやり直せないのですから、リセットして前を向いて、今日を懸命に生きるしかないのです。〜

人生100年時代と言われますが、そのことを体現しておられる方ですね。

 

*本日、「ほけんだより6月 第5号」をお子様をとおしてお配りします。ホームページ「お知らせ」のコーナーでもごらんになれます。

*明日は土曜参観です。参観いただけるのは2時間目と3時間目です。お待ちしています。校内での「はき物」を必ずお持ちください。本日お配りする「すなごだより第15号」には、教室配置図をのせていますので、お子様の教室(階や場所)などをあらかじめご確認ください。

すなごだより第15号(PDFファイル:334KB)

 

 

 

6月9日(木曜日)

自他を認める 互いのちがいを認め合い、支え合う

このことが大切なのは、言うまでないことだと思っています。

しかし、これがなかなか難しいのが人間というものかもしれません…。

人間は、どうしても自分の中にある「人の好き嫌い」の感情、「趣味や話題の合う者と一緒にいたい」、「気の合わない者とは一緒にいたくない」などという本音と「誰とでも仲良く」、「人としてのあるべき姿」の狭間でジレンマを感じながら生活しているのではないでしょうか?

また、人間の競争本能というか「○○さんには負けられない」という気持ちを持つことも多々あるでしょうし、良い意味での競争は進歩につながります。

しかし、この競争心が行き過ぎると人間関係が危うくなります。

「自他のちがいを認め、支え合う」ことは本当に難しいものです。

しかし、むずかしいからこそ価値があるのでしょう。

それができるということは、人間として素晴らしく成長したということになり、そんな人こそが多くの人からも認められて、良い人生を送れることになるからです。

人間関係は、相手に共感し、ちがっているところも「あたりまえだよね」と考えて、心から認める自分を自分でつくる努力が何より大切なのだと思います。そうすれば支え合えることもできるのだと思います。

 

 

 

6月8日(水曜日)

学校評議員について

学校評議員とは、学校運営に関して意見を述べる人員のことで、学校教育法施行規則第49条に『 当該小学校の職員以外の者で教育に関する理解及び識見を有するもののうちから、校長の推薦により、当該小学校の設置者が委嘱する』と定められています。

門真市では5人まで委嘱することができるので、砂子小学校では、PTA会長様、自治会長様、民生委員・児童委員様、四中校区地域学校協働本部コーディネーター様と日本体育協会公認のスポーツドクターでもある大学の先生にもお願いしています。

今後は、地域の人々と目標やビジョンを共有し、評議員の方々をはじめ、地域と一体となって子どもたちを育む『地域とともにある学校』となれるよう力を入れていきます。

 

 

 

6月7日(火曜日)

鉄人衣笠

タイトルを見て、何のこと?と思われたことだと思いますが、プロ野球の話です。

私は野球が大好きなのですが、特に子どもの頃はプロ野球選手にあこがれたものでした。中でも広島カープの衣笠祥雄(きぬがささちお)という選手が好きでした。

鉄人衣笠ともいわれ、対巨人戦で西本投手からデッドボールを受け、左の肩甲骨を骨折する重傷を負い、全治2週間と診断が下され、1122試合で連続試合出場記録がストップしてしまう危機が訪れたのですが、翌日の試合で代打として姿を見せたのです。そして、巨人のエース江川投手の速球にフルスイングで挑んで三球三振という記録を残しました。試合後のインタビューにしびれました。

「1球目はファンのために、2球目は自分のために、3球目は西本君のためにスイングしました」

そんな衣笠選手が、1986年の6月7日に日本プロ野球史上初の2,000試合連続出場を達成しました。

1年間に135試合の時代でしたが、2,000試合も連続で出場するのに何年かかったのか計算してみてください。

鉄人衣笠に脱帽です。

 

 

 

6月6日(月曜日)

PTAからのお知らせ 2022玄関ロビーかざり Vol2

今年の飾りつけの第2弾『たなばた』のお知らせをPTA役員の方々が行ってくださいました。今も下準備でいろいろとご尽力してくださっているところです。

みんなの願いがあふれる空間になることでしょう。

今から楽しみです。

くわしくは、ホームページ『お知らせ』のコーナーをご覧ください。

 

戦争はアカン 絶対にアカン

今からちょうど80年前の今日、アメリカ海軍と日本海軍の間でミッドウェー海戦という洋上での戦いが行われました。

前年の12月8日に始まった日本とアメリカが戦った太平洋戦争では、初めは日本が優勢でした。このミッドウェー海戦でも日本海軍の方が有利だったにもかかわらず完敗しました。

この海戦を境に日本は不利になっていき、3年後の1945年8月に敗戦となります。

私が学生の頃は戦争を経験した人がたくさんいましたが、このミッドウェー海戦に参加した元パイロットの話を聞いたことがあります。

『仲間が乗ったまま船が沈んでいく悲惨な光景は何十年たっても忘れられない、戦争はアカン、絶対にアカン!』と言っていたことを私も忘れられません。 

*本日、お子様をとおして『すなごだより第14号』と『学校生活におけるマスクの着用について』(門真市教育委員会)をお子様をとおしてお配りします。ホームページをでもご覧になれます。

 

 

 

 

6月3日(金曜日)

学校統合に関する今後のスケジュール

門真市教育委員会から「新しい学校づくり通信第4号」が送られてきました。

 新しい学校づくり通信(令和4(2022)年6月 門真市教育委員会)(PDFファイル:898.8KB)

新しい学校づくり通信第4号中国語版(令和4(2022)年6月 門真市教育委員会)(PDFファイル:877.9KB)

来年度の夏休み中に脇田小学校が本校に来ること、プレハブ校舎を本校の運動場につくること、令和6(2024)年度(再来年度)からまずが本校と脇田とが統合した小学校ができ、その2年後に四中と統合し、新たな義務教育学校ができるというスケジュールが書かれています。

 

また、「スクールツクールニュースレター3号・4号」も送られてきました。

スクールツクールニュースレター第3号(令和4(2022)年6月 門真市教育委員会)(PDFファイル:1.5MB)

スクールツクールニュースレター第3号中国語版(令和4(2022)年6月 門真市教育委員会)(PDFファイル:1.4MB)

スクールツクールニュースレター第4号(令和4(2022)年6月 門真市教育委員会)(PDFファイル:1.8MB)

スクールツクールニュースレター第4号中国語版(令和4(2022)年6月 門真市教育委員会)(PDFファイル:1.5MB) 

これは、今までの地域や保護者・教職員が参加しているワークショップなどでの話し合いの経過を載せたものです。

本日は、学校統合に関する門真市教育委員会からのお手紙を3枚、お子様をとおしてお配りしますので、必ずご確認ください。

なお、くわしいことにつきましては、門真市教育委員会教育企画課(06-6902-5779)におたずねください。

 

雲仙普賢岳祈りの日

今から31年前の1991年(平成3年)6月3日午後4時8分に長崎県島原半島の雲仙・普賢岳で大火砕流が発生し、死者・行方不明者43人の犠牲者を出しました。

その頃、泉南郡田尻小学校で勤務していた私は、帰宅途中、新今宮の駅でこのことを知らせる号外を手にして、絶句した記憶があります。

今日の午後4時8分に長崎県島原市ではサイレンを鳴らされ、黙祷が行われます。

いつ襲ってくるかわからない自然災害、大阪では火山噴火の恐れはまずありませんが、台風や地震、雷、そして土地の低い門真では洪水など、恐ろしい災害はいつ降ってわいてくるのかわかりません。

1週間後の10日には、子どもたちと共に洪水が発生したことを想定して、校舎の4階などに避難する垂直避難訓練を行います。 

 

*本日、お子様をとおして『すなごだより第13号』をお配りします。ホームページ「学校通信『すなごだより』」でもご覧になれます。

 

 

 

6月2日(木曜日)

情報モラル

インターネットはこの20年あまりで急速に発展し、多くの人々が短時間で簡単にあらゆる情報にアクセスしやすくなりました。また、子どもたちを含め多くの人が、様々なアプリやSNSを活用して自由に発信できるようになりました。

メリットとしては、

・多くの情報に、誰でも簡単にアクセスでき、特に知りたい情報にアクセスしやすい

・これまで交流が難しかった様々な人々と出会うことができる

・誰でも自由に自分の考えや意見などを広く発信することができる

といったことがあげられます。これは良いことですね。

しかし、デメリットとして、

・ネット上で知り合った人と、実際に会うことで犯罪に巻き込まれる

・写真や動画を加工することで、フェイクニュースやデマなどのまちがった情報が発信されやすい

・自分が関心のあること以外の情報や自分とちがう意見が排除されるようになる

・誹謗中傷や過激な意見が広がりやすく、いじめが簡単に起こるうえに、加害者の特定がむずかしい

ということがあります。

特に気をつけなければならないのが、いったんインターネット上に流出した情報は発信者の思いとちがうかたちで急速に広がってしまい、大きな誤解や心の傷を受けてしまうことがあることです。

そして、いったん掲載された情報は、「デジタルタトゥー」といわれるほど、完全に消すことが難しいのです。

たいせつなことは、利便性と危険性は表裏一体であることを理解した上で活用することです。特に発信するときには、以下の点に気をつけることが大事だと言われます。

・あなたの言葉で傷つく人はいませんか?

・自分や友だちの写真、情報を載せていませんか?

・同じ言葉を相手に直接言えますか?

・知り合いの連絡先を無断で書き込んでいませんか?

・投稿が半永久的に残っても大丈夫ですか?

・送信する相手は信頼できますか?

・うそやうわさを書き込んでいませんか?

・情報の発信源は信頼できますか?

・匿名(とくめい)だから大丈夫と思っていませんか?

・インターネットの情報をうのみにしていませんか?

・発信されたときの影響について想像しましたか?

・同じ情報を書籍や新聞で調べてみましたか?

ある専門家の方に4年生(10歳)頃からスマホを持つ子どもが増えると聞きました。

したがって、来週の土曜参観では4・5・6年生の子どもたち向けにネットモラルの専門家を招いて、授業をしていただく予定です。もちろん、保護者の方々も参観できます。

 

 

 

6月1日(水曜日)

水の月

今日から6月です。6月は梅雨時で雨が多いにもかかわらず、水無月といわれます。

これには諸説ありますが、水無月の「無」は「の」を意味する助詞の「な」であり「水の月」を意味するという説が有力です。

また、祝日が存在しない月でもありますが、本校の創立記念日は20日なので、20日の月曜日は休みとなります。

さて、水無月、水の月

水にかかわることわざに

水は方円の器にしたがう

というものがあります。

水は四角形であろうと、丸い形であろうと、その入れ物の形にしたがうということで、辞書には人は環境によって悪くもなれば良くもなるたとえと書かれています。

ただ、私は地球を生き物あふれる環境にした『水』というものは、柔軟な物の典型として、その形にしたがって形を変えて寄り添う、つまり、心の柔らかさを表す言葉だと思っています。

水の月こそ、柔らかでしなやかな心を持ちたいと思います。

 

門真市教育委員会からのお知らせ

5月20日に米飯給食を出せなかったことについて、門真市教育委員会が米の業者をかえたこと、そこの視察をしたこと、JA北河内の米について専門機関が細菌検査なども大丈夫だったといったことを書いた保護者の皆様向けのお手紙が門真市教育委員会から送られてきましたので、本日、お子様をとおしてお配りします。

学校給食で提供する米飯に関する対応について(令和4(2022)年6月1日 門真市教育委員会)(PDFファイル:165.3KB)

*本日、『ほけんだより 歯科検診号』をお子様をとおしてお配りします。ホームーページ「お知らせ」のコーナーでもご覧になれます。

 

 

 

5月31日(火曜日)

会津藩の訓え(おしえ)

私は歴史が好きです。

特に近頃は江戸時代の社会の仕組みについて興味があり、退職したら、日本中をまわって、江戸時代の建物や資料など、様々なものを見たいと思っています。

そんな中、まず行ってみたいのが、福島県は会津(あいづ)です。

江戸時代は会津藩があり、そこでは武士の子どもたちを厳しく正しく育てるための熱心に教育を行なっていました。

その中で、すごいなと思ったのが、

「ならぬものは ならぬものです」

という教えです。

つまり、誰かに言われたから、善悪の判断や行為を行うのではなく、自己に厳しい気持ち、「ダメなものはダメ」を自分自身の心の中に植え付けていくこと)が大切だということなのです。

大人になっても、人間は完全ではありません。ましてや子どもはまだまだ未熟です。

だからこそ、どんな状況にあっても、正しい行為を「自分の心の命令」でできるように、自分自身を訓練していくことが、「そうしている自分、そういうことが自然にできる自分が好きで誇らしい」という高い自信や誇りをもてる人間を育てることになると思います。

 

*6月日程の変更について 昨日『すなごだより第12号』で避難訓練を3日に行うとお伝えしましたが、10日に延期いたしますので、お知りおきください。

*明日から6月です。6月の給食日めくりカレンダーを下に載せますので、ご覧ください。

給食日めくりカレンダー 6月(PDFファイル:3.3MB)

 

 

 

5月30日(月曜日)

しんゆう

しんゆう

というと、ふつうは『親友』が思い浮かびます。つまり、親しい(したしい)友です。

しかし、それ以外に、もう一つのしんゆう、『心友』という存在があると思っています。自分のことを

『心から心配してくれる友』

『一緒にいて安心できる友』

子どもだけではなく、大人にとっても、自分のことをわかってくれる、“心の友”は必要です。

そんな存在はたくさんいなくても良いのです。一人いればいい。

私に40年来の心友が一人だけいますが、離れてはいても、話をするだけで心が楽になる存在です。

 

*本日、お子様をとおして『6月のほけんだより』をお配りします。ホームページ『お知らせ』のコーナーでもご覧になれます。

*本日、お子様をとおして『すなごだより第12号』をお配りします。6月から後の主な学校行事予定をのせています。ホームページ「学校通信『すなごだより』」のコーナーでもご覧なれます。

 

 

 

5月27日(金曜日)

レジリエンス

バネを押すと縮まりますが、離すとピョンとはねて元に戻りますね。しなやかなバネは縮んでも回復します。こうした動きをレジリエンスといいます。

人間の心も同じで、たとえ縮んでしまうことがあっても、しなやかに回復する力をつけていくことが、変化が激しく先の読めない社会では大切なことだと思っています。

とは言え、かなり長く生きてきた私だって落ち込むこと、傷つくことも少なくありませんが、

『あの時、君も辛いよなぁという言葉に泣いたなぁ』

『あの時、君のこと見てるよという言葉で前を向けたなぁ』

『あの時、こうやって乗り越えたなあ』

『あの時、同僚に救われたなぁ』

と、(実は私は子どもの時、あまりほめられた人間ではなかったのですが…その頃から今に至るまでの様々な経験を振り返りながら)自分自身で起き上がって行くように心がけています。

人がレジリエンスを身につけていくためには、

考え方を多様にする

気持ちの切り替えをする

自分にも人にも優しくなる

まわりの人と協力関係をつくる

自分の良いところを自分で認識する

そして、なにより

チャレンジを続けることが大切だと言われています。

目には見えなくても、まわりのあたたかい応援や自分の良さを自分自身が知ること、そして、小さなことにでもにチャレンジするといったことの積み重ねが自分自身でレジリエンスを心の中に育てることになるのだと思います。

 

日本海海戦

117年前の1905年5月27日、対馬沖で日本海軍連合艦隊とロシア海軍バルチック艦隊との間で海戦が行われました。

これを「日本海海戦」といいます。

結果は東郷平八郎司令長官が率いる日本海軍連合艦隊の圧勝でした。

このことは6年生で学習しますが、学習指導要領解説書にはこのように書かれています。

〜日露戦争において東郷平八郎が活躍したこと、(中略)そして、我が国が厳しい国際社会の環境に置かれた状況において、これらの戦争に勝利を収め、講和条約を結ぶことによって、国の安全を確保することができたことなどが分かることである。その際、これらの戦争では、戦場となった朝鮮半島及び中国において大きな損害を与えたことに触れることが大切である。〜

 

 

 

5月26日(木曜日)

新型コロナウイルスについて

昨日の大阪府の新型コロナウイルス陽性者数は3,561人でした。依然として減らず、緊急事態宣言中だった昨年の今頃よりずっと多い状況は変わりません…

感染症という法律では新型インフルエンザ等感染症に分類され、一類と二類の間のような重い感染症に位置付けられています(ちなみにコレラやO157などは三類)から、かかると隔離、濃厚接触者も隔離という状況は続きます。

そのような重い感染症ですが、運用はどんどんゆるめられており、いろいろなことが現場の判断でということになっています。そのような中、学校としてもなかなか年間をとおした計画を立てられないのが苦しいところですが、大阪府内では新型コロナウイルスのグリーンステージ(緑信号)となりましたので、今後の長期間にわたる日程について、近々にお知らせできると思います。

しかし、まだまだ、計画の中止や延期、逆に急な実施があるかもしれません。

学校は法律にもとづいて運営しなければならず、感染症法で、重い感染症に分類されている新型コロナウイルスへの対応については、文字通り四苦八苦していますが、柔軟に対応できるよう努めていきます。

門真市ホームページにある情報を提供します。(以下のURL)

・陽性者や自宅療養者へのお知らせ

https://www.city.kadoma.osaka.jp/kinkyu_2/17895.html

・濃厚接触者の経過観察や事業所の対応方法

https://www.city.kadoma.osaka.jp/kinkyu_2/18032.html

・感染が疑われるときの相談窓口

https://www.city.kadoma.osaka.jp/kinkyu_2/11325.html

 

 

 

5月25日(水曜日)

ロバート・キャパ

私の尊敬する人物の一人にロバート・キャパという写真家がいます。

戦場をかけめぐる戦場フォトグラファーでしたが、今から80年以上前のスペイン内戦で撮った写真『崩れ落ちる兵士』と言われる写真はあまりにも有名です。

その後も戦場を駆けめぐり、戦争の真実をリアルな写真で世界中に伝え続けましたが、68年前の今日5月25日にインドシナ半島で地雷を踏んで亡くなりました。41歳の若さでした。

彼はこんな言葉を残しています。

〜戦場カメラマンの一番の願いは、失業することなんだ〜

深い言葉だと思いますが、今もウクライナをはじめ世界の各地で戦争が続いています。まだまだ彼の願いはかなっていません…。

暴力で物事を解決しようとすると、誰も幸せにはなれない

ということを子どもたちに伝えていきます。

 

グリーンステージ

大阪府の新型コロナウイルスに関するステージは23日にようやくグリーンステージとなりました。今後の学校行事等の計画も立てやすくなってきました。

当面の学校行事予定等について、後日、保護者の皆様にお知らせしてまいります。

 

 

 

5月24日(火曜日)

学校給食で提供する米飯に関する対応について

門真市教育員会から「学校給食で提供する米飯に関する対応について」というお手紙が来ましたので、お子様をとおしてお配りします。下をクリックしてもご覧になれます。

学校給食で提供する米飯に関する対応について(令和4(2022)年5月24日 門真市教育委員会)(PDFファイル:138.3KB)

 

ボブ・ディラン

ボブ・ディランという人をご存じでしょうか?

今から6年前にミュージシャンとして初めてノーベル文学賞を受賞したアメリカのシンガーソングライターです。

今日が誕生日で81歳になられますが、「ネヴァー・エンディング・ツアー」と呼ばれる年間100公演ほどのライブ活動を中心にして活躍しておられます。

彼は、ノーベル賞の受賞記念講演で、冒頭こう言っています。

「この度のノーベル文学賞の受賞にあたり、自分の歌が一体どう文学と結びつくのか不思議でならなかった」

その後、影響を受けたミュージシャンのことについて触れ、さらに『白鯨』という小説の中の登場人物が語る

「目に見える物は全て薄っぺらい仮面でしかない」

という言葉を紹介し、引用したくなるほど詩的なフレーズであり、これを超えるものはないと言っています。

また、講演の最後の言葉が深いなぁと思ったのですが、こんな言葉です。

「われわれの歌は生きている人たちの世界でこそ生きるものなのだ。でも、歌は文学とはちがう。歌は歌われるべきものであり、読むものではない」

 

 

 

5月23日(月曜日)

今後の学校給食における対応について

先日の米飯提供中止を受けて、教育委員会から「今後の学校給食における対応」について、保護者の皆様宛のお手紙が届きましたので、本日、お子様をとおしてお配りします。下をクリックしていただければご覧になれます。

今後の学校給食における対応について(令和4(2022)年5月23日 門真市教育委員会)(PDFファイル:103.8KB)

 

公害白書

今から53年前の1969年(昭和44年)の5月23日に日本政府が初の『公害白書』を発表しました。

当時、私は小学生でしたが、公害のすさまじさは覚えています。光化学スモッグのため体育や水泳が中止になったり、運動場に出て遊べなかったりしました。

門真市内を流れる古川もとても汚かったのです。ほんの10年前までは泳げたなどと大人は言っていましたが…。

子ども向け映画で、『ゴジラ対公害怪獣ヘドラ』というものまでありました。当時は、百人一首にも出てくる風光明媚だった静岡の田子ノ浦がヘドロの海となってしまっており、そこで生まれたのがヘドラなのです。

その後、日本は血の滲むような努力をして公害を出さない社会をつくったと思います。今、大阪湾の南部などは水がきれいすぎて魚がとれなくなったというくらいです。

とは言え、世界中では、地球温暖化、マイクロプラスチック、PM2.5、森林破壊の問題など、環境問題は山積しています。こうした問題も未来をつくる子どもたちとともに考えていかねばなりません。

*先週の金曜日には急遽、米飯提供を中止しなくてはならない状況になり、ご心配をおかけしました。門真市のホームページに下のように掲載されています。ご承知おきください。

https://www.city.kadoma.osaka.jp/soshiki/kyoiku/3/hokenkyushoku/kosodate/gakko_kyoiku/3/14005.html

お問い合わせ先

門真市教育委員会 教育総務課 保健給食グループ

電話:06-6902-6413

 

 

 

 

5月20日(金曜日)

ローマ字

国が定める学習指導要領では、3年生で日常使われている簡単な単語について、ローマ字で表記されたものを読んだり、ローマ字で書いたりする学習をすることになっています。

かつては4年生で習っていましたが、ローマ字表記が添えられた案内板やパンフレットを見たり、コンピュータを使う機会が増えたりするなど、ローマ字は今の子どもたちの生活に身近なものになっているので、2年前から3年生で学ぶことになりました。

さて、今日はローマ字の日だそうです。ちょうど100年前の今日、5月20日に日本ローマ字会が設立されたことを記念してのことだそうです。

多様な社会で生きていくために、ローマ字の読み書きが早いうちにできることは大切なことだと思います。ご家庭でも、ローマ字に触れる機会を増やす工夫をしていだだければと思います。

 

 

 

5月19日(木曜日)

ハレー彗星(すいせい)

ハレー彗星をご存じでしょうか?76年に一度、地球に近づいてくる彗星です。

前回は1986年でした。私が教師になった年で、子どもたちに話した覚えがありますが、あまり見えませんでした。

その前が、1910年でしたが、世界中がパニックになったそうです。なぜなら、1910年の今日5月19日にハレー彗星の尾の外側の部分を地球が通過したからです。

その瞬間は空気が無くなるというデマが飛び、ガスマスクを買う人や、ガスの影響を回避する錠剤や傘といった偽商品を買う人が相次いだそうです。また、ビンや自転車のゴムチューブに空気を詰め、ハレー彗星が通過する時にその中の空気を吸ってなんとか生き延びようとした人もいたそうです。

いつの時代も、人間はパニックになると、後で考えたら「えっ?」と思うような行動をしてしまうものなのですね。

情報化進んだ、今はなおさら、その情報が正しいのかどうか、じっくり見きわめることが大切なのだと強く思います。

 

 

5月18日(水曜日)

元気になる薬

学校には、私自身が元気になる様々な"くすり"があります。くすりと言っても、飲み薬ではありません。いくつか紹介します。

まずは、子どもたちの元気な挨拶です。朝、校門に立っているときに「おはようございます!」という子どもたちの元気な声が、私に元気を与えてくれます。

それから、保護者の皆さんや地域の皆さんからの励ましです。遠くから手を振ってくださる方、「毎日、お疲れ様です。」と声をかけてくださる方、やる気と勇気が湧いてきます。ありがとうございます。

そして、子どもたちが教室で、運動場で、体育館で、音楽室や理科室などなど様々な場所で、明るい顔で頑張っている姿にも微笑が浮かびます。一生懸命考える姿、緊張しながらみんなの前で発表する姿、実験に集中する姿や楽しそうに歌っている姿などなど。

そして、何より砂子小学校の子どもたちのことを夢中になって話す教職員の姿。クラスの児童について、こんなことができるようになったと喜んだり、どうすればもっといい授業ができるんだろうと悩んだりする姿に、私も一緒に喜んだり、考えたり…。

私にとって、元気になる薬が学校のあちらこちらにあります。

*ほけんだより「眼科健診のお知らせ」を本日、お子様をとしてお配りします。ホームーページ「お知らせ」のコーナーでもご覧になれます。

 

 

5月17日(火曜日)

ラニーニャ現象

気象庁は12日、現在のラニーニャ現象はこの春で終息せず、夏まで続く可能性が高くなったとの見通しを示しました。

ラニーニャ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米ペルー沖にかけての海面水温が基準値より低く、一方で太平洋赤道域の西部で高くなる現象のことで、これが夏まで続くと酷暑になると言われます。

ただ、昨年のうちに門真市教育委員会がエアコンを新しくしたので、教室内は涼しく過ごせます。しかし、校舎外や登下校中の熱中症に気をつけなければなりません。

また、水分補給も大切です。なのに、水筒を忘れて来る子どもも少なくありません。これからの時期、必ず水筒を持たせてください。お願いします。

 

 

5月16日(月曜日)

大人になったら

私は教職について今年でちょうど36年になります。

1986年(昭和61年)の寅年に教師になり、今年、3回目の寅年を迎えました。本当に月日の経つのは早いと思います。

昨日のことですが、これまでの教師生活の資料などを見ていたら、33年前に初めて卒業させた小学校6年生の子どもたちの文集に目がとまりました。

早速見てみると、将来になりたい仕事について書いていました。野球選手、先生、パイロット、八百屋、医者、寿司屋などなど。

この卒業生たちとは、数年前の同窓会で会ったのですが、驚くことに先生と書いた子どもは先生に、寿司屋と書いた子どもは寿司屋に、八百屋と書いた子どもはいくつか店を大型スーパーに出店する八百屋になっていました。子どものときの夢を実現していることにすごいなと思うとともに、生き生きと仕事の話をする働き盛りの教え子たちの姿を見て、幸せなひと時を過ごしました。

そんなことを思い出しながら、古い文集を見ていました。教師冥利につきるなあと感じながら。

*本日、お子様をとおして「ほけんだより」をお配りします。検尿について書いていますので、よくお読みいただきますようお願い申し上げます。ホームページ「お知らせ」のコーナーにも掲載しています。

 

 

5月13日(金曜日)

土曜参観をおこないます 6月11日(土曜日)の2・3時間目

今日、土曜参観のご案内をお子様をとおしてお配りします(ホームページ「お知らせ」のコーナーにも載せています)

新型コロナウイルスが流行する前は6月に休日参観を行っていましたが、過去2年間は行えませんでした。しかし、新型コロナウイルスのステージがレッドからイエローに下がっている、この時期に実施したいと思います。

6月11日(土曜日)はいつも通りに登校させてください。

その日は給食は無しの午前中授業とします。6月13日(月曜日)はお休みとなります。

参観いただけるのは、2時間目と3時間目としますが、校内の密を避けるために、各ご家庭2名以内といたしますので、ご協力をお願い申し上げます。小さなお子様など、おうちで留守番できないこともあるでしょうから、そのような場合は、配慮いたします。

また、すでにお渡ししている保護者用の名札をお一人は着用してください。

大阪府が新型コロナウイルスのグリーンステージだった昨年の11月以来の参観です。急な設定で申し訳ないのですが、来月はやれるタイミングだと考え、実施することにしました何とぞ、ご理解いただきますようお願い申し上げます。ご来校をお待ちしております。

 

迷信

今日は13日の金曜日、英語圏やドイツ・フランスなどでは不吉な日とされているようです。

これは、キリストの最後の晩餐(ばんさん)に13人の人がいたことから、13は不吉な数とされたようです。また、キリストがゴルゴタの丘で磔刑になったのが金曜日だったとされているので、13日の金曜日は不吉と言われるようになったという説もあります。

「13日の金曜日」という映画もありましたので、日本でもそんな思いを持っている人が少なくないかもしれませんね。

ところで、13日の金曜日は危険なのか、それとも安全なのか…。欧米で交通事故や医療事故などを題材に、調査や研究が行われているそうですが、特に安全でも危険でもないという報告があるそうです。

しかし、この迷信を信じる人にとっては、もし、13日の金曜日に起こった不幸な事件に敏感になり、より鮮明に記憶するでしょう。

人間の心理というものは合理的なものではないというか、だからこそ、人間らしいのかもしれません。しかし、一方では迷信によって不安にかられることも避けなければならないでしょう。

21世紀の今日でも、様々な迷信に私たちはしばられているような気もします。

 

*「すなごだより第11号」をお子様をとおして本日お配りします。ホームページ「学校通信『すなごだより第11号』」のコーナーでもご覧になれます。

 

 

5月12日(木曜日)

ちがっていたら、ダメなの?

SNS(ソーシャル ネットワーキング サービス インターネット上のコミュニティサイト)が発達して、誰もが子どもの頃から使うようになっています。非常に便利なものですが、その匿名性を利用して、自分とちがっている人や考えのちがった人たちを非難するような風潮(ふうちょう)ができてしまったように感じるのは私だけでしょうか。

いわゆる同調圧力というものですが、日本人は特に同調圧力に弱く、人と同じであることが正義であり、ちがうことはダメなこととされる傾向にあると思います。

だからこそ、

人と違った意見を堂々と言える

人とは違ったところが特長として認められる

という雰囲気の集団をつくらなければなりません。

そのためには、子どもたちに向かってあなたはあなたのままでいいんだよ。

こう言ってくれる人が身近にいることが大きいと思います。こういった心理的な安定が本来持っている人の力を解き放ち、より良く育っていき、良い社会をつくる一員となるために必要な要素だと信じます。

*本日、お子様をとおして「学校通信『すなごだより第10号』」をお配りします。ホームページ「学校通信『すなごだより』」でもご覧になれます。

 

 

5月11日(水曜日)

出番・役割・承認・賞賛

本校では、この4つのキーワードを大事にしていきたいと考えています。

一人ひとりの子どもたちに出番があり、役割がある。そして、そのことがまわりから承認され、そして、賞賛される。つまり、認められて褒められる、感謝される。

このような活動を学級活動や委員会活動、クラブ活動などの特別活動をはじめ授業の中でも取り入れていくことが大切だと思っています。今日はさっそくクラブ活動があり、来週の水曜日には委員会活動もありますが、昨日の校長雑記に書いたような自己肯定感や自己有用感を育てていきたいと考えています。

ご家庭でも、お子様の出番があり、役割が果たされ、そして、認められて感謝されるような機会をたくさん作っていただければと思います。よろしくお願いします。

 

 

5月10日(火曜日)

4つの実践項目(じっせんこうもく)

本校では、4つの実践項目というものを掲げて取組を進めています。

1. あいさつ

対等で良好な人間関係をつくるために!

2.学ぶに向かう意欲の向上

自ら学ぶ喜びを子どもたち一人ひとりに!

3.日々の観察

子どもの悩みを的確に知り、すぐに応えるために!

4.まるごと認める

自己肯定感・自己有用感を育成するために!

特に、4.の自己肯定感つまり、自分を自分で認める気持ちや、自己有用感つまり、自分が何かの役に立っているという気持ちを育てることにより、自分自身の力を信じて伸びて行こうとする子どもを育てていきたいと考えています。

ゴールデンウィークも終わり、これから1学期の学習も本格的になります。4つの実践項目を全教職員で大切にしながら子どもたちと向き合っていきます。

 

*大阪府が新型コロナウイルスに関してレッドステージからイエローステージにかわっていることをふまえ、門真市教育委員会から「小学校、中学校における教育活動について(第21版)」が届きました。本日、お子様をとおしてお配りします。これにともない、プールの授業や土曜参観なども検討していきたいと考えています。教職員でどのように実施すれば安全・安心でやれるのかを考え、後日、お知らせします。

小学校、中学校における教育活動について(令和4(2022)年5月10日 門真市教育委員会)(PDFファイル:234.5KB)

同上 やさしい日本語版(PDFファイル:149.5KB)

 

 

5月9日(月曜日)

あきらめず 投げず あせらず

森光子さんという俳優がいました。1920年(大正9年)の5月9日生まれで、今からちょうど10年前に92歳で亡くなられましたが、私が子どもの頃は『時間ですよ』という銭湯を舞台にしたドラマで包容力あるおかみさんを演じていました。

また、舞台『放浪記』の主役に抜擢され、45年間で通算で2017回を数える驚異的な公演回数を記録するだけでなく、87歳まで劇中で『でんぐり返り』をしていたことも驚きでした。

この森光子さんが、あるインタビューでこのように答えています。

〜誰でも、長い積み重ねの中から未来への道が開けてきます。かんたんにあきらめず、投げず、焦らず、そして人への感謝を忘れなければ、きっとバラ色の未来が開けるはずでございます。〜

あきらめない勇気という言葉が、砂子小学校の校歌にもあるのですが、大切にしたいことだと思います。

 

 

 

5月6日(金曜日)

今年の創立記日(6月20日)について

砂子小学校の創立記念日は、6月20日です。

一昨年は土曜日、昨年は日曜日でしたが、今年は月曜日となります。

したがいまして、今年の6月20日(月曜日)は、砂子小学校の創立を祝って、休日となります。

保護者の皆様方には、あらかじめご承知おきくださいますようお願い申し上げます。

 

 

 

5月2日(月曜日)

生活リズムをくずさないで!

連休のはざまの月曜日です。子どもたちも少し体が重いのではないでしょうか。それでも、元気に登校してくれるのを待っています。

今日来たらまた3日間の休み、そして6日(金曜日)に来たら、また土日の休み…子どもたちも体が慣れないことでしょうが、休み中もできる限り生活のリズムを整え、元気に登校できるようご協力をお願いします。

来週の月曜日からはゴールデンウィークも終わり、7月20日の(水曜日)の終業式まで2ヶ月以上にわたって1学期は続いていきます。暑くもなってきます。

くり返しになりますが、どうかご家庭でもお子様が、このゴールデンウィークでのリズムある生活習慣をくずしてしまうことのないよう気をつけてあげてください。お願い申し上げます。

 

 

4月28日(木曜日)

委員長選挙について 児童会改革

今年度から児童会・委員会活動の形を大きく変え、その目的を

1.児童の自主活動を活発にし、全児童のつながりをつくり、学校生活を楽しく豊かなものにする

2.学校生活上の問題について、児童自身が主体的に取り組めるようする。

としました。

さらに、美化・図書・体育・保健・給食・放送の各委員長は立候補制として、民主主義の根幹である選挙で選ぶこととしました。

その選挙が本日、行われます。

委員長に6年生の児童14名が立候補してくれました。また、応援演説者も14人が名乗り出て、今月25日から昨日までは給食時にオンラインで選挙活動・応援演説が行われました。

今日の選挙では、当選する人、残念ながら当選できなかった人も出てきますが、立候補したことにとても価値があると思うので、立候補者を校長名で表彰したいとも考えています。

選挙は午後2時からですので、その様子はすなご日記に掲載します。

*本日、お子様をとおして「すなごだより第9号」をお配りしました。ホームページ「学校通信『すなごだより』」でもご覧になれます。

*本日、お子様をとおして「5月のほけんだより」をお配りしました。ホームページ「お知らせ」のコーナーでもご覧になれます。

*本日、「お知らせ」のコーナーに「5月給食カレンダー」を載せました。

 

 

 

4月27日(水曜日)

ともだちのうた

先日、2年生の教室に行き、音楽の時間に「ともだちのうた」という歌をみんなに教えました。

ともだちはだいじやで ほんまに ほんまに だいじやで

ぜったいなくしたら あかんのやで ともだちは だいじやで(以下略)

という歌詞です。

みんな、あっという間に覚えて、声を合わせて歌ってくれました。

みんな、ともだちをだいじにしてくださいね!

 

 

 

4月26日(火曜日)

門真市学力到達度調査 3・4年生

先週は、5・6年生で全国学力調査や大阪府のすくすくウォッチがありましたが、今日は3・4年生で門真市教育委員会が実施する学力到達度調査があります。

テストに加えて、アンケートも行われ、テスト結果とアンケート回答の相関関係などが分かります。

子どもたちが高学年になるまでに、自分の課題をきちんと見つけて、学力を身につけられること、先生たちが結果を見て、授業などの改善を図ることを目的として行います。

 

 

4月25日(月曜日)

まだまだ続く…

昨日の大阪府の陽性者数は2,733人でした。高止まりの状況が続いています。

ちょうど1年前の4月25日に緊急事態宣言が発令されましたが、その日の府内陽性者数は1,050人でした。

これは、今の半分以下です。

首相は新型コロナウイルスを感染症法の五類相当にする段階ではないと言っており、まだまだ、感染したり、濃厚接触者になったりしたら隔離という状況は続きそうです。

いまだに、陽性者が多いための保健所も手一杯で、陽性になった方や自宅療養になった方も、自分自身で情報を得て、対応しなければならない状況です。

そこで、門真市ホームページにある情報を提供します。(以下のURL)

・陽性者や自宅療養者へのお知らせ
https://www.city.kadoma.osaka.jp/kinkyu_2/17895.html

・濃厚接触者の経過観察や事業所の対応方法
https://www.city.kadoma.osaka.jp/kinkyu_2/18032.html

・感染が疑われるときの相談窓口
https://www.city.kadoma.osaka.jp/kinkyu_2/11325.html

 

 

4月22日(金曜日)

聞く力

人の話を聞くということは大事なことです。私自身できているかと言われれば??なので、こんなことを書くのもためらわれるのですが、あえて書きます。

今日の「すなご日記」のコーナーで、2年生の様子を紹介しています。聞き方名人になろうという授業の光景です。

話す相手を見る、最後まで聞くという大切なことを子どもたちに担任の先生が伝えています。

相手の話を聞くということは、つまり、相手を気づかって、貴重な自分の時間を相手にあげるということだと、ある人に聞いたことがあります。ここから、思いやりや優しさが生まれてきます。

さらに人の話を聞くことで、自分の考えが変わったり、深まったりします。良い人間関係もできるようになります。

人の話を聞くということは、自分自身の世界を広げ、人生そのものを豊かにすることにもつながるでしょう。2年生だけでなく、全学年で、そして私をはじめとして全教職員が聞く力を身につけていけるよう取り組んでいきます。

 

*本日、「としょだより 本はともだち」をお子様をとおしてお配りします。ホームページ「お知らせ」のコーナーでもご覧になれます。この4月に新たに着任した学校図書館司書が砂子の子どもたちにいっそう本を好きになってもらおうという気持ちで書いた手書きのお便りです。

 

*本日、『すなごだより第8号』をお子様をとおしてお配りします。ホームページでもご覧になれます。

 

*私の前の前の校長を務めておられた若松先生からのお知らせです。来月、5月12日(木曜日)は宿題カフェで「子どもの日のイベント」をするのでたくさん来てくださいとのことです。7 月は夏祭り、10月にはハロウィン、12月にはクリスマス会といろいろなイベントもあるそうです。なお、次回の宿題カフェ4月28日です。ちらしは「お知らせ」のコーナーでご覧になれます。

 

4月21日(木曜日)

キャリア教育 ~保護者の方々も先生です~

本校ではキャリア教育を大切にします。

本校の考えるキャリア教育とは「将来の自立に向けて自分の生き方を見つける子ども」を育てることを目的として、自分に自信を持ち、仲間と協働しながら、共に学び、「なりたい自分」になれるような態度や知識・技能を育てる教育活動のことです。

具体的には、特別活動や総合学習、道徳や教科の学習をとおして、一人ひとりに「出番」や「役割」があり、それが周囲から「認められ」、「賞賛」されるような活動、異年齢での活動や様々な人との出会いの場をつくり「あんな人になりたい 生き方をしたい」と考えることができる活動などを行います。

そんな中、PTAの方々が飾り付けなどをはじめ、子どもたちを明るくさせ、和やかにさせる取組をしている姿、集団登校時などに保護者の方々やキッドサポーターなど地域の方が子どもたちを見守り、大切に親切にしてくれる姿を見て、子どもたちは優しさや協力することの大切さ、思いやりなどを自然に身につけることになるのです。

つまり、こうした保護者の方々や地域の方々の行動も「キャリア教育」の大きな要素になっています。

教職員はもちろんのこと、保護者・地域の「良き大人」が「良き行い」を子どもたちに示すことが何より大切なことだと思っています。

そういう意味でも保護者の皆様方は先生であり、私たちの同志です。

 

 

4月20日(水曜日)

テストの意味って

昨日は6年生で「全国学力・学習状況調査(全国学テ)」が行われました。今日は大阪府のテストである「すくすくウオッチ」が5・6年生で行われます。来週は3・4年生で「門真市学力到達度調査」が行われます。そして、いずれもテストだけでなくアンケートが行われます。

こうしたテストは自分で自分の力を知るための観測データです。データをもとにより良くなっていこうとする姿勢や力が大切なのです。そうした態度を子どもたちに育てていきます。

また、アンケートの回答状況と学力状況の相関を分析し、小学校から中学校へ進学し、夢や目標を持ちづらくなったり、授業がわかりづらくなったり...といった子どもたちの今にどう寄り添い、学校はどのように改善していくのかということを私たち学校関係者が考える材料にします。

保護者の皆様方にはこうしたテストの意味をご理解いただき、テストの「結果」ではなく、「過程」をほめてください。「がんばったこと」や「集中したこと」「かけた時間」などを認めてください。

 

 

4月19日(火曜日)

地区児童会

来週の水曜日(4月27日)の午後1時40分から午後2時まで、地区児童会を行います。その後、午後2時10分から集団下校を行いますので、ご承知おきください。

 

新型コロナウイルスについて

1月に始まった第6波からすでに3ヶ月が経ち、まん延防止等重点措置が解除されたにもかかわらず、3大都市圏以外の地方では過去最多を記録する県があったり、大阪府や門真市においても高止まりの状態です。

また従来のオミクロン株より感染力が12.6%も高いXE株が国内でも発見されたとのことで、

まだまだコロナ禍は続きそうです…。

学校でもできる限りの対策は行います。

ご家庭でも、手洗いの徹底をはじめ、感染防止にご協力をお願いします。また、PCR検査などを受けることになれば、学校にもお知らせください。万一、陽性になった場合に濃厚接触者の確定が早くなります。

重ねてご協力をお願いします。

 

 

4月18日(月曜日)

人口減少

総務省が15日に2021年10月1日時点の人口推計を発表しました。

それによると外国人を含む総人口は1億2550万2千人で、前年からの減少数が過去最大の64万4千人となったとのこと。

これで11年連続の減少で、減少幅も拡大しています。どうやら、新型コロナウイルスによる外国の方々の入国制限も影響しているようで、感染症の深刻さがここにもあらわれています。

さらに、都道府県別では東京都が26年ぶりにマイナスとなりました。東京都ですら人口が減る時代になったのでしょうか。

今後、今の社会を維持するにはどうすれば良いのか、もっと真剣にみんなが考えなければならないと思います。

少子化で、数少ないかけがえのない子どもたちを幸せな社会をつくるよき大人として育てていくため、教育の役割はますます重くなるとも思いました。

 

*本日、お子様をとおして「学校通信『すなごだより第7号』」をお配りします。ホームページ「学校通信『すなごだより』」のコーナーでもご覧になれます。

 

 

 

4月15日(金曜日)

自ら学び、考える子ども

今日は、本校のめざす子ども像のうち、『自ら学び、考える子ども』について書きます。

こうした子どもたちを育てるためには、「学びに向かう力、人間性」というものが大切だと思っています。

「学びに向かう力」とは、進んで自ら学習に取り組む態度や、よりよい生活や人間関係を進んでつくろうとする態度、そして、自分の感情や行動をコントロールする力のことです。

また、リーダーシップやチームワーク、感性、優しさや思いやりなどの「人間性」も人間らしく生きるための原動力です。

こうした態度や力が身につけば、自ら学び考えることができ、将来、社会や世界と関わり、よりよい人生を送ることができると信じています。

そのため、学校では、学習の目標や教材について理解し、計画を立て、見通しをもって学習し、結果だけではなく、考え方などを自分自身でふりかえりながら、学習の進め方を自分自身で調整していくことができるよう、指導していきます。

 

*本日、お子様をとおして「学校通信『すなごだより第6号』」をお配りしますので、ご覧ください。なお、始業式から今日まで、今週は学校の考え方をお伝えするため、毎日発行してきましたが、来週からは随時発行とさせていただきますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

 

4月14日(木曜日)

命を大切にする子ども

今日は、本校のめざす子ども像のうち『命を大切にする子ども』について書きます。

言うまでもなく、命はたった一つの「かけがえのない」ものです。

今地球にある命、私の命、あなたの命、すべての命は地球に生命が誕生してから一度も切れなかった奇跡の命なのです。切れていないから、今、ここにいるのです。

この間、滅んでしまうようなピンチは数多くあったはずです。けれども、それらをすべて乗り越えた命が今を生きている命なのです。

生きていること、ただそれだけで奇跡なのかもしれません。

命を大切にすることは、大げさかもしれませんが、人類の責務だと思います。生きとし生けるものの義務だと言ってよいかも知れません。

ここまでつないできた命のバトンを次につなげることも大切なことです。

そんな命の奇跡や尊さを子どもたちに伝え、「かけがえのない命」を大切に大切にする子どもを育てます。

 

*本日、お子様をとおして『すなごだより第5号』をお配りします。ホームページ「学校通信『すなごだより』」のコーナーでもご覧になれます。

 

 

4月13日(水曜日)

ちがいを大切にする子ども

昨日の校長雑記には、学校教育目標とめざす子ども像について書きました。

今日はめざす子ども像の一つである『ちがいを大切にする子ども』について書きます。

顔や体の特徴、感じ方や考え方、そして得意、不得意…。これらは当然一人ひとりみんなちがいます。

ちがうからこそ、互いに助け合い、補い合い、そして、新しいアイデアを生み出すことができるのです。

私たちは、子どもの「ありのまま」を認め、一人ひとりのちがいが大切にされ、個性が尊重され、安心して生活できる教室にしていきます。

 

*本日、お子様をとおして「すなごだより第4号」をお配りします。ホームページ「学校通信『すなごだより』」のコーナーでもご覧になれます。

 

 

 

4月12日(火曜日)

令和4(2022)年度学校教育目標

今年度の目標を

人間尊重の精神をすべての教育活動の基本とし、将来の自立をめざして、自分の生き方を見つける子どもの育成をめざす

と決めました。

一人ひとりの子どもたちが人間として尊重され、将来に自分自身の足でしっかりと社会を生き抜き歩んで行くたくましい人間に育てたいという願いをもって、今年度の教育活動を創っていきます。

また、具体的には『めざす子ども像』として、

ちがいを大切にする子ども

命を大切にする子ども

自ら学び、考える子ども

を掲げています。それぞれの子ども像についての私たちの考え方については、明日以降の校長雑記に順に書かせていただきます。

 

*本日、お子様をとおして「学校通信『すなごだより第3号』」をお配りします。ホームページ「学校通信『すなごだより』」のコーナーでもご覧になれます。

*学校の統合に関する教育委員会からのお手紙「スクールツクール通信Vol.2」をホームページ「お知らせ」のコーナーに載せています。

*「4月のほけんだより」をホームページ「お知らせ」のコーナーに載せています。

 

 

 

4月11日(月曜日)

メートル法公布記念日

今から101年前の1921年(大正10年)4月11日に「メートル法」の採用を法制定した改正「度量衡法(どりょうこうほう)」が公布されました。

それまでの、長さの単位に「尺(しゃく)」、質量の単位に「貫(かん)」を基準とする「尺貫法(しゃっかんほう)」などとの併用から、長さの単位に「メートル」、質量の単位に「キログラム」を基準とする「メートル法」のみに一本化することとなったわけです。

しかし、けっこう反対があったようで、今のようにメートルを当たり前に使うようになったのは30年後だったようです。

なお、日本の学校教育内容の基準になっている学習指導要領では、2年生の算数で、長さについて単位と測定の意味を理解し、長さの測定ができるようにするため、ミリメートル(mm)・センチメートル(cm)・メートル(m)について習います。

*本日、お子様をとおして、『すなごだより第2号』をお配りします。ホームページ「学校通信『すなごだより』」でもご覧になれます。

 

 

4月8日(金曜日)

いよいよ今日から

今日は、始業式。令和4(2022)年度1学期のスタートです!

学校はみんなが来るのを待っています。

すがすがしい朝です。今日も快晴でしょう!

*今日は、1年生は10時30分頃、2年生から6年生は11時30分頃に下校(学校を出る)する予定です。

*本日、お子様をとおして「学校通信『すなごだより第1号』」をお配ります。ホームページ「学校通信『すなごだより』」のコーナーでもご覧になれます。

*本日、教育委員会からのお知らせ「小学校、中学校における教育活動について(第20版)」をお子様をとおしてお配りします。新型コロナウイルスに関することですので、必ずよくお読みください。ホームページ「お知らせ「」のコーナーでもご覧になれます。

 

 

 

4月7日(木曜日)

脇田小学校との合同研修 ~先生たちも学び合っています~

昨日、午後3時から脇田小学校の先生たちとオンラインでの合同研修を行いました。

すべての子どもたちにとって、優しい教育をつくっていくことの大切さについて本校の陽光教室の先生から話しました。

学校の統合をひかえ、脇田小学校の先生たちと共通理解をはかり、連携を深めることは子どもたちのために何より大切なことだと考えています。

今年度、こうした取組を重ねていきます。

 

 

 

 

4月6日(水曜日)

緊急事態対応研修 ~先生たちも学んでいます~

昨日の午後は、教職員全員で校内で緊急事態が起きた時の対応に関する研修を行いました。始業式が始まる前に、子どもたちの安全を守るための体制づくりが目的です。

実際に事案が起きたことにして、それぞれの教職員が動き、その様子をビデオに撮って、反省会の場で放映し、検証しました。

1学期が始まるまでに、教職員で様々な準備を行い、子どもたちに安全・安心で、楽しい学校生活を過ごさせたいと思います。

 

 

 

4月5日(火曜日)

第18回入学式

砂子小学校が開校して、18回目の入学式です。

天気は快晴、校内の桜もきれいに咲いています。

新1年生23人をあたたかく迎えます!

 

 

 

 

4月4日(月曜日)

ご覧おきください!

今年度の「学校教育目標」や「めざす子ども像」について、ホームページ『学校紹介』のコーナーに載せています。ぜひ、クリックしてご覧ください。

また、緊急時の対応についてもホームページ『緊急時の対応』のコーナーに載せていますので、こちらもクリックしてご覧ください。

以上、よろしくお願い申し上げます。

 

 

令和4(2022)年4月1日(金曜日)

新年度始まる ~今日は入学式準備も行いました~

今日から令和4(2022)年度が始まります。

を目標として、

『人間尊重の精神をすべての教育活動の基本とし、将来の自立をめざして、自分の生き方を見つける子どもの育成をめざす』

を掲げました。

自分や仲間を大切にして、自分の生き方を見つけていくことのできる子どもの育成をめざします。

本校は学校統合をひかえ、第四中学校や脇田小学校との連携も深めていきます。私自身、南小学校と水島小学校とが統合して砂子小学校として開校したとき、光栄なことに1期生である6年生の担任をしました。その子どもたちが卒業するときに『親友』『心友』『深友』『新友』『真友』といういろんな『しんゆう』ができたと言ってくれたことが忘れられません。

今後、本校の子どもたちにとって新たな出会いを豊かな出会いにできるよう、教職員と力を合わせ『チームすなご』として、精一杯努力します。

保護者の皆様、地域の皆様、本年度の何とぞよろしくお願い申し上げます。

今日は職員全員で入学式の準備も行いました。新6年生の有志18人も手伝ってくれて、かわいらしく温かい会場ができあがりました。ありがとう!

 

また、玄関ロビーには砂子小恒例のPTA役員の方々による飾り付けが今年度も健在!

新6年生の有志も手伝ってくれました。

リボンのついた花束の飾りです。

桜や鳥も

入学式会場は4月5日に新1年生が来るのを待っています。受付開始は9時30分、開式は10時です。各ご家庭2人以内でご来校くださいますようご協力お願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月31日(木曜日)

年度末

今日で令和3(2021)年度も終わりです。

私事ですが、校長としての1年目も終わりです。何とか校長として仕事ができたのも保護者の皆様や地域の皆様のおかげです。保護者の方や地域の方から時折、励ましの言葉をかけられたことがありましたが、そうしたことが大きな支えになりました。本当に最高の保護者・地域だと心底思います。

また、身内をほめるのはどうかとも思いますが、砂子小学校の教職員もまた最高ですとあえて言わせていただきます。

明日からは令和4(2022)年度が始まります。教職員と力を合わせて『チームすなご』として、子どもたちのために精一杯努力します。

 

 

3月30日(水曜日)

桜満開

校内の桜が満開です。

いつ見ても綺麗な花です。

江戸時代の有名な俳人である松尾芭蕉の句に

さまざまの こと思ひ出す 桜かな

というものがあります。

私事ですが、私は桜の咲く時期の生まれです。しかも、砂子小学校周辺の景色は、子どもの頃から50年以上も見続けているので、芭蕉の気持ちもとてもよくわかるのです。

コロナ禍やウクライナの戦禍等々、世界は大変な状況ですが、こうして桜を愛(め)でるような気持ちを誰もが持てる世界にしなければなりません。

 

*入学式は4月5日です。桜は持つでしょうか…なお、一家族2人以内とさせていただきますので、よろしくお願いします。

 

 

 

3月29日(火曜日)

サイ・ヤング

アメリカのメジャーリーグにサイ・ヤング賞というその年に最も活躍したピッチャーに贈られる賞があります。

このサイ・ヤングとは今から100年以上の前ですが、メジャーリーグで大活躍したピッチャーで、20年もの長い間現役として活躍し511勝も挙げた選手です。この記録は今も破られていませんし、何よりすごいのは大きな故障もなく投げ続けたことです。

100年以上も前の選手生命が短かった時代に40歳代まで現役を続けたこともまた偉業です。

無事これ名馬

継続は力なり

といった言葉がぴったりの選手だと思います。

このサイ・ヤングの生まれたのが1867年3月29日です。

 

 

 

3月28日(月曜日)

3学期児童アンケートから

先日、二学期にご協力いただいた学校教育自己診断結果のご報告をしました。ホームページ「お知らせ」のコーナーでは経年比較グラフを載せています。すべての項目で上昇していることはお伝えしましたが、三学期にも子どもたちにアンケートをしました。

その結果、特に私が最も子どもたちに伝えたい「自分や他人を大切にする」ということに関連する以下の4項目で「よくあてはまる」「あてはまる」と前向きに答えてくれた子どもたちの割合(三学期の結果ですから昨年度比の最終的な数値となります)についてピックアップしてお知らせします。

『自分によいところがある』は56.4%から81.7%と25.3pt(ポイント)↑

『いじめはどんな理由があってもいけないことだと思う』は88.3%から99.2%と9.9pt↑

『自分の命も他人の命も何よりも大切でかけがえのないものだと思う』も88.3%から99.2%と9.9pt↑

『学校に行くのは楽しい』は78.7%から92.4%と13.7pt↑

と、それぞれ上昇しています。

子どもたちへのアンケートは一学期にも行っていますが、一学期より二学期、二学期より三学期の方が結果が良くなっているので、嬉しく思います。

しかし、特にこれらの項目は大切だと思っています。焦らず弛まず、子どもたちの知・徳・体を育て、100%をめざします。

 

 

3月25日(金曜日)

静かな学校

春休み初日、子どもたちのいない学校は静かです。

しかし、教職員は年度末の整理や来年度の準備等々、事務処理に追われています。

来年度に良いスタートを切るための準備です!

早く、学校に新しい1年生と一つ進級した2年生から6年生までの子どもたちを迎えたいものです。

 

 

3月24日(木曜日)

修了式

今日は修了式、令和3(2021)年度の勉強も今日で終わりです。1年生から5年生の皆さん、本当によく頑張りましたね。

1年生は入学してから、この1年間でとても大きくなったと思います。身体だけでなく、心も大きくなったような気がします。一昨日、音読会の審査員として参加しましたが、一人ひとりが自分の好きな詩を心を込めてリズムよく読もうと努力していた姿に感動しました。2年生になると、かけ算の九九など、勉強も難しくなりますが、しっかりと取り組んでいきましょう!

2年生の子どもたちは、とにかく自ら進んでいろいろなことに挑戦していた姿が印象的です。すなごマンキャンペーンを行いましたが、2年生であるにもかかわらず、学校全体の取組に発展させていったことはとってもすごいことだと思いました。顔つきもしっかりしてきて、きっととっても良い3年生になるってくれるだろうと期待しています。

3年生は、いつも先生の話をよく聞いて、何ごとにもまじめに一生懸命に取り組んでいた姿が印象的です。砂フェスにむけてつくった成果物が今、玄関ロビーに貼られていますが、仲間とともにしらべたことを丁寧にまとめ上げています。4月からはいよいよ小学校生活も後半となります。仲間と一つのものをつくりあげる力をもっと伸ばしてください。

4年生のみなさんとは、私も一緒に体育の授業をしたり、漢字の勉強をしたりしたので、楽しい思いをさせてもらえました。私の話にも興味を示して、しっかりと手を挙げて答えてくれたり、バスケットボールなどにも仲間とチームワークよく取り組んだりしている姿がとても良かったです。5年生では林間などの宿泊行事もあります。協力できる力をもっと伸ばしましょう。

5年生はいよいよ最上級生となります。卒業式の動画メッセージで、「次は私の番だ」「すなご小学校のことを任せてください」と言ってくれたことがとてもうれしかったです。中学校への進学に向けて最後の1年間でしっかりと学んでください。教室にも貼ってありますが「数は力」です。砂子小学校でいちばん数の多い皆さんががんばってくれたら、砂子小学校はもっと良くなります!

*本日『すなごだより最終号』をお子様をとおしてお配りしますので、ご覧ください。ホームページからもご覧になれます。

 

 

 

3月23日(水曜日)

4月からも!

3学期、そして2021年度の学習も今日と明日で終わりです。

明日は終業式なので、教室での授業は実質今日が最後です。

各教室を回っていて、どの学年も、やはりこの1年間の成長を感じます。

4月からは一つ進級します。引き続き、子どもたちのより良い成長を期待するとともに、私たちも一層の努力をしていきます!

 

 

3月22日(火曜日)

春分の日

昨日は春分の日でお休みでした。

「春分の日」とは昭和23年(1948年)に祝日法によって制定された国民の祝日のひとつです。昼と夜の長さが同じ日で「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ための日とされています。

さて、日本の祝日を定めている「国民の祝日に関する法律」によれば、春分の日は「春分日」、秋分の日は「秋分日」を採用するとされています。

国立天文台のホームページを見ると、「春分日」「秋分日」というのは天文学上の呼び名で、次のように定義されています。

太陽は星々の間を移動していて、その通り道を「黄道」といいます。また、地球の赤道を天にまで延長したものを「天の赤道」といいます。黄道と天の赤道は、お互いが傾いているために2点で交わり、その交点のうちの一方を「春分点」、もう一方を「秋分点」と呼びます。そして、太陽が春分点・秋分点の上を通過する瞬間がそれぞれ「春分」「秋分」と定義され、「春分」「秋分」を含む日のことを、それぞれ「春分日」「秋分日」と呼ぶのです。

 

*まん延防止等重点措置(まん防)が昨日、解除されたことにともなって、門真市教育委員会から保護者の方向けの手紙が来ていますので、お子様をとおしてお配りします。大阪府は解除後もレッドステージなので、これまでの活動を続けることになります。なお、ホームページ「お知らせ」のコーナーでもご覧になれます。

 

 

 

 

3月19日(土曜日)

卒業生のみなさんへ ~中学生になったら大切にしてほしい3つのこと~

昨日は卒業式でした。6年生の子どもたちは次のステップである中学校に向けて巣立って行きました。

4月からの活躍にも期待しています。

ここで、かつて中学校の校長を経験した者として、6年生の子どもたちに伝えておきたいことを3つ書きます。

まず、他の人と違っていても良いということです。いつも誰かに合わせようとしていると、必ずしんどくなります。本当の友達とは違いを認め合った上で対等の付き合いができる人のことを言います。数が少なくてもそんな友達を作ってください。それを真友(しんゆう)と言います。

次に、命は何より大事なものだということを胸に刻んでください。あなたという存在はこの広い世界中にたった1人です。あなたの代わりはいないのです。それをかけがえのない存在といいます。かけがえのない自分を大切にしてください。自分を大切にできない人は他人も大切にできません。自他を大切にしてください。

最後に、とにかく勉強してください。教科書に載っていることは、人類がこれまで長い長い年月をかけて発見してきたことの蓄積です。これを知り、次の代にさらに発見を増やして伝えていくのは、大げさかもしれませんが、人類の義務だと思います。

また、知識を豊富に備えて、教養を身につけることは、これからの長い人生を楽しく、豊かに、そしてよく生きるために必要なのです。

幸せに人間らしく生きるために、しっかりと勉強してください。

 

 

 

3月18日(金曜日)

卒業式

今日はいよいよ卒業式です。

昨日、在校生や教職員、そしてPTAの方々もかざりつけをしてくれました。

心のこもった空間が6年生を待っています。

開場:9時

開式:9時30分(式は1時間程度です)

一家庭2人以内でお願いします。

28人全員が胸を張って巣立っていきました。(詳しくはすなご日記をご覧ください)

 

 

 

 

校長式辞

季節は巡って、色とりどりの花々が咲きほこり、今年も春が来たこと告げてくれています。

『二度とない人生だから』や『念ずれば花ひらく』などの詩集で有名な詩人・坂村真民(しんみん)さんに次のような詩があります。

辛夷(こぶし)が咲き

木蓮(もくれん)が咲き

連翹(れんぎょう)が咲き

そのあけくれのなかで

わたしの体に

花のいのちが

充満してきた

ああ

なんとも言えない

この豊かな気持よ

私も、今、この詩のような気持ちです。辛夷(こぶし)にせよ、木蓮(もくれん)にせよ、連翹(れんぎょう)にせよ、花にはその花にしかない美しさがあります。その花のように、それぞれの個性を清らかに花開かせた皆さんの姿を見て、とても感動しています。

また坂村真民さんは、花は一瞬にして咲かない。大木も一瞬にして大きくはならない。一日一夜の積み重ねの上にその栄光を示すとも言っています。それらの花や木のように、皆さんもこの6年間、少しずつ努力を積み重ねてきましたね。

だからこそ、今、凛(りん)とした花を咲かせ、旅立ちの日を迎えることができたのです。

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。まずは『よくやった!』と言わせてください。

保護者の皆様、お子様のご卒業誠におめでとうございます。6年前に入学されたお子様は、今日立派に小学校6カ年の課程を修了され、このように立派に卒業されます。万感胸に迫る思いで、感慨はひとしおのことと存じます。教職員一同、心からお祝い申し上げます。また、これまでの本校の教育活動に対しまして、ご協力くださいましたことに、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

さて、卒業生の皆さん、いよいよ、この砂子小学校を旅立つ日が来ました。

私自身、たった1年間でしたが、皆さんとの思い出はたくさんあります。最初の出会いは始業式の日でした。校門に立っていると『新しい校長先生?男や』と物珍しそうに言われたことを昨日のことのように思い出します。

1学期、傘を使って仲間と見事なオブジェをつくっていたこと、1年生に合奏のプレゼントをしている姿、二学期、運動会で見せてくれた気持ちのそろった演技、修学旅行での楽しそうな顔、オープンスクールでの修学旅行の報告会や柿山伏の実演、笑いました。また、低学年の子どもたちを楽しませた『カメレオンハンター』「みなさんのような6年生になりたいです」と言っていた1年生の感想が印象的でした。

年が明けて、3学期を迎えたあなたたちは、確かに中学生に向けて、大人になって来たような感じも受けました。多文化の学習やパソコンを使ってのスピーチ、4年生との合奏交歓会、6年間共に過ごしたランドセルの絵をかき、メッセージを添えている姿などからも大人へと一歩一歩近づいているんだなと感じました。

さて、お別れに際して、私の最後のメッセージを申し上げます。

今後、自分を大切にすることはもちろんのこと、他の人も大事に思い、行動できる人になってほしいのです。

その時に大切なキーワードは、かの司馬遼太郎さんも言っていますが、「いたわり」という感情なのだと思います。あるいは他人の痛みを感じることと言ってもいいでしょうし、「やさしさ」と言いかえても良いでしょう。

「いたわり」「他人の痛みを感じること」「やさしさ」

しかしながら、こうした感情は自然に身に着くものではないと思います。やはり、私たちは訓練をしてそれを身につけねばならないのです。その訓練とは難しいことではありません。例えば、友達が病気で休む。ああしんどいんだろうな、と感じる気持ちを、そのつど自分の中でつくりあげていきさえすればよいのです。こうした感情が、自分の中でしっかり根づいていけば、親や兄弟、周りの仲間、地域の人々、そして文化の違う外国の人たちへの「いたわり」という気持ちもわき出てくることだと思います。

皆さんが、そういう自分をつくっていけば、これからの社会はみんなが仲よしで暮らせる時代になるにちがいありません。

どうか、これからの人生で、かけがえのない自分を、そして他の人も大切にしながら生きてください。

「教えることは教えられることである」という言葉があります。この言葉通り、私も皆さんの姿から多くのことを学びました。たとえば、運動会での演技からは「仲間と一つのものを作り上げることの素晴らしさと、そうしたひたむきさが感動を生むこと」を教えられました。

皆さんと過ごした1年間は、実に貴重で充実したものでした。心から皆さんにお礼を申し上げます。この砂子小学校に居てくれて「ありがとうございました。」

私は皆さんのことを忘れません。ここにいる教職員も同じです。別れるということは寂しく辛いものですが、皆さんに心を込めて「さようなら」と申し上げるとともに、皆さんの人生が幸せに満ちたものであることを心から祈っています。

保護者の皆様をはじめメッセージをくださったPTAの方々やこれまで関わられた先生方、全ての皆様に心より感謝と御礼を申し上げて、私の式辞といたします。ありがとうございました。

令和4(2022)年3月18日

門真市立砂子小学校長

満永 誠一

 

 

3月17日(木曜日)

先生たちも学んでいます!

昨日午後3時30分から教職員研修を行いました。

支援教育をテーマとして、本校に定期的に来てくださっている理学療法士の信迫先生(畿央大学准教授)から様々なことを学びました。

支援教育とは、支援を要する子どもたちだけのためでなはく、すべての子どもたちに対して「やさしい教育」「配慮のある教育」「よりよい発育・発達に必要な教育」につながる大切な教育です。

本校では、すべての教職員が支援教育の観点を持ちながら教育活動を進めます。そのために有意義な研修を行うことができました。

 

 

 

3月16日(水曜日)

読書について

読書することは「考える力」「感じる力」「表す力」などを育てるとともに、豊かな情操をはぐくみます。こうした資質は生涯をとおしてよりよく豊かに生きるためにも大切なことだと思います。しかし、今、子どもたちだけでなく、大人もですが、「読書離れ」「活字離れ」が指摘されています。こんな時だからこそ、学校で子どもの時期に本を読む習慣、本を通じて物事を調べる習慣をきちんとつけさせることは重要だと考えます。

さて、先日、お知らせした学校教育自己診断結果を見ると、本校の子どもたちの読書に対して前向きな回答率が昨年度比15.5ポイント上昇しています。

ホームページでも紹介しましたが、朝読書の時間に読み聞かせボランティアの方に来ていただいたり、3・4年生では段階的読書指導(BKD)の時間を設けたりして、子どもたちの読書に向かうモチベーションを上げるために取り組んでいます。

来年度は、このBKDを3・4年は、週1回本を精読し、あらすじを話す書くことを目標として行うとともに、5・6年でも新たに月1回程度、自分の感想・考えを話す書くことを目標として行いたいと考えています。

ご家庭でも、お子様に読み聞かせをする、お子様と一緒に本を選ぶ、一緒に読むなど、読書習慣が身につくようご協力いただければ幸いです。

 

 

3月15日(火曜日)

アンケート結果について

昨日発行した「すなごだより第44号」に2学期末に保護者の皆様そして、子どもたちに取ったアンケート結果グラフをホームページに掲載すると書きました。

ホームページ「お知らせ」のコーナーから結果グラフをご覧になれますので、ぜひとも見ていただきますようお願い申し上げます。

3月は1年を振り返る時期でもあります。アンケート結果を教職員全員で共有し、反省し、4月からの新たな取組に必ずいかしていきます!

 

 

 

3月14日(月曜日)

6年生小学校生活最後の週です

今週の金曜日はいよいよ卒業式です。6年生の子どもたちにとって小学校生活最後の週となります。

先日、6年生の担任の先生から「6年間お世話になったランドセルを子どもたちが描いています。見に来てください。」と言われ、教室をのぞきに行きました。(写真はすなご日記をご覧ください)

「6年間すごくきれいに使えた」

「おじいちゃんに買ってもらった」

「この傷は〇〇のときのもの」

などと子どもたちから聞き、胸が熱くなりました。

さて、6年生の子どもたちは高学年としての2年間をコロナ禍のために様々な我慢をしてきたことと思います。

しかし、

艱難汝を玉にす

という古い言葉もあります。

苦しいことや厳しいことを経験することは、あなたを立派で輝ける人物にする

ということです。

これからの長い長い人生の中で、この経験から何を学んで、をどう生かすか。

一人ひとりがしっかりと考えて歩んでくれたらと願います。

*本日、お子様をとおして「すなごだより第44号」をお配りします。ホームページ「学校通信『すなごだより』」でもご覧になれます。

 

 

3月11日(金曜日)

あれから11年 釜石(かまいし)の出来事

日本国内観測史上最大規模のマグニチュード9.0を記録した東日本大震災から丸11年がたちました。

東日本の太平洋岸を襲ったあの大津波の映像は忘れられるものではありません。

そんな中、釜石の出来事といわれる話があります。

宮城県釜石市北部の大槌湾を望む釜石東中学校の生徒の話です。

立っていられないほどの激しい横揺れ。校庭にいた生徒たちは高台に向かって走り出し、校長や教職員の『整列などせずすぐに逃げろ!』の指示どおり教室にいた生徒たちも一斉に非常階段を下り始めます……。

校門を抜け、敷地外へ走り出した生徒たちは、隣接した小学校の児童たちと一緒になって、防災訓練で教えられていた裏山の高台を目指します。それは、ある介護福祉施設の駐車場。

「まだ危ない!」という誰かのひと言で、さらに高台を目指し、地域住民と一緒に、児童の手を引いて避難します。その数分後、高台に集まった児童・生徒たちは、自分たちがさっきまでいた校舎が津波にのみ込まれ、足下近くまで押し寄せた津波を目の当たりにします。

この話は、今から6年前の3月11日に当時門真はすはな中学校長をしていた時、卒業式の校長式辞に盛り込みました。

卒業生たちに、同じ中学生であるあなたたちも、自身で判断し、かけがえのない自他の命を救う行動はきっとできると言いたかったからです。

今日は奇しくも門真市内の中学校の卒業式です。

釜石の出来事をお伝えしたいと思って、ここに書きました。

 

 

 

3月10日(木曜日)

寅さん

『男はつらいよ』という山田洋二監督の映画がありました。1969年から1995年まで続いた映画で全48作。

私はこの映画が好きで、全作を見ました。

主人公は渥美清という俳優が演じる車寅次郎(以下寅さん)。寅さんは、東京は葛飾柴又を故郷とする日本中を旅して回る商売を生業(なりわい)としています。

この寅さんが故郷柴又に戻るたびに引き起こすエピソードを描いた映画ですが、寅さんの家族が底抜けのお人好しで、何とも温かい人ばかりなのです。

寅さんの実家『とらや』という団子屋を営むおいちゃん、おばちゃん、かわいい妹のさくらや夫の博、その子ども満男などが寅さんを囲んで、ちゃぶ台でご飯を食べながらの会話がほのぼのしていて好きでした。

その寅さんが、思春期になった満男から、『おじさん、人間って何のために生きてんのかなあ』と聞かれ、次のように答える場面が私は最も好きです。

「難しいこと聞くなあ、うーん、なんていうかなあ、ほら、あー生まれてきて良かったなと思うことがなんべんかあるじゃない、ねえ、そのために人間生きてんじゃないのか。」

寅さんこと、渥美清さんが生まれたのが1928年の今日、3月10日です。

 

 

3月9日(水曜日)

なぜ、どうして?

ときおり、教室で子どもたちに授業をすることがあります。

そのとき、子どもたちから「なんで?」とか「どうしてそうなるの?」という声を聞くと、うれしくなります。

「なぜ、どうして?」と疑問に思うことは大切だからです。知的好奇心とも言いますが、この心が人間の社会を発展させてきたのだと思います。

こうした知的好奇心を大切にして、さらに、進んで「知りたい」「調べたい」と考え、自分なりの答えにたどり着けるような子どもたちを育てていきます。

 

 

3月8日(火曜日)

みつばちの日

先日の校長雑記に『はちみつから環境を考える』というタイトルで書きましたが、今日は3月8日なので38(みつはち)つまり、みつばちの日なんだそうです。

あの記事も今日書いたら良かったなぁと思いました。

 

*今月の1日、寝屋川市で起きた殺人事件の容疑者が神奈川県内で逮捕されたというニュースが昨夜流れました。被害に遭われた方のご冥福を謹んでお祈りします。

 

 

3月7日(月曜日)

春は別れの季節

3月らしく、校内のあちらこちらに春の息吹(いぶき)を感じます。(すなご日記もご覧ください)陽射しも明るくなっています。

そんな明るい時期なのですが、日本では年度は3月で終わるので、今の時期は少し悲しい別れの季節でもあります。

これまで出会った多くの人たちと離れ離れになってしまう時期ですね。

人は人の中で成長し、人と触れ合いながら学んでいきます。だから、人間というのでしょう。

これまで出会った人たちから、何を学んだのか、何を知ったのか、しっかりと振り返るとともに、これからたくさんの新しい出会いに期待して、それぞれの道を歩んでほしいと願います。

 

 

3月4日(金曜日)

あと2週間で卒業式

時のたつのは早いもので、再来週の金曜日は卒業式です。高学年になってからはコロナ禍で思うような取組もできず、さびしい思いをしてきたことでしょうが、それもまた長い人生の中では貴重な経験になるかもしれません。

卒業式では、28名の子どもたち一人ひとりの輝く笑顔を見たいと心から願っています。

6年生の皆さん方に卒業証書を手渡せることを今から楽しみに思っています!

 

 

3月3日(木曜日)

『はちみつ』から環境を考える

先日、知人から養蜂をしている親せきからもらったので、お裾分けですといって瓶に入ったはちみつをもらいました。

ところで、私の尊敬する大学時代の先輩(元校長先生)が、日本でのはちみつの生産量が減っているということを校長時代にホームページに書いておられたのを思い出しました。深い話だったので、以下に転載します。

~はちみつは「養蜂家」(ようほうか)といって、ミツバチを飼う人がミツバチを野に放って、みつを集めたものをさします。最近、レンゲやクローバーの畑が減っていて、そのためにはちみつの生産量が減っているのだと思っていました。田んぼや畑がずいぶん少なくなっていますからね。

ところが、それだけではなくて、例えば学校の桜の満開の時期が依然と比べて早くなっていることも関係しています。他の花も咲く時期が少しズレてきていますが、養蜂家やミツバチからすると、計画通りに行かなかったり、あれ?花がないぞ!と困ってしまうのです。

そして、たくさんの雨が長く降ることが多くなったことも原因の一つです。一昨年も昨年も豪雨が日本の各地に大きな被害をもたらしましたが、雨が降ると活動できないミツバチにとっては長雨、大雨はみつを集める活動ができません。

また、野生のシカやイノシシが増えているそうですが、野山の草や木をたくさん食べてしまい、花が咲かなくなってしまうこともあるそうです。これは雪があまり降らなくなって、野生動物にとってエサが少なく、活動ができない冬の時期が過ごしやすくなっていることが原因とも言われています。

このように見てくると、はちみつの生産量が落ちてきていることが、あることと関係していることがわかるのではないでしょうか。そう、地球温暖化と関係していると言えそうです。こんな身近な生活にも環境の問題は影響しているのです。~

 

 

3月2日(水曜日)

夢見月(ゆめみづき)

1月いく、2月にげるというように、新年になってからあっという間に3月になりました、

さて、3月は「弥生」とも呼ばれます。「弥」には「ますます」「いよいよ」「ひろくゆきわたる」という意味があり、弥生の由来は、草木がいよいよ生い茂る月「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」がつまって「やよひ」となったという説が有力です。

また旧暦3月は桜が咲く時期となります。桜のことを「夢見草」ともいい、そこから「夢見月」とも呼ばれるようになりました。この3月は、それぞれがこれまでの1年間をふり返り、4月の新しいスタートに向けて希望と期待に気持ちが高まっていく月ともいえます。

18日(金曜日)には卒業式が行われ、6年生は、砂子小学校からの「旅立ちの日」を迎えます。また5年生・4年生・3年生・2年生・1年生にとっては、1年間をふり返り、進級に向けて心の準備をする大切な時でもあります。

保護者の皆様方にとっても、お子様が新たな夢を持ち、一歩一歩進んでいく大きな成長の姿が見られる月となることでしょう。また、「夢見月」とも言われるこの時期にこそ、お子様の「夢」について聞き、夢を語る子どもの目の先にあるものを一緒に見つめてあげてほしいと思います。

 

 

3月1日(火曜日)

スクールツクールレターニュースVol.1

教育委員会から、第四中学校区の小中一貫校に向けたワークショップ『スクールツクール』の進み具合を保護者の皆様にお知らせするために『レターニュースVol.1』が送られてきました。

本日、お子様をとおしてお配りします。ただ、モノクロ印刷にしています。カラー版は下のPDFファイルをクリックしていただければご覧になれます。

スクールツクールレターニュースVOL.1(門真市教育委員会)(PDFファイル:3.9MB)

スクールツクールレターニュースVOL.1(門真市教育委員会)中國語版(PDFファイル:4.1MB)

 

 

 

 

2月28日(月曜日)

広報かどま3月号に

四中校区に門真市で初めての小中一貫校が新設されることに向け、脇田小学校・第四中学校・本校の3校の保護者の方々や、地域の方々、そして3校の教職員が門真市教育委員会のコーディネートのもと、『スクールツクール』というワークショップを行っていることは、これまで何度もこのホームページで紹介してきました。

その活動が、広報かどま3月号の1面と2面をいっぱいに使って紹介されています。

広報かどま 3月号

このワークショップのメンバーである、本校の保護者の方や先生の写真も載せられています。『チームすなご』の面目躍如です。

なお、『第四中校区の新しい学校づくり』の進み具合は、門真市のホームページでも確認できます。

https://www.city.kadoma.osaka.jp/soshiki/kyoiku/kyoikukikakuka/kosodate/gakko_kyoiku/17478.html

 

 

脇田小学校のホームページ

現在、小中一貫校の新設に向けて、教職員どうしも様々な話し合いをしています。まずは、脇田小学校と本校の二つの小学校が一つになり、その後、四中と統合して令和8(2026)年4月に新たな小中一貫校がスタートする予定です。今後、さらに連携も深めていかなければなりません。

さて、その脇田小学校ホームページの2月24日付けの記事が『砂子小学校から』というタイトルで、本校の2年生が中心になって進めている『すな子マン』の取組が載っていました。

下をクリックしていただければお読みいただけます。ぜひ、ご覧ください。

https://www.city.kadoma.osaka.jp/school/wakita/wakitanikki/16366.html

 

 

2月25日(金曜日)

給食費について

21日(月曜日)にお配りした、門真市教育委員会からの『小学校、中学校における教育活動について(第18版)』の裏面右下に、下の写真のとおり、『あらためて保護者の皆様へのお願い』というタイトルで4点のお願いが書かれています。

特に4番目の理由について、以下に書かせていただきます。

まず、門真市の給食システムについて、説明します。

学校は毎週月曜日に次の週の子どもたちの食数を教育委員会に報告します。それをもとに業者が決められた食材をメニューに合わせて、毎回学校に届けます。

週初めの月曜日に、その翌週の食数を報告するのは、確実に食材を確保するためです。

ですから、突然、休校や学級閉鎖になっても業者は既に食材を手配し届けて来るため、支払いをしないと、業者の皆さんに大きな損害を与えることになってしまいます。

そこで、届けられた食材をできる限り無駄にしないため、本校の栄養士が保存できる食材を選別して、賞味期限をよくみて厳重に保存し、後日、その食材に合うメニューの日に付け加えるよう工夫をしています。(その例は『すなごだより第40号』でもいくつか紹介しました)

このように、門真市の食材発注システムや、食材の後日利用などもあり、教育委員会からのお手紙に返金の対象になりませんと書かれているわけです。

ただし、コロナ関連で長期間連続して休み、かつ、食材の発注を止めることができた場合は教育委員会のお手紙にもあるように、3月末には調整できるようにしますので、ご理解たまわりますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

2月24日(木曜日)

コロナ関連の情報

オミクロン株の勢いはまだまだ衰えていません。門真市でも昨日は147人の陽性者が出ており、高止まりの状況です。

陽性者が多いための保健所も手一杯で、陽性になった方や自宅療養になった方も、自分自身で情報を得て、対応しなければならない状況です。

そこで、門真市ホームページにある情報を提供します。以下のURLをクリックしてみてください。

・陽性者や自宅療養者へのお知らせ
https://www.city.kadoma.osaka.jp/kinkyu_2/17895.html

・濃厚接触者の経過観察や事業所の対応方法

https://www.city.kadoma.osaka.jp/kinkyu_2/18032.html

・感染が疑われるときの相談窓口

https://www.city.kadoma.osaka.jp/kinkyu_2/11325.html

 

 

2月22日(火曜日)


濃厚接種者とは


新型コロナウイルスに感染した児童などがいる場合、学校として、校内での活動で濃厚接種者がいるかどうかを保健所の示す基準にもとづいて調べていきます。
その基準とは、対面で互いに手を伸ばしたら届く距離(1m程度以内)でマスク無しで15分以上接触があった場合というものです。
この基準にもとづき、感染した児童が症状の出た日、あるいは無症状の時は検査を受けた日の2日前にさかのぼって、学校での授業1時間ごとの内容や場所、座席表、担当した教員などの一覧表に写真などを加えて資料をつくり、教育委員会と相談の上、濃厚接種者を確定していきます。

厚生労働省のホームページにも濃厚接種者の定義のほか、新型コロナウイルスに関するQ &Aが載っています。以下のURLをクリックしたらご覧になれます。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html


折箱(おりばこ)の日


食品を包装する容器の一種に折箱があります。
桐の木の折箱に入った物なんて、高級そうに見えます。私には縁がありませんが…
この折箱、実は飛鳥時代(聖徳太子を歴史で学びますが、その)聖徳太子が始めた遣隋使(けんずいし)によって日本にもたらされた様々な文化のひとつなのだそうです。

このことにちなんで、全折食品容器連合会というところが、聖徳太子への敬意を表して、太子の忌日(亡くなった日、推古天皇30年2月22日)とされている2月22日に記念日を制定しているそうです。

 
 

 

2月21日(月曜日)

今日から学級閉鎖の考え方が変わります

【これまで】

陽性者が1人でたらそのクラスは2日間閉鎖

【これから】

陽性者が1人出てもそのクラスは閉鎖しません。お迎えの必要もありません。3日間でもう1人以上出たときは、緊急下校し、その翌日から2日間閉鎖します。

 *ただし、家族に陽性者などがいないのに、本人が陽性になった場合に限ります。それ以外で複数出た場合は閉鎖になりません。

 

本日付け『小学校、中学校における教育活動について(第18版)門真市教育委員会』より

『小学校、中学校における教育活動について(第18版)』(令和4(2022)年2月 門真市教育委員会)(PDFファイル:238.4KB)

『やさしい日本語版 小学校、中学校における教育活動について(第18版)』(令和4(2022)年2月 門真市教育委員会)(PDFファイル:142.6KB)

すなごだより第42号(PDFファイル:330.2KB)

 

臨時の校長会が行われ、門真市教育委員会から、上のとおり学級閉鎖の考え方を変えるという説明がありました。今日、お配りする『小学校、中学校における教育活動について(第18版)門真市教育委員会』に詳しく書かれてありますので、よくお読みくださいますようお願い申し上げます。

理由(りゆう)は

1.大阪府教育庁からは、各学級の陽性者と濃厚接触者を合わせて15%(40人学級ならば6人、20人学級ならば3人程度)の場合に学級閉鎖をするという指針が示されていること。とは言え、門真市では『2人以上の陽性者が3日間で出た場合』というかたちで、大阪府教育庁の指針よりは厳しくするということでした。

2.大阪府内の他の市では、すでにこうした考え方をしているところも多いものの、考え方を変える前と後では、学級での陽性者数に大きな変化はないということでした。

3.門真市内では、学級閉鎖が終わっても、すぐに学級閉鎖になってしまうという形で、なかなか授業を再開できないという学校もたくさんあり、特に中学校では入試を前にしてそのような状況となり、子どもの学びを続けられないことが大きな課題となっているとのことでした。

こうした理由から、本日から、この考え方に変わります。

保護者の皆様方にも様々なご意見があると思いますが、門真市内全校で同じ形で進める必要があり、本校もこのルールにのっとって行わなければなりません。

学校をあげて、今後とも感染防止に努めながら、新たな考え方で対応していきます。

ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

『目標』にむかって歩む

私が学生の頃ですが、プロ野球の監督として、パリーグの弱小チームと言われていた『阪急プレーブス』や『近鉄バッファローズ』とを優勝できるチームに育て上げた西本幸雄という監督がいました。

西本監督は

「道のりは遠くとも、目標に向かって歩めば、一歩一歩近づくことだけは確かだ。」

との言葉を残しています。負けることに慣れてしまったチームを根本から変えることは非常に大変だったと思いますが、若い選手の意識を根気よく変え、個性を尊重しながら多くの選手を育て上げ、強いチームづくりを成し遂げました。

今、コロナ禍で世の中も暗く、景気も落ち込んでいます。しかし、そんな中でも、未来を信じ、しっかりとした「目標」を定めることが大切だと考えます。

年度末も近づいてきました。子どもたちにこの一年を振り返り、来年度はどんな目標を立てるのか、今のうちから考えるように語りかけていきます。

 

2月18日(金曜日)

パソコンの持ち帰りについて ~週末には全学年一斉持ち帰りをします~

今年度、2年生以上の子どもたち一人ずつにパソコン1台が割り当てられていることは、お伝えしてきました。来年度は1年生にも割り当てられ、全学年で授業中に活用するだけでなく、持ち帰る回数も増やしていきます。

本校では、まず、パソコン持ち帰りの子どもへの負担も考慮し、まずは、週末の持ち帰りから始めていきます。今日は2年生以上の子どもたちに持ち帰らせます。

持ち帰るもの

パソコン(クロームブック)、充電器(今年度は教育委員会からの割り当てが児童数分ありません。したがって各ご家庭に1台としますので、ご理解ください)を専用のカバンに入れて持ち帰らせます。月曜日には学校に持ってきます。

自宅での活用方法 (学習に必要なことだけに使います!)

*土日に本校に関係する人が新型コロナウイルス陽性となり、週明けに学級閉鎖をする場合には、オンライン『朝の会』『算数・国語の授業』『終わりの会』などを行い、『クラスルーム』を使って連絡なども行います。

*AIドリル『キュビナ』を使っての自学自習(子どもたちはやり方を知っています)

*担任の先生から出される課題(毎回ではありません)

特に高学年などでは、パソコンでしかできないような課題を考えていますが、今後、学級の学習状況や子どもたちの情報リテラシーなどを見ながら、適切な課題を各担任が考えて出していきます。ただし、毎回ではありません。小学生では、鉛筆やノートを使って、実際に自分の手で『書く』という作業も非常に大切であると考えています。

なお、担任の判断で平日に持ち帰らせることもありますので、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

『ご家庭のWi-fi環境整備のお願いについて』(令和4(2022)年2月 門真市教育委員会)(PDFファイル:153.6KB)

『【中國語版】ご家庭のWi-fi環境整備のお願いについて』(2022年2月 門真市教育委員会)(PDFファイル:135.7KB)

 

 

2月17日(木曜日)

校長先生 できた!

昨日、1年生の体育の授業を見に行きました。とび箱をやっていました。

多くの子どもたちが

校長先生 できた! とべた!〇〇さんもできたよ!

と、喜びを素直に伝えに来てくれました。

その笑顔を見て、やはり、学校は『できた』喜びをたくさんたくさん味わわせ、自信をつけさせるとともに、お互いに喜び合う場所なのだと確信しました。

1年生の笑顔に心が洗われました!

 

 

2月16日(水曜日)

幼児教育について

私は教育委員会在籍時代に、幼児教育の担当を5年間ほどしました。もとは小学校の教員でしたから、幼児教育のことはほとんど知らず、一から勉強しましたが、幼児教育の大切さを知ることができました。

幼児教育は『健康』『人間関係』『環境』『言葉』『表現』の五領域から成り立っていて、これらをもとに計画・実行することで、子どもの自発的な遊びが深まり、総合的な心身の発達へとつながります。

幼児期の生活のほとんどは『遊び』で占められていて、『遊び』には幼児の成長や発達にとって重要な体験が多く含まれています。

例えば、木の葉を木の葉として見るだけではなく、器として、お金として、チケットとして見たりする。また、砂 が水を含むと固形になったり、液状になったりすることを発見し、その変化とともにちがった関わり方を発見する。

こうした体験が考える力や想像する力を伸ばします。また、遊びをとおして友達との関わりが深まってくるにつれて、ときには自分の思いや考えを相手に伝えたり、お互いの考えを出し合ったりするようになっていきます。

今、幼稚園や保育所もコロナ禍で大変な状態です。しかし、こんなときだからこそ、『遊び』をとおして子ども達を育てる取組を行うために、これまで以上に一生懸命になっておられることだと思います。

 

 

2月15日(火曜日)

春一番

私が中学生のころですが、キャンディーズという女子3人のアイドルグループが大人気でした。そのラストシングルが「微笑みがえし」という曲で、『春一番が掃除したてのサッシの窓に埃の渦をおどらせてます』という歌詞から始まります。この曲を聴くと、高校受験の頃を懐かしく思い出します。

さて、歌詞の冒頭に出てくる『春一番』とは、冬の冷たい北風とは逆に、その年に初めて南から吹きつける強い風のことで、暖かい風に春の近付きを感じさせるものです。

今日は「春一番名付けの日」です。1963年(昭和38年)2月15日のある新聞の朝刊で初めて『春一番』という言葉が掲載されたことにちなんで付けられたとのこと。

近頃は日も長くなってきましたし、太陽の高度も上がって来ました。

今はコロナ禍で、しかもまだまだ寒いですが、もうすぐ春一番も吹くことでしょう。早くコロナにも悩まされることのない明るい『春』が来てほしいものです。

 

 

2月14日(月曜日)

バレンタインデー

今日、2月14日はバレンタインデーです。男子にとってはドキドキする日ですね、かく言う私もかつてはそうでした…

さて、なぜ今日がバレンタインンデーなのでしょうか?

実は、こんな話があります。

西暦3世紀(1800年ほど昔です)、ヨーロッパを支配していたローマ帝国では皇帝クラウディウス2世が「愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がる」という理由で結婚を禁止したそうです。

けれども、嘆き悲しんでいた兵士を見て、かわいそうに思ったキリスト教の司祭「バレンタイン(ウァレンティヌス)」は、内緒で兵士たちの結婚式をおこなっていました。

やがて、その噂が皇帝の耳に入り、怒った皇帝は二度とそのような行為をしないよう「バレンタイン」に命令したのですが、「バレンタイン」は毅然として皇帝の命令に屈しなかったため、最終的に彼は処刑されたといわれます。それが2月14日だったそうです。

しかし、皇帝の命令に屈することなく恋人たちを結婚させた彼の名にちなんで、その命日は恋人たちの日「バレンタインデー」となったということです。

自分の信念を曲げないということは、大切なことです。けれども、特に自分の身に危険が及ぶ場合には、なかなかできることではありません。だからこそ、そこを曲げなかった「バレンタイン」行動には、自然と頭が下がります。

 

 

2月10日(木曜日)

砂子小学校の入学説明会

本校の入学説明会は、2月16日(水曜日)に行います。実施の可否ややり方についていろいろと考えぬいた結果、やはり、直接対面して、ご説明したほうが良く伝わると考えました。したがいまして、予定通り本校にて実施させていただきます。

密を避けるため、体育館で行いますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 

私学入試

本日、府内の多くの私立高校で入学試験(入試)が行われます。3年前の本校卒業生の多くも今日、受験することと思います。

生徒にとっては15歳にして初の試練だと思います。

コロナ禍のもと、受験生も保護者の方々も本当に心配が絶えなかったことでしょう。

15の春を笑えるように、今日は持てる力を思いきり発揮して、「自分はやれる」「自分はできる」と、自分自身を信じて、精一杯頑張ってほしいと思います。

みんな がんばれ‼

 

第四中学校入学説明会

第四中学校からの連絡です。

本日、予定通り、入学説明会が行われます。

15時45分~ 四中の様子VTR

16時00分~ 説明会

『入学案内』冊子は四中ホームページ(本校HP『すなご日記』コーナーに四中HPのURLを載せていますので、クリックしてください)にも掲載されるとのことです。

また、欠席の方には、後日、資料をお渡しするとのことです。

 

緊急の連絡について

土日など、お休みの日にお子様の体調不良がみられ、病院で検査など受けた時は、下記の電話に連絡をして下さい。もし、陽性になった場合など、濃厚接触者を調査するための資料や文書をあらかじめ作成しておくことができ、少しでも早く確定できますので、何とぞご協力をお願い申し上げます。

連絡は

080-3492-2672(砂子小学校の携帯電話 教頭 杉江)

まで、お願いします

お休みの間も、マスク・手あらい・こまめな換気などをお願いします。

 

 

2月9日(水曜日)

砂子小校区で不審者が目撃されました

午後7時半ごろ、地域の方から不審者に関する連絡をいただきました。

男の人に「これを見て」と、携帯を見せられると、わいせつな動画が流れていたとのことです。その方も冷静に対応されたので、男の人は舌打ちをして去っていったということです

男の特徴

○60歳から70歳

場所

○三ツ島6-11付近

明日の登校の時間(特に集団登校より後の時間帯)には、教職員も見回りますが、子どもを一人で登校させないようご協力をお願いします。

また、保護者のみなさまも、お家の周辺を注意深く見まもっていただきますようにお願いします。

不審な人を見かけたら、すぐに110番して下さい。学校にも電話でしらせて下さい。

(072-884-3031 教頭 杉江まで)

 

食品ロスをなくそう ~四中英語部の皆さんからのメッセージ~

先日、第四中学校上甲(じょうこう)校長先生から、依頼が来ました。

その内容は、「四中の英語部の三年生が、『フードロス』について自分たちの考えをまとめ、資料『Let’s stop food waste 食品ロスをなくそう』を作ったので、砂子小学校の子どもたちに送ります」

という内容でした。

 この資料の右の中断あたりに「現在の日本では沢山の食品が無駄になっています。この中には何が入っているか考えたことはありますか?中には私たちと同じが入っています。この命は『無駄にされる為』に生まれてきたわけではありません。…」と書かれていて、ものすごく納得してしまいました。

6年生では、今、私たちを取り巻く社会について学んでいるので、6年生の学習教材に使おうと考え、担任の先生に渡しました。6年生の子どもたちの多くが2ヶ月後には第四中学校の生徒になっているので、今、先輩からのメッセージを受け取ることも意義があると思います。

 

 

2月8日(火曜日)

不審者情報

大阪府警の安まちメールにて、

~本日の午前7時30分頃、門真市三ツ島4丁目11番付近路上において、ズボンを下げて立っている男が目撃されました。 男は、年齢60歳くらい、小太り、上下紺色ジャージを着用していました。不審者を見かけたら、安全な場所に移動し、すぐに110番通報して下さい。~

という情報がありました。

こういった情報を見るたびに、本当に嫌な思いになるとともに、子どもたちのことが非常に心配になります…。

皆さま、お気をつけください。

 

 

2月7日(月曜日)

学校における感染対策

先日、全国知事会が厚労大臣に「今後、新型コロナウイルス対策の重点を学校や保育所に転換するように求めた」というニュースがありました。

学校では、現在、教室の4隅を開けての換気(この1月に新しいエアコンが設置されたので、窓を開けていてもあたたかいです)に加えて、空気清浄機をフル稼働させています。

また、手洗いや手指消毒の徹底、教職員による校内清掃や消毒作業を何度も行っています。給食時は教職員が使い切り手袋をつけて配膳し、子どもたちは『飛沫防止ガード』を机の周りに設置して食べます。(理化学研究所のスーパーコンピューター富岳のシミュレーションではパーテーションは感染リスクを1/3にするという結果が出たそうです)

また、教育活動においても、先日の教育委員会からのお手紙でお知らせしたとおり、様々な制限をしています。学年をまたいで行う、児童集会や委員会活動、クラブ活動も行っていません。

本当に子どもたちにとっては、つらい部分もたくさんあると思っています。しかし、先生たちも感染防止を行いながら、子どもたちの健康チェック、ふだんの教室での授業に加えてオンラインへの対応、そして、感染防止に関する打合せや、夜遅くまで授業準備、保護者の皆様への連絡、土曜日・日曜日の出勤などなど、今が踏ん張りどころとがんばっています。

学校での感染防止対策、教職員一同で、とにかく頑張っていきます。

 

 

2月6日(日曜日)

オミクロン株の特徴 沖縄県の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の座長の話

昨日、テレビのニュースで、沖縄県の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の座長が出演され、日本で最初にピークを迎えた沖縄県のデータをもとにオミクロン株の特徴を詳しく説明していました。

キャスターの質問に対して、座長は、陽性になった方が亡くなってしまう致死率について、

『インフルエンザは0.1パーセント以下ですね。そして沖縄県では、デルタ株までは約0.8%、対してオミクロン株はいま0.02%。これは大きな違いがあります。』

と言っていました。

また、この座長の意見がある記事にも載っていて、国立感染症研究所が、沖縄県のデータも含めて英語の論文を発表し、そこにはオミクロン株のウイルス排出のピークは、発症後3~6日と書かれているとも言っています。つまり、デルタ株は症状が出る2日前から他の人に感染させるおそれがあったのですが、オミクロン株は症状が出る前ではなく、3日から6日後に感染させるおそれがあるというのです。

そこで、保護者の皆様にお願いですが、お子様に熱はなくても喉の痛みや鼻水、くしゃみなど、風邪の症状が少しでもあれば、登校をひかえさせるなどのご協力を以前にも増してお願い申し上げます。

 

緊急の連絡について

土日など、お休みの日にお子様の体調不良がみられ、病院で検査など受けた時は、下記の電話に連絡をして下さい。もし、陽性になった場合など、濃厚接触者を調査するための資料や文書をあらかじめ作成しておくことができ、少しでも早く確定できますので、何とぞご協力をお願い申し上げます。

連絡は

080-3492-2672(砂子小学校の携帯電話 教頭 杉江)

まで、お願いします

お休みの間も、マスク・手あらい・こまめな換気などをお願いします。

 

 

2月4日(金曜日)

濃厚接触者の待機期間について

一昨日の夜、厚労大臣が濃厚接触者の待機期間を短縮すると発表をしました。

今、問題になっているのは、陽性者より濃厚接触者の方が待機期間が長くなるということです。陽性となった家族と同居する濃厚接触者は、最後に陽性者と接した日を起点に待機期間を数えるため、家族の療養が解除されたあと、さらに7日間仕事や学校を休む必要があります。

しかし、国立感染症研究所によると、オミクロン株は発症後7日を超えて2次感染者が発症するケースは「極めてまれ」とのことで、このデータをもとに、陽性者と同居する濃厚接触者は、マスクの着用や手の消毒など感染対策をとった日か、陽性者が発症した日の遅い方を起点に7日目までに発症しなかった場合には待機を解除するという形に変えるという内容です。ただし、別の家族が発症した場合はその時点を0日として数え直すようです。

もし、濃厚接触者や陽性者となった場合の対応について、詳しいことは下の『大阪府の新型コロナウイルス感染症関連特設サイト』をご覧ください。

https://www.pref.osaka.lg.jp/default.html

https://www.pref.osaka.lg.jp/attach/23711/00419322/20220203noukousessyokunokanousei.pdf

 

 

2月3日(木曜日)

節分(せつぶん せちぶん) おにはそと ふくはうち!

今日は節分です。暦の上では明日から春です。昔から、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると信じられていたため、それを追い払うために、豆まきをするというわけです。

玄関ロビーにはPTA役員の方々が節分のかざりつけをしてくださいました。猛烈なコロナ禍にさらされている今だからこそ、いっそう

おにはそと ふくはうち!と

声を大にして心の中で叫びたいと思います。

本日、『すなごだより第39号』をお子様をとおしてお配りします。ホームページでもご覧になれます。

 

 

2月2日(水曜日)

遮二無二

今日は2月2日、今年は2022年ですから、『2』が5つも付く日です。『2』という数字を使った四字熟語で『遮二無二』(しゃにむに)という言葉があります。

これは、「二を遮る(さえぎる)」つまり、一つのことに集中する、また、「二が無い」つまり、前後のことは考えないということだそうで、あれこれ悩まず、集中して物事に取り組むという意味の言葉です。

新型コロナウイルスをはじめ、心配なことはたくさんあるのが、今です。

しかし、砂子小学校の子どもの『より良い成長』をめざすということに集中して、教職員が力を合わせて『チームすなご』として遮二無二進んでいきます!

 

 

2月1日(火曜日)

今、考えること…非認知能力(ひにんちのうりょく)

早いものでもう今年2番目の月となります。コロナ禍が始まって丸2年がたちましたが、今最も大きな第六波に見舞われており、学校でいちばん大事しなければならないのは感染防止です。そのためには学級閉鎖や休校、教育活動の制限も必要です。

さて、子どもの健全な成長のため非常に大切とされている力があります。

ちょっと難しい言葉ですが『非認知能力 ひにんちのうりょく』といいます。

テストの点数など目に見える力は『認知能力』と言われますが、『非認知能力』とは、自分と向き合う力、自分を高める力、他人とつながる力であり、これが高ければ、学力などの『認知能力』に良い影響があるというものです。

しかし、こうした『非認知能力』はふだんの授業やグループ・ペア活動、運動会や宿泊学習などの行事、朝礼や児童会活動、校外学習、先生以外のゲストティーチャーから学ぶ体験など、フェイストゥフェイスのコミュニケーションの場で身につけることが多いと思います。オンラインではなかなか難しいのです。

私のような老骨とはちがい、日々、心身が成長している子どもは、その発達のタイミングに合った『非認知能力』をその場、その時に身につけていくと思っているのですが、この2年間、一斉休校や教育活動の制限の中で、どれだけ身につけられたのでしょうか?

教科書の内容は後から補習できます。しかし、これからもどれだけ続くかわからないコロナ禍のもと、どのようにして子どもたちの『非認知能力』の向上を補っていけるのか、それが、本校だけでなく、全国の学校が抱える大きな課題だと考えています。

 

 

1月31日(月曜日)

一月行く

学校通信『すなごだより第36号』に一月は行く、二月は逃げる、三月は去る、と書きました。
本当に早いもので、とにかく大変な月でしたが、今日で1月も終わりです。
明日から2月、3日後には節分、その日を境に暦の上では春です。
さて、玄関ロビーの飾り付けを福を呼ぶような形にしていることは既にお伝えしましたが、PTA役員さんのアイデアやお力もお借りして、いっそう子どもの心を和ませる、希望を持たせるような空間にします。
春の明るさと相まって、学校をそして子どもたちの心を明るくしていきます。
 

1月28日(金曜日)

BIG BOSS(ビッグボス)

ここのところ、新型コロナウイルス関連の暗い内容ばかりだったので、話題を変えます。

今日、1月28日はプロ野球日本ハムファイターズ新監督の新庄剛志さんの50歳の誕生日だそうです。就任の記者会見で、自分のことを監督ではなく『BIG BOSS』と呼んでほしいと言っていましたが、なかなか面白いなあと思いました。

私は阪神タイガースのファンでしたから、よく甲子園に新庄選手を見に行ったものです。華のある選手でした。センターからのバックホームの球がとても速かったことが印象に残っています。

そのBIG BOSSが最近言っている言葉が、

『まいにち 楽しんじょう!』

笑いました。

 

 

1月27日(木曜日)

お願い

保護者の皆様にお願いです。

〇子どもたちに発熱、のどの痛みや腹痛などの症状があれば、おうちでゆっくりと休ませてあげてください。

この間、学校医の先生からいろいろとアドバイスをもらっていますが、この時期は胃腸炎なども流行すること、やはり手洗いをきちんとやることが非常に大切であることなどを教えていただきました。

 

厚労省ホームページを見ると

今、新型コロナウイルスのことを知るためには、テレビやネットなどを通して知る方が多いと思いますが、言っていることも専門家によって全くちがいます。

また、報道では『感染者が過去最多』などとありますが、陽性と感染は違うので、厚労省のホームページには新規陽性者数と書かれています。また、同ホームページには様々なデータが載っています。

そのうち、『新規陽性者数の推移』『重傷者数の推移』『性別・年代別重症者数』3つのグラフを転載します。

新規陽性者の数の推移です。1月になって爆発的に増えていることが分かります。

重症者の数の推移です。今、左のグラフのように陽性者数は爆発的に増えていますが、重症者数は第5波・4波・3波に比べて少なくなっています。

性別・年代別重症者数です。70代男性がもっとも多く11人、10代は男女ともおらず、10歳未満では男の子1人となっています。

 

 

1月26日(水曜日)

二律背反(にりつはいはん)

昨日の府内陽性者数は8,612人、門真市内では121人でした。全国の陽性者は初の60,000人超えとなりました・・・・・過去最多・過去最多・・・何度もこの言葉を聞いたことでしょう。市内でも多くの学校で学級・学年閉鎖が行われています。感染拡大防止のためですから当然のことと思います。

しかし、ちょうど2年前を振り返ってみると、一斉休校があり、それは子どもたちの心に大きなストレスを与え、心身の不調をうったえる子どもが大きく増えました。学校は学力をつけるだけでなく、人と人とのつながりを感じたり、もめごとがあっても乗り切る経験をしたり、支え合うことが気持ち良いことを知ったり、辛いことも言い合える仲間をつくったり、社会でひじょうに大切なコミュニケーションの場となっているからです。

資料『コロナ禍におけるこどもたちの心とからだ』(下をクリックしてみてください。非常に考えさせられる内容です。https://www.ncchd.go.jp/center/activity/covid19_kodomo/report/ondemand20210802.pdf
 

そのコロナ禍は丸2年たって収まるどころか、過去最多を毎日更新・・・・・これほど長いコロナ禍のもと、今のようにひんぱんに学級閉鎖や学年閉鎖が続くと、子どもたちの心にまたもや大きな影を落とすことにもなってしまう。しかし、感染防止もしなければならないという2つの相反することを行うことが私たちに求められており、今最も大きく、苦しい課題です。

しかし、嘆いてばかりはいられません。今、子どもたちのためにやれることを誠実に丁寧にやる。それしかありません。

かけがえのない子どもたちを中心にすえて、教育活動をつくる

このことはいつの世も変わりません。

 

 

 

1月25日(火曜日)

保護者の皆様方へお願いです

〇毎日、ハンカチを持たせて下さい。よろしくお願いします。

〇欠席をするときは・・・・

しばらくの間は、感染拡大予防のため、電話で連絡をして下さい。

朝7時45分~8時30分くらいにお電話をください。072-884-3031 

〇PCR検査などを受けることがわかればすぐ教えてください。おうちの人が検査を受けるときも知らせてもらえると助かります。もし、陽性だった時のために、学校では資料を作り始めます。検査を受ける人の確定を早くすることができます。 

学校に電話をください。072-884-3031(杉江まで)

学校に誰もいないときは 06‐6902‐1231(門真市役所宿直室)に連絡してください

 

 

1月24日(月曜日)

臨時休業のルールが変わります!

先週末、教育委員会から門真市の臨時休業のルールを変えますという連絡がありました。

これまでの門真市のルールでは陽性者が出ると全校休校にしていました。

しかし、今のように感染が急拡大している中では子どもたちや保護者の皆様の負担が大きいこと、お隣の守口市や大東市、寝屋川市ではすでに全校休校をやらなくても対応できていることなどから、

本日24日(月曜日)から門真市でも全校休校は行わず、陽性者の出た学級だけを2日間「学級閉鎖」(延びることも、短くなることもあります)

となりますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

門真市教育員会からのお知らせはこちら(下をクリックしてください)

『新型コロナウィルス感染症に伴う今後の臨時休業について』(令和4(2022)年1月24日 門真市教育委員会)(PDFファイル:92.5KB)

 

本日、お子様をとおして『すなごだより第38号』をお配りします

すなごだより第38号(PDFファイル:309.2KB)

 

 

 

卒業式

門真市内で、大阪府で、そして日本中で新型コロナウイルスがものすごい勢いになっていて、砂子小学校の子どもたち、特に、あと2ヶ月で卒業というのに、6年生の子どもたちとっても、本当にかわいそうな状況になっています…。

2学期の終業式の日には、まさか一月後にこんなことになっているとは予想もしませんでした。

その日のホームページには、『6年生は小学校生活も残り3ヶ月となります。良い3学期にしましょうね。あなたたちに卒業証書を渡すのが楽しみです。』と書いたのですが…

けれども、これからの2ヶ月足らずではありますが、できる限り良い思い出をつくりましょう。
さて、今年の卒業式は3月18日(金曜日)に行います。残念ながら、在校生は参加できません。時間も1時間程度となります。保護者の方々の人数も2人以内に制限させていただきます。

また、万一のため、予備日を3月25日(金曜日)とします。

 

 

1月21日(金曜日)

大阪府 まん防要請へ

昨日の門真市の陽性者も91人でした。これで2日連続で90人台となり3ケタにも迫りそうな勢いです。本当に感染爆発が止まりません。保健所も完全にパンク状態で、検査機関もまったく回らない状態だと聞きました…

昨日のニュースでは府内で入院や療養の判断を待つ感染者の方々の数は8498人とありましたが、今日は、もっと増えることでしょう…

いよいよ大阪府も『まん防(まん延防止重点措置)』を政府に要請するようです。

新型コロナウイルス発生から丸2年、今が最も危機的な状況です…本校でも教職員全員でこれまでの取組を振り返り、感染防止策の改善徹底を図らなければならないと考えています。

一方で、子どもたちの学びを止めないための方策も考えなければなりません。今やれることについて一定の方向性を出し、皆様にお知らせします。

*今日の『すなご日記』もご覧ください。

*時々、『お知らせ』のコーナーもご覧ください。

 

 

1月20日(木曜日)

今、やれること

新型コロナウイルスオミクロン株の猛威が止まりません…

昨日の全国の感染者は40,000万人を超え、大阪府では6,101人と過去最多、門真市でも97人と100人に迫る勢いになっています。

これまではかかりにくいとされていた10歳未満の子どもの感染者が718人(うち就学児285人)となっており、保護者の方々のご心配を考えると、本当に心が苦しくなります。私も本校の教職員も心を悩ませております。

学校としてもこれまでの取組を丁寧に振り返り、見直し、今、やらなければならないこと、やれることを教職員全員で話し合い、しっかりと考えていきます。

 

 

1月19日(水曜日)

緊急メール通信網ミマモルメへの加入について

本校では、緊急時などに学校から一斉メールを送り、速く保護者の皆様に情報を伝えるため、株式会社ミマモルメが提供するサービスを導入しています。

新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する対応など、学校からの連絡が早く届くためにも、まだ、入られていないご家庭には「緊急メール連絡網(ミマモルメ)」に加入いただけるよう、ご協力をお願いいたします。

なお、今回、加入をお願いするのは、無料で利用できるメール連絡網アプリです。加入については、株式会社ミマモルメのホームページをご覧ください。

下のURLをクリックすると、ミマモルメのホームページが出ます。ホームページの下にある『新規申し込み』をクリックして、順に手続きをしてください。そうすると、学校に申込者のIDが書かれた封書がとどくので、それを申込者にお渡しします。封書にある説明を見て、登録していただくということになります。

http://www.hanshin-anshin.jp/mimamorume/notification/

(株式会社ミマモルメ 緊急メール連絡網)

 

お願い

時々、ホームページ『お知らせ』のコーナーもご覧ください。

 

 

 

新しい学校づくり通信第2号

教育委員会から、第四中学校区の小中一貫校に関して、『新しい学校づくり通信』が送られてきました。

教育委員会では、小中一貫校設立に向けて『門真市第四中学校区新しい学校設立準備会』を立ち上げており、ここにはPTA会長様などの役員の方々、私を含めて脇田・四中の校長、そして地域の皆様方が参画しています。

また、もう一つ、12月頃にご案内いたしましたが『スクールツクール』(第四中学校区小中一貫教育を考えるワークショップ)という会議もあり、そこには各校のPTAの役員の方々や教頭や教員、地域の方などが入って、意見交換をしています。

昨年の12月に設立準備会とスクールツクールがそれぞれ行われ、その内容をもとにして書かれているのがこの『新しい学校通信づくり通信』です。

 

 

 

1月18日(火曜日)

冬の大三角形

私は星を見るのが好きです。今、南の空でに見える最も明るい星は、おおいぬ座のシリウスです。シリウスが見つかれば、その左上に視線を移すと、シリウスほどではないものの明るい星が見えます。それがこいぬ座のブロキオンです。このシリウスとブロキオン、そして以前にも紹介しましたが、オリオン座の赤い星で巨人のわきの舌という意味のペテルギウスとを結ぶと、ほぼ正三角形となります。これを冬の大三角形と呼びます。

冬の澄み切った夜空を見ている間は、地球上はコロナ禍で非常に気の重い毎日ですが、それも忘れてしまいます。

 

 

 

1月17日(月曜日)

阪神・淡路大震災

27年前の1995年1月17日早朝、あの阪神・淡路大震災が起きました。

あの頃、関西には大きな地震はない、さらに関東大震災など歴史上の出来事で、文明の発達した現代ではあのような被害は出ないとも勝手に思い込んでいました。

ところが、あの日、そんな思いは吹き飛びました。ビルが折れ、高速道路が落ち、駅が無くなり、明かりが消え、街が焼ける…

知人も亡くなりましたし、住んでいたマンションが壊れて引っ越す友人の手伝いにも行きました。また、避難所になっていた東灘区の小学校にも行きました。あのときほどショックを受けたことはありません。

さて、国道交通省近畿地方整備局が『阪神・淡路大震災に学ぶ』というホームページをつくっています。(https://www.kkr.mlit.go.jp/plan/daishinsai/0.html)
ここには、

阪神・淡路大震災で亡くなった人の原因は、「圧死」の方が大部分(約3/4)を占めており、「焼死」の方も約1割であった。

→家屋倒壊と家具転倒の防止に努める

→避難の際にはブレーカーを降ろすなどの対策も大事

被災地内の市民による救出活動が重要な役割を果たした。

→日頃から近所付き合いに努める

電話回線がパンクした。

→NTTの171システム(https://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171/)が設立され、被災時の情報収集を妨げることが無いような対策が図られた

などと書かれています。

また、

整備された道路や公園が震災時に役立った

水や食料の備えが避難生活に役立った

ということも書かれています。

コロナ禍の最中ですが、感染症のみならず、先日の津波など、自然界には人間にとって脅威となるものがたくさんあります。そこから学び、学びをもとに行動することが大切だと思います。

 

 

1月14日(金曜日)


今後の学校全体行事について


3学期、学校全体で行う行事として、『砂子フェスタ』及び『マラソン大会』を考えていますと、12月にホームページでお伝えしました。
しかし、これだけ急激に新型コロナウイルス陽性者が府内、そして市内でも急増している中、教職員全体で協議し、全校の子どもが一度に集まる形での実施はひかえようということになりました。
ただし、子どもたちが自分たちが学んできたことをまとめ、その内容や感じたことを他の人に伝える『砂子フェスタ』は、子どもの学びを深まるためには大切だと考えており、やり方や時期を変えて行う予定です。保護者の方の参観などはできません。
また、『マラソン大会』も行いませんが、今の時期に体力をつけておくことの大切さを12月末のホームページでお伝えしたとおり、その考えは変わっていません。したがって各学年の体育の授業などでは、感染防止に気をつけたうえで持久走も行っていきたいと考えています。
何とぞ、ご理解たまわりますよう、お願い申し上げます。
なお、卒業式は3月18日(金曜日)の午前中に行います。2年間の高学年の時期をコロナ禍で辛い思いをした6年生の子どもたちに、この行事だけは必ず行ってあげたいと考えています。

 

 

1月13日(木曜日)

大学入試

いよいよ入学試験のシーズン到来です。さて、今日1月13日は今から43年前の昭和54年(1979年)に初めて『大学共通第1次学力試験(通称共通一次)』が行われた日です。

これは、すべての国公立大学などの入学志願者を対象として、全国の各会場で共通の試験問題により一斉に実施された基礎学力試験のことで、私も受けました。

その後、『大学入試センター試験』と名称がかわり、昨年から『大学入学共通テスト』と再び名称をかえて今も実施されています。今年は今週の土日に行われます。

砂子小学校の子どもたちにも将来、この試験を受ける人がいることでしょう。今のうちから大学の入試制度を知っておくことも大切かもしれません。

 

 

1月12日(水曜日)

今後の教育活動について

門真市教育委員会から、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて『小学校、中学校における教育活動について(第16版)』が送られてきましたので、本日、お子様をとおしてお配りします。

『小学校、中学校における教育活動について(第16版)』(令和4(2022)年1月 門真市教育委員会)(PDFファイル:239.4KB)

『同上 やさしい日本語版』(PDFファイル:115.3KB)

大阪府では8日より大阪モデルのイエローステージとなっていますので、感染防止に注意しながら、慎重に教育活動を行っていきます。

今後、学習のかたちを変えたり、行事の中止や変更を行ったりすることが多々あると思います。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

『ほけんだより1月 第13号』の配布について

お子様をとおしてお配りしますので、必ずご覧いただきますようお願い申し上げます。

『ほけんだより 1月 第13号』(PDFファイル:504.2KB)

 

門真市の学校での新型コロナウイルスによる臨時休校の考え方について

9月にもお知らせしておりますが、本校の子どもたちや教職員に新型コロナウイルスの陽性者が出た場合の臨時休業などの対応について、下に再掲しますので、お知りおきください。

 

 

 

 

1月11日(火曜日)

今日から3学期

いよいよ今日は3学期の始業式です。残念ながら冷たい雨が降っていますが、安全に気をつけて登校してきてください。玄関ロビーには、PTA役員の方々が作ってくださった新年の飾りがみんなを待っています。

なお、今日の始業式はオンラインで行います。

私から各学年への言葉は、2年生の郵便会社を通して、各学級に年賀状の形で送りますので、読んでもらえたらありがたいです。

さあ、砂子小学校の皆さん、新型コロナウイルスが再び増えてきましたが、健康に注意して、しっかりとがんばっていきましょう!

*本日、お子様をとおして「すなごだより第36号」をお配りします。ホームページ「学校通信『すなごだより』」でもご覧になれます。

 

 

1月7日(金曜日)

お知らせ

現段階での令和4(2022)年1月の予定を掲載いたします。

日(曜)

内容

11日(火曜日)

始業式(3時間目終了後、下校します)

12日(水曜日)

給食はじまり(5時間授業の後、下校します)

13日(木曜日)

PTA実行委員会

19日(水曜日)

委員会活動

26日(水曜日)

クラブ活動

2月2日(水曜日)

砂フェス(午前9時30分~11時30分頃)

 

*各学年の行事等は「学年だより」で担任からお知らせしますが、始業式の次の日の12日(水曜日)に全学年の「学年だより」をお配りします。なお、学校通信「すなごだより第36号」は11日にお子様をとおしてお配りします。

*新型コロナウイルスの感染状況によっては、教育活動の再制限や行事の大幅な変更、中止もあり得ますので、あらかじめご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

 

新型コロナウイルス急拡大…

オミクロン株の影響でしょうか、急激に全国そして府内の陽性者の数が増えています。

このオミクロン株については、WHO(世界保健機関)が、デルタ株など、ほかの変異株との違いについて、以下のように新たな見解を示しています。

何が違うのか、まずデルタ株など、これまでのほかの変異株は肺にまで達する特徴があり、その結果、重度の肺炎を引き起こすケースがあったものの、今回のオミクロン株は、主に鼻やのどなど、首から上の部分に影響を及ぼす症例が多かったということで、つまり症状は軽症で、ほかの変異株と比べて、入院や死亡のリスクは低いという見解を示しました。

ただ、WHOの担当者は、「軽度」に位置付けるべきではなく、断定にはさらなる調査が必要と、慎重な見方を示しています。

いずれにせよ、まったく予断の許さない状況ではあります。

明日からの3連休が終わるといよいよ3学期が始まります。ご家庭での感染予防対策について、くれぐれもよろしくお願い申し上げます。

11日の始業式には子どもたちが元気な顔で登校してくるのを待っています。

ただ、お子様に発熱をはじめ、のどの痛みなど風邪(かぜ)のような症状がある場合は無理して登校させず、ご家庭で様子を見てあげていただければと存じます。何とぞよろしくお願い申し上げます。

 

1月6日(木曜日)

寒波(かんぱ)到来

この年末年始は寒波が到来し、特に日本海側のみならず滋賀県などでも記録的な大雪となりました。また、今日は東京や神奈川でもかなりの積雪が見られるとのことです。

さて、下の写真はこの年末年始に来た年越し寒波の際、雪が降っている地域を表したものです。

日本列島の真ん中から上(日本海側)に雪が多くて、下の部分、太平洋側は降っていません。日本の冬では、このように日本海側は雪、太平洋側は晴れという日が多いのですが、このホームページを見ている砂子小学校の子どもたちがいれば、どうしてなのか考えみてください。理由がわかった人は新学期に校長先生に教えてくださいね。

 

1月5日(水曜日)

小寒

今日は小寒です。太陽の黄経(太陽が天球上を通る経路(黄道)を等角に分割した座標。特に春分点を座標ゼロとして360度に等分したもの)が285度となる日が小寒となり、今年は今日になります。

小寒とは寒さが厳しくなる時期で、6つある冬のうち5番目の季節で、春が待ち遠しい時期です。また、新年を迎え特に更に寒さが厳しくなるため「寒の入り」とも言われます。

寒い日が続きますが、子どもたちには体調を整えて、11日に元気に登校してほしいと思います。

 

 

1月4日(火曜日)

今が楽しいと言える幸せ 田中力子さんの話

先日の新聞に世界最高齢に認定されている福岡市の田中カ子さんの記事が載っていました。

一昨日の1月2日に119歳の誕生日を迎えたとのことです。田中さんがこの世に生を享(う)けたのは、1903(明治36)年。ライト兄弟が人類初の有人動力飛行に成功した年です。同い年には、このホームページでも紹介したことのある金子みすゞ、さらには小説家の林芙美子、蟹工船で有名な小林多喜二、伝説の大リーガー打撃王ルー・ゲーリッグといった歴史上の人物と言ってもよい人たちがいます。

明治から令和まで五つの時代を経験し、来年迎える「120歳」がかねての目標だという田中さん。

とは言え、これまで何度か大病を患ったこともあるそうです。45歳ですい臓ガンの手術、76歳で胆石の除去手術、90歳で白内障手術、さらには103歳で大腸ガンの手術も経験しているとのこと。

趣味は勉強をすること。週に1度、算数教室に参加したり、詩を作ったりしているそうで、「楽しかった時は」と聞かれると、「今!」と答えられるそうです。

大きな戦争や大きな病気も経験してもなお、これだけ長く生きてこられたこと、そして、「今が楽しい」と言える深さに感銘を受けました。

 

*1月12日から給食が始まります。「お知らせのコーナー」に『1月 給食 日めくりカレンダー』を載せていますので、ご覧ください。

 

 

令和4(2022)年1月1日(土曜日)

新年あけましておめでとうございます

快晴の朝です。いよいよ新しい年令和4(2022)年がやってきました。

砂子小学校の子どもたちをはじめ、砂子小学校にかかわるすべての方々にとって良い1年になることを祈ります。

また、これからの1年間も砂子小学校への応援をよろしくお願い申し上げます。

令和4(2022)年元日元旦 校長 満永 誠一

 

 

 

12月28日(火曜日)

良いお年をお迎えください

今年も今日を含めてあと4日となりました。コロナ禍で明け暮れた1年でしたが、来年こそは明るい年にしたいものです。

さて、明日から学校も市役所同様、3日まで閉庁日となります。その間の連絡先は以下のとおりです。

【閉庁期間の連絡先】

緊急連絡(お子様に大きなケガがあったり、お子様や同居のご家族がPCR検査を受けることになったりした場合など)については、市役所の宿直までご連絡ください。

門真市役所(宿直)電話 06-6902-1231

 

来年は『とらどし』です。『とら』と言えば、非常に大切なものを例えるときにつかう『虎の子』という言葉もあります。

砂子小学校の子どもたちをいっそう大切に大事に守り、育てていきましょう。

皆さま、良いお年をお迎えください。

 

 

12月27日(月曜日)

子どもの体力増進に向けて ~マラソン大会を考えています~

25日の新聞に『子供の肥満 過去最高 全国テスト 体力合計男子最低更新』という見出しの記事が載っていました。

毎年(昨年はコロナ禍のため中止でしたが)小5と中2で実施される『「全国体力・運動能力、運動習慣等調査(全国体力テスト)」という調査があります。今年は、本校の5年生でも実施しました。

結果は、見出しのとおり、実技テスト8種目で算出する体力合計点の全国平均はいずれも前回調査の数値を下回ったとのこと。一方で子どもの肥満は過去最高だそうです。スポーツ庁は、新型コロナウイルスの影響で子どもの体力低下に拍車がかかったとみており、学校などに運動習慣の形成を促す方針とのことです。

私も子どもたちの体力低下と健康面への影響は子どもたちを見ていて感じるところがたくさんありました。したがって、何らかの体力増進の取組を行いたいと考えていました。

しかし、以前にもホームページに載せましたが、府内他市でお子様が持久走の最中に亡くなった事件がありました。保護者の方々の心中はいかばかりかと思います…この調査結果を見極めなければならないと思っていましたが、この事件を調査していた学校事故調査委員会が24日に報告書をまとめ、そこに無理のない速さの持久走で「マスクが直接の原因となって死亡することは考えられない」とする医師の意見が掲載されているとのことです。

この報告を踏まえながら、スポーツ庁の方針も受け、一昨年まで行っていた『マラソン大会』を3学期に実施したいと考えています。

なお、マラソン大会を行うにあたり、マスクは外すように子どもたちには指導いたします。マスクを外すことについてご心配な方は、まず担任までご相談ください。

 

 

12月24日(金曜日)

各学年のみなさんへ ~2学期をふりかえって~

今日は2学期終業式です。暑く、そして新型コロナウイルスに感染する人がとてもたくさん出ていた8月26日から始まった長い2学期も今日で終わりです。

昨日の大阪府内の感染者数は33人で、このところずっと2桁が続いています。門真市でもほぼ毎日0人で落ちつきは見られますが、オミクロン株のこともあり、まったく安心できません…

3学期の始業式には全員が元気に集まれるように、この冬休み中は感染予防に気をつけてください。手洗いやうがいをしっかりやりましょう。それから、夜ふかしやゲームのし過ぎなどで体調をこわさないようにしましょう。

体に気をつけながら、楽しい良い冬休みにしてください!

さて、この2学期、各学年のみなさんを見ていて思ったことを正直に書きます。

1年生のみなさんは、友だちと力を合わせて勉強したり、調べたり、運動したり、遊んだりすることがとてもよくできるようになっています。また、自分の考えを正しくきちんとほかの人に伝えることもうまくなってきました。教室に行くと、いつも笑顔で迎えてくれるあなたたちは私の自慢です。

2年生のみなさん、いつもクラスのイベントにお招きいただき、本当にありがとうございます。1年生のための遊び広場をこしらえたり、会社活動などで人のためのがんばろうとしたり、いっしょうけんめいに九九を覚えようと努力したりしている笑顔の絶えないあなたたちも私の自慢です。

3年生のみなさん、9月に来ていた教育実習の先生と楽しそうにすごしていた姿を思い出します。みなさんと触れ合って教育実習の先生は本当の先生になりたいと思ったでしょう。そんな素直さや人懐っこさ、親しみやすさ、そして明るさをいつも見せてくれるあなたたちも私の自慢です。

4年生のみなさん、2学期の10月頃から一緒に体育の授業をやったことがとても良い思い出です。マット運動での前転や後転、開脚前転に閉脚後転や台上前転、とび箱運動では、私の話をよく聴いていっしょうけんめいうまくなろうとしていました。そんなあなたたちが私の自慢です。

5年生のみなさん、砂子小学校で一番数が多い学年です。ということは多くの人と仲良くなれるチャンスがたくさんあるということです。ハロウィンパーティやクリスマス会など、みんなで楽しんでいましたね。そうやって、様々な仲間とすてきな顔で活動しているあなたたちが私の自慢です。

そして6年生のみなさんとは修学旅行に一緒に行きました。平和公園でのボランティアの方々、宿舎の方々の話をきちんと聴こうとしている姿にとても好感が持てました。また、1年生や2年生などの低学年をとことんかわいがり、楽しませようとしている姿には感動すら覚えました。砂子小学校最高学年のあなたたちも私の自慢です。小学校生活も残り3ヶ月となります。良い3学期にしましょうね。あなたたちに卒業証書を渡すのが楽しみです。

少しの間、みなさんの顔が見られないのはさびしいものです。それは、砂子小学校で働いている教頭先生をはじめみんなが同じ気持ちです。この冬休みに病気をしたり、ケガをしたりしないように気をつけてください。そして、必ず1月11日の始業式の日には元気に学校に来てください。待っています!

 

*ほぼ毎日のように書き綴ってきた「校長雑記」ですが、「見てますよ」「読んでるよ」「こんなことを思いましたよ」「こう書いたほうが良いのでは」といった様々な感想も寄せられました。それがビタミン剤となって書き続けられました。なお、冬休みの間はお休みをいただきます。

 

 

 

12月23日(木曜日)

不審者対応訓練

昨日の放課後、門真警察や保護司で地域にお住まいの交番評議員をなさっている門脇様をお招きして、学校に不審者が侵入したことを想定した教職員訓練を行いました。

子どもたちの安全確保のための方策をはじめ不審者侵入への対応方法、さすまたの使い方、警察への連絡方法や内容等々を学び、その後、校内で実際に不審者が入った場合を想定した実地訓練も行いました。

警察や門脇さんからの指導助言や各教職員の反省を踏まえ、不審者対応マニュアルの改善を行います。

まずは、大阪府警作成の対応マニュアルを映像で見ました。

門真警察の方3名と門脇さんにも同席いただきました。

その後、実際に不審者役の教員が校内に侵入し、それに対する実地訓練を行いました。最後に門真警察の方々から、さすまたなどの使い方を学ぶとともに、実地訓練について講評をいただきました。今後の改善にいかしていきます。

CO2センサー

AI顔認証サーモグラフィーを玄関ロビーに設置したことは、12月6日のホームページ「すなご日記」でお伝えしましたが、もう一つ感染対策備品として門真市教育委員会からCO2センサーが届いたので、各クラスに設置します。室内のCO2(二酸化炭素)の濃度を検知するもので、濃度が高くなるとアラーム音がなり、換気をうながします。

とても寒くなってきましたから、いつも窓を開放することは子どもたちにとっても辛いことだと思います。このセンサーの値も参考にしながらタイムミングよく換気を行い、3学期もひきつづき感染対策を進めていきます。

 

 

 

12月22日(水曜日)

今日は冬至(とうじ)

一年のうちで夜がいちばん長い日です。今日の門真市の日の出が午前7時1分で、日の入りが午後4時50分ですから、昼の時間は9時間49分となります。ちなみに夏至の日の昼の時間は14時間30分でしたから、それにくらべて、4時間41分短いことになります。

それから、冬至は太陽の南中高度(太陽が真南に来た時の角度)も一年でいちばん低くなります。

冬至のときの太陽の南中高度=90-(その場所の北緯)-23.4(地球の地軸の傾き)で計算できます。門真市は北緯約35度の位置にありますから、90-35-23.4で31.6度となり、夏至の日の南中高度である78.4度よりも46.8度も低いことになります。(下図参照) 寒いのも当たり前ですね。ちなみの本校の校庭で夏至の時に撮った私の影と冬至の時に撮った影を比べてみます。長さがまったくちがいますね。

この地球の傾きが、日本に四季をもたらしています。

さて、江戸時代から続く冬至の日の風習として、冬至の風習が柚子湯(ゆずゆ)があります。今から200年ほど前に発行された『東都歳事記』(とうとさいじき 江戸っ子の生活にいろどりを添えた39の年中行事を月別にとりあげ、人々の暮らしぶりを紹介する本)によると、「冬至(中略)今日銭湯風呂屋にて柚湯を焚く」と書かれています。

「冬至」を「湯治」(とうじ 温泉に入ってケガや病気を治すこと)にかけ、「柚子」を体がじょうぶなら、「融通(ゆうずう)が利く」にかけて、お風呂屋さんが始めたとされています。なお、この風習は大坂(江戸時代まではこう表記していました)や京都にはなかったようで、江戸っ子ならではのしゃれたイベントのようです。

*1月の給食絵献立をホームページお知らせのコーナーに載せていますので、ご覧ください。

冬至や夏至のときの南中高度

今年の夏至の日、12時に撮った写真です。

今日の12時に撮った写真です。夏至と比べるとはるかに影が長いです。(朝から曇っていたので晴れて良かったです!)

 

 

 

12月21日(火曜日)

豊かな言葉

私たち人間は言葉(ことば)を話します。ところで、『言葉』には、なぜ『葉』という字が使われるのでしょう?

中学校、あるいは高校で、古今和歌集(こきんわかしゅう)を習うと思います。今から1100年も前に作られた和歌集です。その古今和歌集のはじめに仮名文で書かれた仮名序(かなじょ)が添えられていて、これは、古今和歌集の編者で、土佐日記でも有名な紀貫之(きのつらゆき)が書いたとされています。

その仮名序の最初の一文を紹介します。

〜やまとうたは、人のこゝろをたねとして、よろづ(万)のことのは(言の葉)とぞなれりける〜

やまとうた、つまり和歌は人の心を種として、葉っぱのように生い茂っている『言の葉』であるということでしょうか。

たくさんの葉っぱが生い茂っている光景からは『たくさん』『色とりどり』『緑豊か』などということを私は連想します。

こう、考えると『言葉』は、人の心を表現し、そして人の心を動かす豊かで、多様で、そして美しいものでないとダメだよと紀貫之が教えてくれているのだと、勝手な解釈をしています。

言葉は、コミュニケーションの手段として、生活の中であたりまえに使われていますが、人間は生まれたときから言葉が話せるわけではありません。子どもは言葉を話せない時から身近な人との温かいかかわりの中でコミュニケーションの基礎を育み、豊かな体験を積み重ねる中で、言葉を豊かに育んでいます。

逆に、温かくない、つまり冷たい関係の中では、言葉は貧しくなってしまいます。

低学年で、よく、『ふわふわ言葉』『ちくちく言葉』という学習をします。相手の心をちくちく刺すような、嫌になるような、悲しい気分にさせるような言葉を「ちくちく言葉」と言います。

言ったほうは、注意するつもりだったかもしれません。冗談だったかもしれません、親しみのつもりだったかもしれません。が、いくら相手と親しい関係にあっても言葉の持つ「ちくちく」としたトゲが、知らないうちに相手の心を傷つけていることがあります。そして、それは回り回って言った本人の心を汚してしまうのです。もはや、それは『言葉』ではありません。

反対に相手の心を優しく包み、暖かく幸せな気持ちにさせ、思わず笑顔になる、そんな言葉を「ふわふわ言葉」と言います。それこそが、『言の葉』つまり、豊かな言葉なのだと思います。

言葉は、人との関係を温かいものにもすれば、冷たいものにもします。人を不幸にもすれば幸せにもします。

1000年以上も前から、大事にされてきた『言葉』

後世の私たちも、大事に大切に使って、自分の心を、そして、人の心を豊かにし、他者との関係性を温かいものにしなければなりません。

 

 

 

12月20日(月曜日)

最後の週 自分ひとりでふりかえって

今週は2学期最後の週です。また、今年、学校で子どもたちが過ごす最後の週でもあります。

最後

が今週のキーワードだと思っています。

ヘルマン・ヘッセというドイツの詩人は、こんなことを言っています。

最後の一歩は自分ひとりで歩かなければならない

砂子小学校の皆さん、最後の週である今週は、自分ひとりでじっくりと、2学期をそして1年を振り返り、できたこと、できなかったこと、来年やってみたいことを考えてください。

 

 

12月17日(金曜日)

花はいい言葉をかけられるときれいに咲く?

先輩の校長先生から、咲いている花の横を通る時、「きれいだね!」「もっともっとさいてね!」と心の中で声をかけている。なぜなら、花にも感情があって、優しい言葉に応えてくれるような気がするからだと聞いたことがあります。

実際には「悪い言葉」をかけても花はきれいに咲くとも言ってましたが…。

でも、やっぱり優しい気持ちは大切で、きれいに咲いている花を見かけたら、心の中でいいので、何か声をかけてください。そこから、物語や詩が生まれてくるのではないでしょうか?

と子どもたちに呼びかけているとのことでした。

さて、一昨日の砂子日記に、本校の学校サポートスタッフが、花の苗を植えていることを書きました。私も、朝、二カ所の校門を見て回る時に、花壇の横を通るので、

『寒さに負けずに、冬を越してね!』

『春には綺麗に花を咲かせて、卒業や入学、進級するみんなを祝福してね!』

と、先輩校長の真似をして、心の中で声かけをしています。

 

 

12月16日(木曜日)

異年齢交流

6年生の子どもたちが「カメレオンハンター」というゲームを昨日は2年生と行いました。今日は1年生と行います。くわしくは、明日のホームページ「すなご日記」に載せます。

また、これも先日は「すなご日記」に載せましたが、2年生がゲーム広場に1年生を招きました。

また、クラブ活動や委員会活動も始まり、異年齢交流を積極的に行える状況になってきました。

じつは、この異年齢交流は子どもたちの成長にはとても大切なものだと考えています。

なぜなら、年長の子どもは年少の子どもたちをどうリードするか、どう楽しませるかを真剣に考えます。そして実行した後、年少の子どもたちの喜ぶ姿に満足感を感じます。そして、次はこうしたらもっと楽しめるだろうと改善を図ろうとします。

いっぽう、年少の子どもは年長の子どもが自分たちのためにいろいろと考えてくれたこと、リードしてくれたこと、優しく接してくれたことに感謝の気持ちとあんな年長者になりたいという憧れの気持ちを持ち、そうなるために行動するようになります。

つまり、年長者も年少者もお互いにメリットがあり、自己実現を果たせ、成長し合えるのが異年齢交流の良さだと思います。そして、このことが学校の中に「学びに向かうプラスの連鎖」を創ることになるのです。

これからも、コロナウイルス感染には十分に注意しながらも、こうした活動を進めていきます。

*本日、「ほけんだより12月号」をお子様をとおしてお配りします。お知らせのコーナーでもご覧になれます。

 

 

12月15日(水曜日)

みんなちがってみんないい

今から100年前に活躍した詩人に、金子 みすゞという人がいます。大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した日本の童謡詩人です。

金子みすゞの詩で最も有名なのが、

『私と小鳥と鈴と』

という詩です。

知らない方は、一度読んでいただきたいと思うのですが、詩の最後にこう書かれています。

鈴と、小鳥と、それから私、

みんなちがって、みんないい

「みんなちがって、みんないい」それは、一人ひとりが、かけがえのない存在であり、ちがっていようと、あなたはあなたでいいんだよ、そして、 私は私でいいんだよということを言っているのだと私は思います。そして、できないことも、できることも、みんなそれぞれあるんだよとも言っているように思えます。

人とちがうことは恥ずかしい、人と同じじゃないといや、という気持ちは誰しもありますが、それで生きていくのは、しんどいのではないでしょうか?

みんなちがってみんないい

この言葉を大事にしたいと思います。

 

 

12月14日(火曜日)

南極の日

寒い時期に、とても寒い所の話を書きます。

今日は南極の日だそうです。

今から110年前の1911年(明治44年)の12月14日、ノルウェーの探検家ロアール・アムンセン(1872~1928年)と4人の隊員が世界で初めて南極点に到達したことが由来です。

イギリスのロバート・スコット(1868~1912年)と競争していましたが、最初はスコット隊に比べて不利と思われていたアムンセン隊が約1ヵ月先に到着しました。

結局、アムンセン隊は帰路も順調で、1912年(明治45年)1月25日に1人の犠牲者も出すことなくフラムハイムへと帰還したのですが、スコット隊は帰りに遭難し、パーティー全員が亡くなっています。

このことは、私が小学生の時の国語の教科書に載っていた記憶があります。

その後、アメリカが1956年(昭和31年)に南極点付近に建設した観測基地には、アムンセンとスコットの2人に敬意を表して、は「アムンセン・スコット基地」と名付けられています。

アムンセンは、このような言葉を残しています。

準備十年、成功五分

たった5分間の出来事による成功も、そのための準備に10年もの準備をしているということです。うまくいくためには、その裏にとてつもない時間と苦労があるということですね。

 

 

12月13日(月曜日)

四中オープンスクールに行ってきました

10日に四中でオープンスクールが行われましたので、私も参観してきました。

各学年・学級の授業を見てまわりました。

実は、かつて門真はすはな中学校の校長を務めていましたので、それ以来、久々に中学校の授業を見て、やはり専門的なことを学んでいるなぁとあらためて思いました。また、当時、門真はすはな中学校におられた先生の授業も久しぶりに参観できてうれしく思いました。

さて、休憩時間に2年生の廊下で、2年生が自分が将来就きたい職業について考えたA4版のレポートが貼られてあったので、つぶさに見ましたが、『心理カウンセラー』『大工』『警察官』『生物学研究者』『スポーツインストラクター』『美容師』などなど、様々な職業があり、その理由やなるための進路、必要な経験、決意が書かれてあり、みんなよく考えているなぁと感心しました。

さらに、見ているときに何人もの2年生の生徒が声をかけてくれて、職業についての生の声も聞かせてくれました。さすが、中学2年生ともなると、しっかりしているぁなとこれまた感心しました。

私も四中出身です。わが後輩たちの頑張りに期待します!

3年生の合唱(四中ホームページから引用しました)

2年生の職業体験発表(四中ホームページから引用しました)

1年生音楽 ギターの練習です。かつて門真はすはな中学校で共に務めた先生の授業です。

 

 

 

12月10日(金曜日)

サンタがすなごにやってきた

今朝は今年2回目の児童集会を行いました。

私から「命のバトン」についてお話した後、驚いたことに、サンタクロースが鈴を持った火の神ようなトナカイをはじめ3頭の赤鼻のトナカイにひかれて、そりではなく、台車のようなものに乗って、わざわざ、遠いフィンランドの国から砂子小学校の体育館まで来てくれたのです!

遠路、大変だったと思います…

その上、各学年の子どもたちに恒例のプレゼントを下さいました。このサンタクロースは『ダケサンタ』というお名前だそうですが、フィンランドの方なので、PTA役員の大庭さんが通訳をしてくださいました。

すなごのみんなにプレゼントを渡しますので、喜んでくれたらうれしいとのことです。

また、来年、お待ちしています!

 

 

ヒマラヤ桜

校庭の北西部、プール際にヒマラヤ桜の木があります。桜の野生種の一つで、ヒマラヤ近辺が原産と考えられており、海抜1200mから2400mの高山の森に生えるそうです。

本校のヒマラヤ桜が今、満開です。校内の他の木が葉を落とし、冬越えにそなえている中、きれいな花を咲かせているのです。本当に木も人と同じで、みんなちがいます。また、ちがっているからこそ、私たちの目を心を1年間をとおして和ませてくれるのでしょう。

ちなみに、ヒマラヤ桜の花ことばは

心の美

なのだそうです。

 

 

 

12月9日(木曜日)

子どものストレス

国立成育医療研究センターの「コロナ×こども本部」グループが2020年の4月からコロナ禍での子どもたちの状況や感じていることについて調査をしています。その結果が国立成育医療研究センターのホームページに載っていました。

それによると子ども全体の72%がコロナによって何らかのストレスを感じているということです。また、子どもたちのアンケートをもとにつくった『こどもが考えた気持ちを楽にする23のくふう』が良いなと思いました。

そこで、下にURLを載せておきますので、興味のある方はご覧になってみてください。

https://www.ncchd.go.jp/center/activity/covid19_kodomo/report/cxc05_coping20210525.pdf

 

子どもたちを守るために

冬休みが近づいてきました。また、1年で最も日が短くなる冬至(とうじ)もまもなくです。そのような中、子どもたちを様々な危険から守るために下の写真のようなプリントを配ります。ご家庭でもご協力を何とぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

12月8日(水曜日)

学校給食について 〜今日は地場産メニュー〜

学校給食の歴史をご存知でしょうか?

明治22年(1889 年)といいますから、今、ちょうど6年生が社会科で習っている大日本帝国憲法が発布(はっぷ)された年に山形県のある小学校で、貧しさのためお弁当を持って来られない子どもたちに無料で給食を実施したのがはじまりとされています。とは言え、全国の学校で給食があったわけではありません。

学校給食が本格的に始まったのは、太平洋戦争が終わった次の年、昭和21年(1946)年の12月のことでした。戦後、食べるものがなく、子どもたちの栄養状態が悪化したため、まずは東京・神奈川・千葉で行われ、その後、アメリカや外国からの食料援助もあり、学校給食が全国で始まっていきました。

その頃の給食は写真のように脱脂粉乳(だっしふんにゅう 知っている人は少ないでしょう)とおかず一品でしたが、食べるものがなかった時代、子どもたちにとってはご馳走だったと亡き父に聞いたことがあります。

今の給食は栄養価がしっかり考えられ、調理も厳重な衛生環境のもと行われる世界に誇れるものだと思います。

さて、今日の給食は地場産メニューとして、「しろな」が使われます。「しろな」は、昔から大阪で栽培され広まっていった大阪もんの野菜です。「大阪しろな」とも呼ばれ、「なにわの伝統野菜」のひとつです。

今日のしろなは、門真の農家の方が給食用に作ってくださいました。

砂子小学校のみんな、給食の歴史も知ったうえで、農家の方々にも感謝しながら味わってくれると嬉しいです。

*本日、『すなごだより第33号』をお子様をとおしてお配りします。ホームページ「学校通信『すなごだより』」でもご覧になれます。

74年前のある日のメニューです。トマトスープと脱脂粉乳のようです

今日のメニューです。

ごはん、しろなの煮浸し、高野豆腐の揚げ煮、味つけのり、牛乳

煮浸しも揚げ煮も、とてもおいしかったです!

地場産の「大阪しろな」です。

寒い中、調理員さんたちが水洗い。こうした調理を経て、毎日の給食ができあがります。

 

 

 

12月7日(火曜日)

宿題カフェ

砂子小学校区で宿題カフェが始まっています。本校の学校評議員で読み聞かせにも来てくださる九鬼さんたちが中心にやってくださっていますが、門真市子ども未来応援ネットワーク推進員の若松先生(私が本校の教諭時代に教頭先生で、その後、本校第2代校長を務められた女性の方です)も尽力してくださっています。

その方から、子どもたちの参加も増えてきたのが良かった、また、16日(木曜日)にはクリスマス会もありますとの連絡がありました。砂子小学校の皆さん、ぜひ行ってみましょう!

 

 

12月6日(月曜日)

仲間から友へ

『クラスの仲間』などとよく言いますが、『仲間』とはどのような意味でしょうか?

とある辞書によると、「一緒に物事をする間柄。また、その人」「地位・職業などの同じ人々」「同じ種類のもの。同類」「近世、商工業者の同業組合」という4つの意味が出ています。

では、よく似た言葉『友達』も辞書で調べると

「互いに心を許し合って、対等に交わっている人。一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人。友人。朋友。友。」

とあり、辞書といえば固いというイメージがありますが、いいこと言うなぁという感想を持ちました。

この説明の中にある『心を許し合える』『対等』ということがキーワードでしょう。

私も『友達』とは、「一緒にいて気が合い、気持ちが安らぐ人」「利害関係などなく、楽しくいられる相手」、そして、「一緒に向上していける存在」なのだと思います。

こう見ると、仲間より友達の方がお互いの心の距離が近いですね。私は友達より『友』(とも)という言葉の方が好きなのですが、クラスにいる『仲間』をたくさんの『友』にしていければ幸せだと思います。そんな取組も教職員全員で考え、行っていきます。

最後に好きな言葉を書きます。

『真の友は悲しみを半分にし、喜びを倍にする』

 

*先週からご協力いただいている『授業アンケート』『学校教育自己診断アンケート』ですが、明日が締切となります。まだご提出いただいていない方は、お忙しい中、誠に申し訳ございませんが、担任までお出しくださいますようお願い申し上げます。

 

 

12月3日(金曜日)

9時28分地震がありましたので、すぐに放送を入れ、各教室で注意喚起を行いました。1時間目後の休憩時間は教室待機としましたが、このあたりは震度2とのことで、この後は通常通りの授業を行います。

なお、今後、余震が起き、震度4以上の場合は、下の写真のとおりの対応となりますので、保護者の皆さま方にはご了承くださいますようお願い申し上げます。

また、強い地震が来たときには、子どもたちには次のように対応するよう今日、下のプリントを配って指導します。保護者の皆様方もこのプリントにある内容はお知りおきください。

 

 

明日から人権週間です!

明日から10日まで、人権週間です。この意味については、法務省のホームページに簡潔に書かれてあるので、引用して以下に載せます。

 

〜昭和23年(1948年)12月10日,国際連合第3回総会において,全ての人民と全ての国とが達成すべき共通の基準として,「世界人権宣言」が採択されました。

世界人権宣言は,基本的人権尊重の原則を定めたものであり,初めて人権保障の目標ないし基準を国際的にうたった画期的なものです。採択日である12月10日は,「人権デー(Human Rights Day)」と定められています。法務省の人権擁護機関では,昭和24年(1949年)から毎年,人権デーを最終日とする1週間(12月4日から12月10日)を「人権週間」と定め,その期間中,各関係機関及び団体と協力して,全国的に人権啓発活動を展開し,人権尊重思想の普及高揚を呼びかけています。

しかし,今なお,新型コロナウイルス感染症の感染者等に対する偏見・差別,インターネット上における誹謗中傷,いじめや虐待,外国人や障害のある人,ハンセン病元患者やその家族などに対する偏見・差別など,様々な人権問題が依然として存在しています。

これらの問題を解決し,国連の持続可能な開発目標(SDGs)が掲げる「誰一人取り残さない」社会を実現するには,私たち一人一人が人権尊重の重要性を改めて認識し,他人の人権に配慮した行動を取ることが大切ではないでしょうか。

本年も,12月4日から12月10日までの1週間を「人権週間」と定め,様々なメディアを利用して,全国各地で集中的に人権啓発活動を行います。この機会に,人権について改めて考えてみませんか?〜

 

*教育委員会から学校統合に関して、保護者や地域、教職員が一緒に話し合うワークショップ『スクールツクール』についての案内ちらしが学校に送られてきました。つきましては、3日(金曜日)までに、お子様をとおしてお配りします。くわしくはホームページ「お知らせ」のコーナーをご覧ください。

 

12月2日(木曜日)

スマホに潜む危険

今日は、スマホに潜む危険について書きます。

スマホやケータイは、もはや日常生活に欠かせない便利なものとなっています。しかし、一方で事件に巻き込まれたり、自分自身が加害者になってしまったり、使い方を誤ると大きな危険性を併せ持っています。

学校生活にはスマホもケータイも原則必要ないものだと考えています。しかし、これだけ日常生活に当たり前の存在として普及しているスマホやケータイの正しい使い方を児童に知らせることも、一方で必要だと感じています。

個人情報の流出から犯罪に巻き込まれる危険性。架空請求など詐欺事件に巻き込まれる危険性。

SNSでのトラブルは、文字だけのやり取りによって、大きな誤解が生じたり、時には大変ないじめを生み出すこともあります。また、知らない人とのやり取りにより誘拐されたという事件も日本中で起きています。その他、使い過ぎによる生活の乱れや目や体への影響も心配です。

さて、明後日から、人権週間が始まります。そのことは「すなごだより第32号」にも書きました。また、明日の校長雑記でも触れますが、このスマホ問題は人権問題と密接に関わっています。正しく使えば便利なスマホ。しかし、使い方を間違ったり、相手への思いやりに欠けたりする場合は、かけがえのない自分、そして他の人たちをとても傷つけることになります。

もうすぐ冬休み、クリスマスやお正月と楽しいことが目白押しです。けれども、子どもたちがたくさんのお金を持つ可能性のある時期でもあります。気持ちが緩んでしまう時期でもあります。

スマホのトラブルで、大切なお子様が被害者にも、そして加害者にもならないよう、ご家庭でも、十分にお話し合いください。

*12月給食日めくりカレンダーもホームページ「お知らせ」のコーナーに載せていますので、ご覧ください。

 

 

12月1日(水曜日)

光陰矢のごとし

という言葉があります。

月日の過ぎていくのは、飛ぶ矢のように早いというたとえです。同じような意味の言葉に

歳月流るる如し

歳月人を待たず

というものがありますが、いずれにしても、本当に時の過ぎゆくのは早いもので、もう一年の最後の月となりました。今月は1年のそして2学期のまとめの月として、今までを振り返り、来年につなげられるよう子どもたちに指導していきます。

さて、コロナ禍のもとで明けた2021年も終わりに近づいているわけですが、新型コロナウイルスは日本では一定の落ち着きは見られるものの、昨日は日本でも新たな変異株「オミクロン株」の陽性者が確認されました。政府は「オミクロン株」の世界的な急拡大を受けて、全世界を対象に外国の方々の入国を禁止すると発表したところです。

本当にまだまだ油断は禁物で、来年もこの状況が続くのかと思うと、頭の痛いところですが、感染防止にはいっそうの注意をしていきます。ご家庭でも引き続きご注意くださいますようお願い申し上げます。

*本日、『すなごだより第32号』をお子様をとおしてお配りします。ホームページ「学校通信『すなごだより』」でもご覧になれます。

 

 

11月30日(火曜日)

七五三から思うこと…どこに生まれても命の重さは同じ

少し前の土曜日でしたが、七五三のお祝いをする近所のご家族に写真を撮っていただけませんかと頼まれて、撮ってあげました。

七五三というのは、3歳・5歳・7歳に行う行事で、それぞれの年齢で祝う内容は違うのですが、一言で言うと、お子さまの健やかな成長を願う行事です。

さて、その由来ですが、始まりは室町時代だそうです。

昔は生まれたばかりの子どもの死亡率は、今の日本では考えられないほど高かったので、親が子どもの成長と幸せを願って、お祈りと感謝をするお祝いとして広まっていったそうです。いつの時代も子どもを思う親の愛情に変わりはありませんし、命の重さは今と同じです。

さて、話は変わりますが、ユニセフ(UNICEF、国連児童基金)という名前は聞いたことがあると思います。4月28日のすなご日記にも本校の児童会がユニセフから感謝状をいただいたことを記事にしました。

そのユニセフのある広告には、『生まれる命は、場所を選べない。アフリカに生まれた子どもたちの6人に1人は、5歳まで生きることができません。日本では250人に1人。どこに生まれても命の重さは同じです』とあるのです。また、『たった一日も生きることのできない子どもの命、年間90万人』という広告もあります。

どこに生まれても、いつの時代も命の重さに変わりはありません。誰の命もかけがえのない重いものです。

七五三の光景を見ていて、こうしたことも児童集会などで子どもたちに話していきたいと思いました。

*4年生で本校の保健室の先生が行った『生・性教育』の内容を保健室だより4年生号に載せています。お知らせのコーナーでご覧になれます。

 

11月29日(月曜日)

ささいなことかも知れませんが ~小さな善意~

校内を見回っていて、子どもたちの様子を見てほほえましく思うことがあります。

*鉛筆を忘れた隣の子どもに、さりげなく鉛筆をかしてあげている光景

*体育の時間に友だちのうまくなっているところをほめている様子

*給食の時間に友だちが給食着を着る手伝いをしている姿

*掃除の時間に高学年の子どもが低学年の子どもにはき方を教えていたこと

*私や事務職員の木田さんが校内の消毒をしているときに、「ありがとうございます」と言ってくれる子どもの声

これらは、ささいなことかも知れません・・・。

されど、人として大切な善意だと思うのです。

学校というところには、他にも書ききれないほど、小さな善意があふれています。

 

 

 

11月26日(金曜日)

ごちそうさま!ありがとう!

急に寒くなってきました。

砂子小学校の皆さん、カゼをひいてしまった人はいませんか?病気にならないためには、しっかり栄養を摂ることも大切なことの一つです。好き嫌いなく、しっかり食べてほしいです。

さて、学校での食事と言えば給食です。砂子小学校の皆さん、残さずしっかり食べていますか?私は残さず美味しくいただいています。そして、食器を給食室に返しに行ったとき、「ごちそうさま!ありがとうございました!」と栄養士さんや、調理員の方々に伝えています。

砂子小学校の皆さんも、感謝の気持ちを皆さんの家で、そして学校で、おうちの人や調理員の皆さんに、「ごちそうさま!ありがとうございました!」と笑顔で相手の目を見ながら、明るい声で、さいごまではっきりと、しっかり伝えてくださいね。

*本日、お子様をとおして『すなごだより第31号』をお配りいたします。ホームページ「学校通信『すなごだより』」のコーナーでもご覧になれます。

*12月の給食『絵献立』(えこんだて)ホームページ「お知らせ」のコーナーに載せていますので、ご覧ください。

 

 

11月25日(木曜日)

ありがとうございました

昨日のオープンスクールには、大勢の保護者の皆様(93名)にご来校いただき、誠にありがとうございました。

コロナ禍で、なかなかできなかった保護者の方々への授業参観がようやくできました。

どのようなご感想をお持ちになられたでしょうか?

12月の個人懇談会で担任にお伝えいただければ幸いです。

また、12月に入ったら、『学校教育自己診断アンケート』と『授業アンケート』を行わせていただきます。これは、市内全校で学校の教育をより良くするために保護者の皆様方のご意見をお伺いすることを目的としていますので、重ねてよろしくお願い申し上げます。

なお、昨日の様子は『すなご日記』をご覧ください。

 

 

11月24日(水曜日)

校歌『未来への出発』(みらいへのたびだち)

1週間前に弦楽四重奏の鑑賞会を行ったことは『すなご日記』にも載せました。その時、校歌『未来への出発』を演奏してくださったのですが、ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバスの4つの弦楽器が奏でるメロディがとてもきれいなので、その動画を

ホームページ『学校紹介』のコーナー

に載せました。ぜひ、ご覧ください!

 

ダーウィンの言葉

『種の起源』(しゅのきげん)という有名な本があります。

進化論で有名なイギリスの学者、チャールズ・ダーウィンにより1859年(今から162年前、日本では江戸時代最末期です)の今日11月24日に出版されたそうです。

このダーウィンは、1831年、22歳のときに調査船ビーグル号に乗って、5年間もかけて、南アメリカまわりで世界一周をしたのです。当時の船ですから、それこそ命がけだったことでしょう。冒険中に、化石を掘り起こしたり、ガウチョと馬で高原を駆けまわったり、火山と地震に驚いたり、びっくりしたり…彼がこの冒険の間にみつけた発見が、『種の起原』という本にまとまったといいます。

この本に、有名な言葉が書かれているので、紹介します。

〜最も強い者が生き残るのではない。最もかしこい者が残るのでもない。生き残るのは変化できる者だけである。〜

先が読めず、変化の激しい今こそ、こうした言葉は、もう一度かみしめる必要があるのかもしれません。

*本日は、オープンスクールの日です。ご来校をお待ちしております。

 

 

11月22日(月曜日)

明日は勤労感謝の日

明日、23日は勤労感謝の日で祝日です。

勤労、つまり一生懸命に働くことを大切にして、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう」ことが趣旨だそうです。

むかし、11月23日は「新嘗祭(にいなめさい)」といって、その年の収穫に感謝するとともに、翌年も豊作であるように願う日本古来の行事が行われる日でした。

感謝

自然のめぐみに感謝する、そして他の人々に感謝する、、こうした気持ちはとても尊いものだと思います。

さて、世界的に有名なオーストリア出身の心理学者であるアルフレッド・アドラーは、こんな言葉を残しています。

「『よくできたね』と褒めるのではなく、『ありがとう、助かったよ』と感謝を伝える。」

と。

門真警察署から交通安全だよりが届きました。子どもたちを危険から守るために大切なことが書かれています。ホームページ『お知らせ』のコーナーに載せていますので、ぜひともご覧ください。また、お子様へのご指導もよろしくお願い申し上げます

 

 

11月19日(金曜日)

今夜は月食 ~部分月食ですがほぼ欠けます~

今夜は、今年二度目の月食が見られます。前回の時もこの校長雑記でお伝えしましたが、残念ながら天気が悪く見られませんでした。けれども、今日はよく見えそうです。

ただし、前回のように皆既月食(かいきげっしょく)ではなく、部分月食となりますが、月の98%が欠けるので、ほぼ皆既月食と言えるでしょう。

国立天文台によれば、月食の始まりは午後4時18分だそうです。ただ、大阪での月の出は午後4時48分ですから、東の空から欠けた月が登ることになります。この現象は「月出帯食(げつしゅつたいしょく)といいます。そして、いちばん大きく欠けるのは午後6時2分で、その後、空を昇りながら少しずつ丸い形にもどっていき、7時47分に月食が終わります。

月食が続く時間は3時間29分もあり、部分月食としては1901~2200年の300年間で最も長いそうです。自然現象の不思議さを体験できるチャンスです。

*国立天文台のホームページでは、月食のライブ配信が見られます。興味のある方は下のURLをクリックしてみてください。
https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2021/11-topics03.html

 

11月18日(木曜日)

来週のオープンスクールについて

以前、ご案内申し上げましたとおり、24日(水曜日)にオープンスクールを行います。今年度初めての授業参観です。

指定させていただいた時間帯であれば、いつ来られて、いつ帰られてもけっこうですので、ぜひとも、お子様の様子をご覧ください。

また、12月の初めに例年と同じく『授業アンケート』と『学校教育自己診断アンケート』をさせていただきます。今回のオープンスクールでご覧になられた感想なども参考にしながらご協力いただければ幸いです。くわしくは後日、ご案内をお配りします。

 

 

11月17日(水曜日)

弦楽四重奏

今日は芸術鑑賞として、プロの音楽家を招いて、砂子小学校の子どもたちの前で弦楽四重奏を披露していただきます。古川橋にあるルミエールホールを指定管理している『トイボックス』さん主催のアウトリーチコンサートに申し込んだところ、快く引き受けてくださいました。(もちろん料金はかかりません)

この弦楽四重奏とは、文字通り四つの弦楽器『ヴァイオリン』『ヴィオラ』『チェロ』『コントラバス』による合奏のことで、さまざまな室内楽編成のなかでも、もっとも調和のとれた響きと豊かな表現力を備えているといわれます。

さて、小学校学習指導要領の音楽は「A表現」(「歌唱」「器楽」「音楽づくり」の三分野)と「B鑑賞」の二つの領域及び〔共通事項〕で構成されていて、『鑑賞』では、曲や演奏のよさなどを見いだし、曲全体を味わって聴くことが大切にされます。

子どもたちには、弦楽四重奏の曲の美しさや響き、音の重なりや調和などを味わってほしいと思います。その様子は、後ほど、ホームページ『すなご日記』に載せます。

 

 

11月16日(火曜日)

国際寛容(かんよう)デー

今日は「国際寛容デー」です。

1995年のこの日、ユネスコ総会で「寛容原則宣言」というものが採択されました。

「寛容」とは、心が広くて、よく人の言動を受け入れることで、他の人の欠点や失敗などを厳しく責めないことだと思います。

大阪弁でいうと

かまへん、かまへん

でしょうか。

私はこの『かまへん』という言葉が大好きです。

さて、今から20年ほど前ですが、コフィ・アナンという国連事務総長がいました。この方が、国際寛容デーに向けて、このような言葉を寄せています。

~もし人間という家族がともに平和に暮らしたいと願うのなら、私たちは互いを知り、受け入れなければなりません。寛容を推し進めようとするいかなる努力も、その中心に人と人、異なる文化、民族の間の開かれた対話が必要です。対話なくしては、文化的多様性は脅かされます。対話なくしては、社会のつながりそのものが危機に瀕します。対話なくして平和はありえません。~

 

 

11月15日(月曜日)

大阪府青少年健全育成条例

大阪府では、子どもたちが健全に育つように、『大阪府青少年健全育成条例』というきまりがあります。府の条例ですから、府民はこれをきちんと守らなければなりません。

大切な子どもたち

かけがえのない子どもたち

を危険から守り、健全な育ちを見守るためにも、私たち大阪の大人はこの条例の内容をよく知っておく必要があると思いますので、下に掲載します。クリックしてぜひとも目をとおしてくださいますようお願い申し上げます。

大阪府青少年育成条例ビジュアル版(PDFファイル:5.8MB)

 

 

 

11月12日(金曜日)

子規の句

何度か正岡子規の句のことを書きましたが、今回はこのような秋の句を紹介します。

鶏頭の 十四五本も ありぬべし

鶏頭とは、7月から11月にかけて咲く赤い花で、寒くなるとすぐに枯れます。写真のように鶏のとさかのようで、天に向かって炎のように鮮やかな赤い花を咲かせます。

子規は、重い病気でその若い晩年は部屋で寝たきりでした。そんな子規が庭に見えるいくつかの鶏頭の花から昨年の光景を思い出し、今年も14・5本はあるのだろうなぁと想像している姿に心を打たれます。また、消えようとしている自分の命のことに思いを致しながら、鮮やかに凛として立っている鶏頭の赤い花に生きることへの思いが強調されているようにも思います。

『生きる』

ということの意味を考えさせられる句です。

鶏頭の花です。赤く炎のような花です。

 

 

 

11月11日(木曜日)

秋の日は鶴瓶(つるべ)落とし

秋の日は井戸の鶴瓶が落ちるように早く沈み、暮れてしまうという例えです。井戸といっても保護者の皆様ですら使ったことのない方がほとんどだと思います。したがって、子どもたちは鶴瓶も見たことはないことでしょう。できれば、お子様と一緒に調べてみてください。

さて、秋は日没後の薄明(うっすら明るい)時間帯も短く、すぐに真っ暗になります。日が暮れたと思うと、すぐに真っ暗になってしまうのが今の時期です。さらに、10月には運動会や林間や修学旅行、遠足などの楽しい行事がありますが、それが終わった11月は子どもたちも気がゆるみがちになります。

こんな時期に起きやすいのが、大きなケガをしたり、事故や事件に巻き込まれたりすることです。

とくに子どもどうしで校区外、しかも遠くに行くことや、夜間に子どもたちだけで外出することは、非常に危険ですし、問題行動につながっていくこともよくあります。

そこで、砂子小学校では、今月を子どもの安心・安全強化月間として取組を進めていて、教職員が校内で見つけたヒヤリ・ハットを全員で報告し合うようにしています。これから、子どもたちに対して、危険を避けるための指導も行ってまいりますので、保護者の皆様のご理解とご協力並びに各ご家庭でも、お子様の帰宅時刻についても、これまでより早めにするなど、ご配慮をお願い申し上げます。

*本日、子どもの安全・安心をテーマにした『すなごだより第30号を』お子様をとおしてお配りします。ホームページ「学校通信『すなごだより』」でもごらんになれます。

 

11月10日(水曜日)


学校統合に向けて


四中校区で、門真で初めての小中一貫校をつくる計画があることは1学期の門真市教育委員会による説明会でもお伝えしました。


今後、学校統合に向け、教育委員会から、PTAの役員の方々などにご意見を聞くための場を作りたいということで、保護者の方々にお知らせの文書が送られてきました。

お子様をとおしてお渡しいたしますので、内容をよくお読みいただきますようお願い申し上げます。
なお、問い合わせ先は、門真市教育委員会教育企画課です。

 

11月9日(火曜日)

とってもうれしかったこと

昨日の朝、校門に立っていると5年生の子ども2人から、次のような相談がありました。

「登校の途中で、こんな財布を拾いました。こまっていると思うんだけど、どうしたらいいですか。」

子どもたちが言うように、落とされた方はこまっているだろうと思ったので、拾った場所と時間を聞き、「すぐに校長先生が警察に届るね。」と答えると、子どもたちも喜んでいました。

早速、私が千石交番に届けに行きましたが、警察の方が中身を調べてみると、昨夜、落とし物の届があった方の持ち物であることが分かりました。

それから、1時間ほどたってから、落とされた方から学校に次のような電話がありました。

「本当にありがとうございました。たくさんの大切なものが入っていたので、ゆうべは探し回ったのですが、どうしても見つからず落ち込んでいました。けれども、砂子小学校の子どもたちが見つけてくれたと警察の方から聞いて、本当にうれしくて電話をしました。どうか、子どもたちにくれぐれもよろしくお伝えください。」

早速、担任の先生にこの話を伝えると、二人も「財布の落とし主が見つかったのかどうか心配していました。」とのこと。

何よりも、このような心配をしてくれていたことをうれしく思います。

週の初めから、こうした心温まる出来事に触れ、気持ちも温かくなりました。

 

11月8日(月曜日)

門真市立第四中学校50周年記念式典

11月6日(土曜日)に四中の50周年式典に行ってきました。歴代の四中の校長先生など懐かしい方々に再会することができました。

式典は、生徒が中心となって進めていたことが印象的でした。記念式典というと堅苦しいというイメージがありますが、第1部では、生徒による家族愛を考える劇もあり、手作り感のある、あたたかい記念式典となり、実は私も四中卒業生なので、いっそう嬉しく思いました。

また、第2部では元読売テレビアナウンサーの清水健さんの講演がありました。清水さんは5年前にお連れ合いをガンで亡くされ、その後、各地で家族について考える講演を行っておられます。その清水さんの言葉で印象に残った言葉を記しておきます。

~人間は強くないんです。だから、無理しなくていい、踏ん張らなくてもいい、けれども矛盾したことを言います。がんばって下さい!そして、どうしてもがんばり切れないときは人を頼ってください。~

下に、式典の写真を掲載します。

市長あいさつ。後ろの題字は生徒が書いたそうです。すばらしい!

記念銘板が披露されました。

生徒による演劇。家族について考えさせられる劇でした。

照明の生徒もがんばっています。こうした見えないところで、人を照らす仕事も大切なことです。

最後にPTA会長様より挨拶がありました。この1年間ほど準備にご苦労されたことと思います。卒業生としてもお礼を申し上げます。

僭越ながら、卒業生代表として寄稿させていただきました。

 

 

11月5日(金曜日)

オリオン座

夜中、南天にオリオン座が見えるようになってきました。

オリオンとは、ギリシャ神話に出てくる海の神ポセイドンの親族で、ギリシャ一の力持ち。ねらった獲物は逃さない狩りの達人で、そればかりか、ポセイドンの親族らしく、海上を自由に歩き回ることができたといいます。このオリオンのエピソードからオリオン座ができたわけですが、ここでは書かずにおきます。

さて、このオリオン座は、ななめ1列にならんでいる「三つ星」が特徴で、その左上に光り輝く赤い1等星ベテルギウスが赤く輝いており、右下の1等星リゲルが白く美しく輝いています。

ちなみに、ベテルギウスは『巨人のわきの下』、リゲルは『巨人の足』という意味だそうです。

冬の南天に立ちはだかるオリオン座が見えると、いよいよ冬の訪れを感じます。

 

 

11月4日(木曜日)

ユネスコ憲章記念日

今日は、ユネスコ憲章記念日です。

人類史上未曾有の惨禍を残した第二次世界大戦が終わった翌年、1946年(昭和21年)の11月4日「ユネスコ憲章(国際連合教育科学文化機関憲章)=UNESCO」が発効され、ユネスコが発足しました。

さて、憲章の前文には、以下の文章が書かれています。一部抜粋して掲載します。 

〜戦争は人の心の中で生れるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない。

相互の風習と生活を知らないことは、人類の歴史を通じて世界の諸人民の間に疑惑と不信をおこした共通の原因であり、この疑惑と不信のために、諸人民の不一致があまりにもしばしば戦争となった。

ここに終りを告げた恐るべき大戦争は、人間の尊厳・平等・相互の尊重という民主主義の原理を否認し、これらの原理の代りに、無知と偏見を通じて人間と人種の不平等という教義をひろめることによって可能にされた戦争であった。

文化の広い普及と正義・自由・平和のための人類の教育とは、人間の尊厳に欠くことのできないものであり、且つすべての国民が相互の援助及び相互の関心の精神をもって果さなければならない神聖な義務である。〜

 6年生は、修学旅行で戦争について学んできました。24日のオープンスクールの日には、その学びを発表しますので、ユネスコ憲章に書かれている崇高な精神についても学ばせていきます。

*本日、お子様をとおして「ほけんだより11月号」をお配りします。

 

11月2日(火曜日)

学力テスト結果について

先日、1学期に6年生で行った『全国学力・学習状況調査』の本校の結果をまとめたお知らせを6年生の保護者の方々にお渡ししました。また、同時に5・6年生で行われた大阪府の学力テスト『すくすくウオッチ』の結果をまとめたお知らせを5・6年生の保護者の方々にお渡ししたところです。

なお、この時期に市内小学校全校でお渡しすることになっていましたので、先週お配りした次第です。

結果を見ると、まだまだ国や府の平均には届いていません。しかし、全教職員でこの結果をしっかりと受け止め、授業のいっそうの改善を進めていきます。

なお、『結果のお知らせ』は下に掲載しますので、ご覧くださいますようお願い申し上げます。

全国学力・学習状況調査(6年生結果)(PDFファイル:940.6KB)

大阪府すくすくウオッチ『わくわく問題』(5・6年生結果)(PDFファイル:670.7KB)

大阪府すくすくウオッチ『国語・算数・理科』(5年生結果)(PDFファイル:707.7KB)

 

 

11月1日(月曜日)

広報かどまに

広報かどま11月号に、本校の先生たちが今後の取組について話し合っている写真が掲載されました。

教育委員会もこの話し合いに参加していたのですが、『砂子小学校の先生たちがみんなで子どもたちのことを真剣に話し合っている姿をぜひ、多くの市民の方々に知らせたい』という理由から掲載したいという依頼があり、私もそれならばということで了承しました。

学力向上のためには、子どもたちに自身を持たせること、仲間と協働する力を育てること、自分や仲間を大切にする態度を培うこと、学びに向かう姿勢を高めること、そして、何より子どもたちの興味関心を高め、ワクワクするような授業づくりが欠かせないと教職員全員で話し合い、共有しています。

今後、本校では、上に書いたことを目標としながら、全ての教職員が『チームすなご』として、力を合わせて取り組んでいきます。

*本日、お子様をとおして、『すなごだより第29号』をお配りします。ホームページでもご覧になれます。

 

 

10月29日(金曜日)

宿泊学習を終えて

先週は5年生が林間学校に、そして、一昨日、昨日と6年生は修学旅行に行ってきました。

コロナ禍であっても、何とか行かせてやりたいと4月当初からずっと考えてきたことですが、参加した子どもたちの笑顔を思い浮かべると、無事実施できて本当に良かったと感無量です。

さて、1学期の本コーナーでご紹介した『学習指導要領』では、宿泊学習について、次のように書かれています。

〜自然の中での集団宿泊活動などの平素と異なる生活環境にあって,見聞を広め,自然や文化などに親しむとともに,人間関係などの集団生活の在り方や公衆道徳などについての望ましい体験を積むことができるような活動を行うこと〜

これにもとづき、子どもたちどうしのかかわりを深め、互いのことをより深く理解し、折り合いを付けるなどして、協調して生活することの大切さが実感できるようにしたいという目的を持って実施したわけですが、それが達成できたかどうかについては、教職員全員で振り返り、改善につなげていきます。

1週間後の11月5日には、1年生から4年生までの合同遠足も計画しています。ふだんの学校生活を離れて、緑豊かな深北緑地に行き、他学年の子どもたちや、集団行動を共にするということで、お互いの理解と連帯感を持ちあうという目的を持って行います。

晴れてくれることを祈っています。

 

 

10月28日(木曜日)午後6時

修学旅行終わりました

2日間あっという間の旅行でしたが、子どもたちはしっかり学び、とても楽しんでいました。笑顔や笑い声、仲間とはしゃぎ合う姿を見られて、とても良かったと思いました。

6年生帰校しました。

大変お待たせいたしました。午後5時42分、全員無事帰校いたしました。

お待ちいただきまして申し訳ありませんでした。

帰校時刻 第6報(5時40分)

最後の最後で市内の渋滞に巻き込まれましたがもうすぐそこ(郵便局)まで来ています。

今しばしお待ちください。

帰校時刻・第5報(午後5時20分現在)

渋滞もすぐに抜けて、近畿道門真出口を降りました。

あと10分ほどでつくと思われます。

帰校時刻 第4報(午後5時5分)

現在バスは吹田インターチェンジを過ぎ近畿道に入りました。

途中・渋滞もあるようですが5時半過ぎには帰校できそうです。

帰校時刻・第3報(午後4時35分)

先ほど午後4時30分、宝塚北SAを出発しました。

帰校は5時30分を見込んでいます。

引き続き経過をお知らせいたします。

帰校時間について~5時30分頃見込みに~(4時20分現在)

現在宝塚北SAにてトイレ休憩中です。

渋滞を避けながらのルートを取っており、早ければ5時30分頃に帰校できる可能性が高まっています。

経過は逐次お伝えいたします。 よろしくお願いいたします。

帰校時刻の遅れについて

6年生の保護者の皆様
すでにミマモルメでもお伝えしておりますが、姫路セントラルパークに向かう山陽自動車道で、工事渋滞に巻き込まれ、予定が1時間遅れています。

せっかくの修学旅行ですから、全ての予定を消化させたいと思います。

つきましては帰校時刻が予定より1時間程度遅れ、6時頃になると思います。ただ、大阪府内の中国自動車も工場中のため渋滞の状況によっては時刻は前後しますので、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後の子どもたちの様子や帰校時刻の状況につきましては当ホームページをこまめにチェックしていただければ幸いです。どうぞ、よろしくお願いします。

帰路についています(15時25分)

先ほどサファリパークの見学も終わり、現在帰路にあります。

トイレ休憩を2回挟み、帰校時刻は引き続き午後6時頃を予定しています。

サファリライドの様子です。 この先は動物たちが放し飼いです。

チーターがいました

こちらはホワイトタイガーです。

キリンもいました。

ライオンです。 迫力あります。

セントラルパークを後にして、帰路につきます。

園内点描

 

昼食後はアトラクションの時間です。 いろいろ体験中です。

 

姫路も秋晴れ、とても気持ちいい午後です。

外でいただくお昼も格別です!(一部画像処理をほどこしています)

全長1078メートル、最高速度65キロのジェットコースターです。 楽しそうに過ごしています。

グループで行き先を決めてさぁ出発!

こちらの班も行き先が決まったようです。 それでは…

こちらは急流すべりです。 これからどうなるのかわくわくします。

急流すべりはとてもそう快でした、が…私のズボンがびちゃびちゃです

学級便りに使うのでしょうか、今か今かとシャッターチャンスをまっています。

なんと余ゆうのピースサイン…しからば…

ピースサインにひかれてのりこんだジェットコースター先頭からのながめです。最高地点に向かっています。

上から見てもかなりの高さです。

最高で28メートルの高さがあります。

10月28日(木曜日)

園内でのお昼の様子です。

 

ミールクーポンを使って、食事中です。

どれにしようかな…クーポンなのでいろいろ選べます。

ボリュームありますね。 到着まで一時間余計にかかりましたからその分も…

しっかり栄養補給して、アトラクションに臨みましょう。

 

セントラルパークに着きました。

先ほど無事にセントラルパークに到着しました。

1時間乗車時間が増えましたがバス酔いもなく元気に下車しています。

これから遊園地で楽しみ、昼食をとります。

記念撮影に臨んでいます。

園内では最後にバスによるサファリツアーがあります。その後、帰路につきます。

 

修学旅行 二日目です

おはようございます。

今日も快晴。 起床後の検温、7時からの朝食も皆元気に摂り終え、先ほど8時に宿舎を後にしました。

これから二日目の様子を中継いたします。

帰校までしっかり見守って参ります。 よろしくお願いいたします。

昨夜の様子~退所式

まずは、昨夜の風景から。

検温に続いて午前7時から、朝食です。

 

8時15分です

宿舎の方々の大きな手のひらに見送られ出発しました。

バスは姫路セントラルパークに向かいます。 午前11時過ぎには到着する予定です。

宿舎内にて退所式です。

今日も楽しむぞ。

オー!

といいつつ声はひかえ目です。

宿舎前の瀬戸内海が見える庭で記念撮影。

昨夜の様子です。

入浴後に会議室に集まり、昨日、学んだことを発表し合い、そして、しおりの中にあるワークシートにまとめていきました。

 

全員がしっかりと取り組んでいる姿が印象的でした。

ここから本日の様子、午前7時から、朝食です。

全員検温した結果、一人も発熱は無しです。今日も楽しもう!
 

宿舎の方から、朝食メニューの紹介をしていただきました。

地場産の食材に関する説明でした。

食事時も学ぶ姿勢を欠かさない6年生、さすがです。
 

10月27日(木曜日)

夕食です。
 

皆様ここまでご覧いただきありがとうございます。

本日の修学旅行中継はこれにてお開きとさせていただきます。

明日の中継再開までしばらくお休みをいただきます。

どうぞお体暖かくしてお過ごしください。

とても広い宴会場です。 ソーシャルディスタンスも充分です。

6時半きっかりに夕食開始です。時刻通りです。みんな、黙々と箸を進めています。

夕食のあとは、大浴場の入浴のみ。今日の予定も終了です。

夜はゆっくり寝て、明日の姫路セントラルパークに臨んで欲しいと思います。

 

宿舎到着しました。

 

行程は大変順調で、無事本日の宿舎に到着しました。 体調も全員よく、元気にすごしています。

おみやげコーナー全景です。 お目当てのものがみつかったかな?

お店の方にいろいろ尋ねています。 みんなのことを考えてどのおみやげにしようかと真剣です。

これだ、と旅のおみやげを手にレジに向かっています。

鏡ごしに校長が写っていますがお気になさらないでください。

夕食までの間におみやげを買います。

おみやげものが積まれています。 もしかするとこれだけしか積み残っていないのかも知れません。

レジカウンターです。 職員の方も感染防止に万全の姿勢で取り組まれています。 ありがとうございます。

宿舎をながめています。夕焼けもとてもきれいです。

ここで改めて整列。

入所式にのぞみます。

入所式です。

 

宿舎・グリーンピアせとうちへ

碑巡りでの学習を終え、集合です。

再びバスにのるため移動開始です。

今から平和記念公園を後にして、宿舎の『グリーンピアせとうち』に向かいます。

記念館をあとにして碑巡りです。

原爆供養塔に手を合わせる子どもたち。

ボランティアガイドの方の説明をしっかりメモしています。

原爆の子の像の前で、佐々木禎子さんの話を聞く子どもたち。

原爆ドームです

ボランティアガイドの説明に聞き入る子どもたち。

広島市のホームページによれば原爆ドームはもともと広島県の物産品販売促進を図る拠点として大正4年(1915年)に建築されたそうです。

その後よく知られる「産業奨励館」となりましたが、昭和19年(1944年)からは内務省中国・四国土木出張所や広島県地方材木・日本材木広島支社などの統制会社の事務所として使用されていたそうです。

平和記念公園のあった場所は、被爆当時は材木町と呼ばれ、4,400人の人が住んでいたこと、その全員が亡くなったこと、ここにかつて人々の暮らしがあったことを忘れないでくださいとのことです。

慰霊碑です。

ここに亡くなった人の名簿が収められています。

約33万人とのことです。

平和の軸線です。

慰霊碑も炎もドームも一直線に並んでいます。

丹下健三さんの設計とのことです。

今からボランティアガイドの方にしたがって、平和記念公園の碑巡りです。

ボランティアガイドの方と記念撮影。

後ろに見えるのは、被爆したアオギリです。

今年の8月6日に写したアオギリの花を写真で見せてくださいました。

被爆したにもかかわらず生命の息吹を感じさせてくれるアオギリに広島の人たちは生きる勇気を与えられたとのことです。
 

 

平和記念資料館で学習です。

被爆翌日、余燼がくすぶる市内中心部の写真や被爆した数々の物を見入る子どもたち。

三輪車と鉄かぶと。

3歳の子どもがこの三輪車に乗っているときに被爆し、大火傷を負ったこの子は、その夜、水、水と言いながら亡くなったのです。

お父さんが、この子に鉄かぶとを被せ、死んでからも遊べるように三輪車と共に庭に埋めました。その40年後にお父さんが掘り起こしたものが展示されています。

いつ見ても、この三輪車には心が痛みます…

被爆者やその遺族の方々の、その後の人生についての写真が並んでいます。

このパネルの説明一つ一つを子どもたちは熱心に読んでいます。

亡くなった生徒たちの写真を食い入るように見ています。

人影の石です。
 

当日の気象は6時時点で快晴、風力2、気圧1018hpaと気温を別にすれば今日とよくにた天気であったようです。

 

暑さで一休みしようと腰かけたところであったのかもしれません。

資料館内部、被曝直後の写真。

助けて、水をください、動く気力もない母親の胸に既にすがる幼児

と書かれてあります

一生懸命に記入する子どもたち。

今から、リニューアルされた広島平和記念資料館に入ります。

筆記板を持って入ります。学んだことを書き込んでいくためです。

しっかり勉強しましょう。

 

広島に到着~平和公園にて

お弁当タイムです。 今日の広島の天気は正午時点で20.3度、晴れとのことです。

風もほぼなく(南東0.8m)外でのランチにはぴったりの気候です。

先生もいっしょに食べています。

平和公園に到着しました。今から記念撮影です。

原爆の子の像の前で、参加児童全員黙祷をしました。

みんなで折った千羽鶴を捧げました。

休憩・車内にて

休憩。
岡山県笠岡市の篠坂という小さなPAです。もうすぐ広島県です。

PA内をちょっと散策しました。

車内でビンゴ大会。私はリーチすらできません。

 

バス車内にて

バス車内で、クイズ大会です。
『星座を構成している星は?』
『答えは恒星です。』
『もっと簡単なのして!』
『亀とラクダとサイが何か言ってます、何と言っているでしょう。』
『答えは、カメラ下さい。』
などなど、楽しそうにやってます。

 

9時10分現在、龍野西PA辺りです。

ワーワー、キャアキャア、楽しそうにやってます。

 

出発します。

6時45分 予定通り出発しました。

2台のバスで行くので、座席の間隔は広々しています。

バスの車内で、運動会のダンス曲をかけ、座ったまま踊っています。

ほけんだより1年生号及び給食日めくりカレンダー

1年生で保健室の先生がプライベートゾーンの授業を行いました。1年生の保護者の方にはお子様をとおして「ほけんだより1年生号」をお配りますが、下にも掲載しますので、クリックしてください。

ほけんだより1年生号(PDFファイル:420.3KB)

また、「給食日めくりカレンダー」も下に掲載しますので、クリックしてください。

給食日めくりカレンダー(令和3(2021)年11月)(PDFファイル:6.7MB)

 

 

10月26日(火曜日)

今後の教育活動について

昨日の府内陽性者数は、26人でした。また、東京都は17人で今年最少とのこと。

昨日をもって、大阪府は久々にグリーンステージとなり、一定の改善が見られることに少しほっとしています。明日からの修学旅行に向けて、本当にグッドタイミングです。

さて、こうした状況を受けて昨日、今後の教育活動の方針について臨時校長会が行われました。

今後の教育活動について、教育委員会から保護者の皆様に向けて文書が出ており、今日お子様を通してお配りします。下にも掲載しますので、ご覧いただきますようお願い申し上げます。

とは言え、専門家の方々は冬場にかけて第六波がくるおそれはじゅうぶんにあると警鐘を鳴らしておられます。

油断大敵

Don’t be so careless

今後とも、感染防止には留意してまいります。ご家庭でも引き続き、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

『小学校、中学校における教育活動について(第15版)』(令和3(2021)年10月26日 門真市教育委員会)(PDFファイル:249.6KB)

『同上 やさしい日本語版』(令和3(2021)年10月26日付 門真市教育委員会)(PDFファイル:127.1KB)

 

 

10月25日(月曜日)

5年生~稲刈りをしました

みんなの丹精込めたお世話が実り、本日収穫の日をむかえました。

inekari

たわわに実ったバケツ稲です。

田植えのときにも指導いただいたJA北河内の皆様から鎌の使い方についてガイダンスが

みんな真剣です。

 

佐々木禎子さんのこと

以前にも佐々木禎子さんのことを書きました。

明後日から6年生が修学旅行に行きますが、原爆の子の像に千羽鶴を捧げます。この原爆の子の像は佐々木禎子さんをモデルとして作られた像なのです。

その佐々木禎子さんが6年生とほぼ同じ年の中一(12歳でした)で亡くなったのが、1956年(昭和31年)の今日、10月25日です。

佐々木禎子さんは2歳の時、爆心地から約1.6キロメートルはなれた自宅で被爆し、黒い雨に打たれました。爆風で飛ばされましたが、外傷もなく、元気に成長しました。スポーツが得意で、将来の夢は中学の体育の先生だったそうです。

けれども、小学6年生の時に発病し、中学へ通うことはできませんでした。白血病の診断を受け入院を余儀なくされたからです。入院中、お見舞いとして名古屋から千羽鶴が贈られたのをきっかけに、「生きたい」という願いを込め、折り鶴を折り始めました。その願いもむなしく、体調は次第に悪化。8カ月間の入院生活の末、亡くなったのです。

かけがえのない命

これを奪うのが戦争です。

話し合いがうまくいかないとき、力で決着をつけるのが戦争です。

そして、それは人命、環境、インフラ等々全てを破壊します。

とことん話し合うことの大切さも6年生の子どもたちに伝えたいと思います。

 

*本日、『すなごだより第28号』をお子様をとおしてお配りします。ホームページ「学校通信『すなごだより』」からもご覧になれます。

 

 

 

10月22日(金曜日)

私の誇りです

少し前のことですが、いつかは書きたいなと思っていたことを今日はお伝えします。

ある朝、校門に立っていると、本校の女子児童がお母様と一緒に登校してきました。その女子児童は、いつも大きく元気な声で、私に向かって『おはようございます。』と言ってくれるのですが、その日もいつもと同じく気持ち良い挨拶をしてくれました。

私が思わず、お母様に『いつも気持ち良い挨拶で、朝からほのぼのした気持ちにさせてくれる良いお子さんですね。』と言うと、そのお母様がこうおっしゃいました。

『ありがとうございます。私の誇りなんです、この子は。』

その時、この女子児童が天真爛漫(てんしんらんまん)な理由がわかった気がしました。

 

宿題カフェ

コロナ禍で開設が遅れていた「宿題カフェ」が、先週の木曜日から始まっています。主催しているNPO法人トイボックス(門真市の施設であるルミエールホールや中塚荘の指定管理者です)から案内をいただきました。場所は昨年度までとは違い、「砂子みなみこども園」の北側の新しい集合住宅内にある「千石西町A集会所」にかわっています。

 

 

10月21日(木曜日)

バルタン星人 〜共存とは〜

先日、テレビプロデューサーで脚本家、監督の飯島敏宏(いいじま・としひろ)さんが亡くなったというニュースを見ました。

『ウルトラマン』は、1966年(昭和41年)に放映された特撮ドラマで、子どもだった私はテレビにかじりつくように見ていました。いろいろな怪獣や宇宙人が出てくるのですが、独特の笑い声と大きなハサミの手が特徴のバルタン星人が好きでした。

このバルタン星人の生みの親が、飯島さんなのです。

実は、このバルタン星人は、自分たちの故郷である美しい惑星バルタンを核実験で滅ぼし、20億人の同胞(どうほう)と共に宇宙をさまよっていたのですが、地球という青く輝く美しい星を見つけ、『バクテリアくらいの小さなサイズになっても良いから、共存させてくれ』と地球人に訴えかけるのです。地球を侵略するのではなく、『地球に住まわせて下さい』と、お願いをするのですが、地球人が完全拒否したので、ウルトラマンと戦うという悲劇的な結末を迎えるわけです。子どもながらに、バルタン星人は本当に悪いのか?と思った記憶があります。

さて、この飯島さんは次のような言葉を残しています

「最近はようやくSDGsといったものの重要性が認識され始めているけれど、人間にとって便利かということだけでなく、もっと多角的に物事を考えてほしい。地球は人間だけのものではないでしょう。家先の庭にいる小さな虫だって命を持っているわけで、人間こそが『地球の霊長』だといって自惚れてはいけない。バルタン星人の存在は我々に、生命とは何か?と問うている。『共存』の科学こそが必要なのではないでしょうか」

 

先週の不審者について

先週木曜日・金曜日と不審者情報にかかわって集団下校しましたが、あれから1週間がたちました。門真警察にその後の情報を確認しましたが、新たな目撃情報はないとのことです。また、持っていたものも「刃物のようなもの」であったとのことです。引き続き、覆面パトカー等による巡回はお願いしています。

 

 

10月20日(水曜日)

5年生おかえり

5年生は午後3時に無事帰校しました。

疲れた表情でしたが、楽しかったと口々に言っていたので良かったです。思い出がたくさんできたことでしょう。今夜はゆっくり寝てください。

明日、元気に登校してきてくれることを待っています!

校庭で教頭先生のお話を聞いてから、解散。お迎えに来ていただいた保護者の皆様ありがとうございました。

全員が元気に帰ってきてくれて、心の底から安堵しました。

乗車しました。

退所式。宿舎の方に挨拶します。

あとは、バスに乗るだけ。

いよいよ林間学校も終わりに近づいてきました。最後の楽しみ?昼食です。

タコの酢の物に唐揚げですね。

教頭先生から、「唐揚げにみんな大喜びです」と報告がありました。

ナイスショットと声をかけ合いながら楽しんでください!

パーティーごとに仲良く競いましょう。

歩くのもゴルフでは大切なことです。

これから、ディスクゴルフです。係の子どもたちからの諸注意。ルールを守って楽しくやりましょう。

昨日とはうってかわって晴天です。絶好のゴルフ日和。ただ、少し寒いかもしれませんね。

上手くやれてますか?

部屋の整頓中です。

上靴がきちんと並べられていますね。

使ったものを丁寧にたたんでいくのも大切な学習です。

朝食風景

メニュー表

しっかり食べよう!

検温の結果、発熱の子どもはいませんとのこと。眠そうですが、元気ですと教頭先生から報告がありました。夜更かししたのかな?

ラジオ体操をしています。

元気そうです!

朝の検温です。

起床は午前6時30分でした。

検温後、朝の集いです。

 

 

10月19日(火曜日)午後9時30分現在

今日の中継はこれで終了

今日、1日みんな、楽しそうで良かったです。体調をくずしている子どももいないようです。それが何よりうれしく思うことです。

今日の中継はこれで終わりにします!

また明日!

1日をしめくくるミーティング中です。

夜食も食べたのかな?

キャンプファイヤーの後は、汗を流し、一日の疲れをいやすための入浴です。今夜はちゃんと寝て、明日に備えてくださいよ!

聞くところによると、この方が山の神様だそうです。あまりありがたくないような気もします…。

楽しそうにレクリエーションをやってますね。

とは言え、分火してもらった炎はよく燃えています。みんなで火を見つめると、仲間との一体感のようなものを感じるのでないでしょうか。

さぁ、いよいよ林間恒例のキャンプファイヤー!

山の神から分けていただいた炎を子どもたちが持って

そして、点火!

燃えろよ 燃えろよ 炎よ燃えろ 火の粉をまきあげ 天まで 焦がせ

みんなで炊飯

なかなかカレーも美味です。

カレーをかけていただきます!

雨が降ってきたので、山登りは早めに下山。今から飯ごうすいさんです。

みんなで楽しく!

アルミ缶を使っての炊飯です。うまく炊けるのかな?

昼食後はアスレチックで楽しく遊んでいます。

いよいよ山登り開始

あそこまで登ります。

本校の玄関ロビー同様、ハロウィン飾りが。

記念撮影・写真を撮る先生の足の開き具合に、写真家魂を感じます。

お弁当タイム。おうちの方の愛情を感じますね。

とてもきれいな宿舎です。

先生からシーツがうやうやしくわたされました。

シーツを二人でしいていきます。

入所式の様子です

宿舎の方が丁寧に説明してくださっています。

子どもたちもしんけんに耳をそばだてています。

バスの車内です。アクリル板もあり、さらに2台で行っているので間隔も十分。感染対策も気をつけています!

到着しました!

バスを降りる子どもたち。

 

 

10月19日(火曜日)

林間 ~5年生が今日からでかけます~

今日から明日にかけて、5年生が林間学校に出かけます。砂子小学校としても久々の宿泊学習となります。

仲間と泊りがけで過ごすことによって、新たな仲間の良さがわかります。学校ではできないような体験もできます。

感染症には十分に注意しながら、そして、ケガなどにも十分に注意しながら、今しかできない思い出をたくさんつくってください!

明日、元気に帰ってきてくれるのを待っています!

 

 

10月18日(月曜日)

千羽鶴

来週6年生が広島に修学旅行に出かける予定です。その際に「原爆の子の像」に平和を願って千羽鶴をささげるので、今日、全校児童に6年生から鶴を折ってくださいとお願いをします。私も同時に1年生~6年生と陽光教室の各学級に千羽鶴についてのハガキを書いて、2年生が経営する郵便会社をとおして出すつもりです。

さて、日本では古くから、鶴は「おめでたい鳥」とされ、鶴が千羽(ここで使う「千」は多いという意味です)も集まれば、願いが叶う、良いことが起きるといわれます。

また、千羽鶴には「平和の象徴」という意味もあります。これは、広島の平和記念公園に建てられた「原爆の子の像」のモデル、佐々木貞子さんのエピソードからきています。2歳で被爆した貞子さんは、10年後に白血病を発症しました。病室には、貞子さんの病気回復を願う人たちと、貞子さん本人も折った千羽鶴が吊るされましたが、残念ながら貞子さんは8か月後に亡くなってしまいました。原爆の子の像の前には、今も平和への願いを込めた千羽鶴が捧げ続けられ、絶えることはありません。

陽光教室、1年生から6年生までの教室宛に千羽鶴についてのハガキを出します。

修学旅行の下見に行ったときに撮りました。千羽鶴が見えるでしょうか?

 

 

10月16日(土曜日)

今日の午前中に飼育小屋跡の基礎ブロックを取りはずします

9時から12時頃にかけて、先月解体した飼育小屋の基礎ブロックを取りはずす工事をします。少しでも安全・安心な学校にするためです。放課後児童クラブに来る人は工事中は近寄らないようにしてくださいね。放課後児童クラブの先生方にもそのことは伝えています。

10月半ばというのに、夏の日差しのようです。そのような中、工事してくれています。

かなり、進みました。月曜日にはきれいに均されているはずです。子どもたちが安心して遊べるスペースが広がります。

 

 

10月15日(金曜日)

お巡りさんが来てくれました

下校時間帯に合わせて、門真警察のお巡りさんや市役所、交通安全協会の方々が砂子小学校に来てくれました。

プラカードを持って、安全に気をつけることについてのお話をしてくださいました。

皆様、ありがとうございました。

 

本日の下校について

昨日と同じように本日の下校も、念のために集団下校とします。

児童クラブに行く人はいつも通り児童クラブに行きます。

その他の人は、3時40分に、運動場に並んで下校します。

1年生、2年生の人も、3時40分に集団下校します。おむかえの場合は、3時40分までに学校に連絡をして下さい。

ご理解とご協力をよろしくお願いします。

なお、来週からはふつうどおりの下校とする予定です。

 

登校について

本日も念のため、集団登校にて、保護者の皆様も可能な限り付き添いいただければと存じます。市教委の青パトも巡回します。門真警察にも巡回依頼をしており、パトカーで巡回してくれることになっています。

 

守口市門真市消防組合のSNSについて

守口市門真市消防組合から門真市教育委員会をとおして、保護者の皆様に公式SNSについてお知らせしたいという依頼がありましたので、下をクリックすれば、見られるようになっています。

守口市門真市消防組合公式SNSについて(PDFファイル:128KB)

 

 

10月14日(木曜日)

保護者の皆様へのお願い

学校でも子どもたちに伝えていますが、不要不急の外出や子ども一人での外出は控えるようにさせてください。

午後2時15分現在

本日の下校は集団下校です

児童クラブに行く人はいつも通り児童クラブに行きます。

その他の人は、3時40分に、運動場に並んで下校します。

おむかえの場合は、3時40分までに学校に連絡をして下さい。

1年生、2年生の人も、3時40分に集団下校します。

明日の朝も集団登校をして下さい。

なお、今日の下校時間帯や明日の登校時間帯には、門真警察や教育委員会の青パト巡回を依頼しています。


不審者の特徴

・30代くらいの男性

・身長170センチ程度

・白シャツ、茶色ジャケット、白マスク

・自転車に乗っている(色不明)

 

午後12時現在

先ほどお伝えした男について

刃物のようなもの

を持って、昨夜、植栽などをたたいていたという情報が入りました。

警察や市教委の青パトも引き続き巡回してくれます。

 

午前7時40分現在

先ほど、門真警察から、昨夜23時頃、千石西町や千石東町で刃物を持っている男がいたと連絡がありました。

登校は、集団登校できて下さい。できる限り、保護者の皆様が一緒に登校していただけますようご協力をお願いします。

門真警察も、校区内を巡回します。また、門真市教育委員会にも青パト巡視を依頼しています。また、本校職員も、校区内を見回ります。

下校については、また、後ほど連絡をします。

ご協力をよろしくお願いします。

 

 

いたわりの気持ち

先日朝の出来事です。

校門から学校に入った低学年のある子どもが教室に行かずに、給食室の前でじっとしていました。どうするかなぁと見ていたところ、高学年の男子がすっとその子の横に行って、肩をポンポンとたたき、そのまま校舎に入っていきました。

あとで、聞くところによると、一緒に教室まで上がってくれたようです。

この高学年児童は、「小さい子がじっとしているなぁ」→「困っているのかな」→「声をかけてみよう」→「いっしょに教室まで行ってあげよう」という行動を一瞬で判断し、行動したのです。

何度も書きましたが、こうした気持ちが「いたわりの気持ち」だと思います。

またまた良い光景を見ることができて、とてもうれしく思いました。

 

 

10月13日(水曜日)

「ごめんなさい」は始まりの言葉

砂子小学校に皆さんに、4月のはじめ、すなごの『ご』はごめんなさいの『ご』ですと伝えました。

人に迷惑をかけてしまったり、人の嫌がることをしてしまった時に、相手にごめんなさいを言うことは必要なことです。でも、それが終わりではけっしてありません。

された側は、されたことを忘れません。許すことはあっても忘れることはないのです。

かつて大阪府警が、警察官募集のポスターに「ごめんですんだら、警察いらんわ!!」というコピーを入れて、話題になったことがあります。

そうです。ごめんですむことはないのです。ごめんなさいの後に、信頼・信用を回復することが必要です。覚えておいてください。「ごめんなさいは始まりの言葉」なのです。

 

 

10月12日(火曜日)

ミマモルメアプリ

緊急連絡時に活用しております一斉メール送信システム「ミマモルメ」に関わって、お知らせをします。

「ミマモルメ」はふつうのメール登録と、専用のアプリとインストールすることができます。このアプリをインストールすると、お手持ちのスマートフォンで音声通知機能やバッジ機能を自ら設定することができ、通知の確認もれが減少されます。

インストールは「ミマモルメ」のホームページから行うことができます。ID票にもインストールの方法が書いてあります。

なお、インストールの際には「ミマモルメ」登録時に発行されたID票が必要となります。

もし、なくした場合は、「ミマモルメ」のホームページで問い合わせをするか、「ミマモルメコールセンター」までお問い合わせください。

 「ミマモルメコールセンター」0570-081-300

受付時間は土、日、祝日以外の

8:45~12:00 13:00~17:30

 

 

10月11日(月曜日)

リンゴの唄

~赤い リンゴに くちびるよせて だまってみている 青い空 リンゴはなんにも 言わないけれど リンゴの気持ちは よくわかる リンゴ かわいや かわいや リンゴ~

『リンゴの唄』という曲の一番の歌詞です。

この曲は 敗戦の年(昭和20年 1945年)の10月11日に公開された『そよかぜ』という映画の主題歌でした。

可憐な少女の思いを赤いリンゴに託して歌う歌詞が、敗戦で打ちひしがれた日本国民の心をを明るくした名曲で、平成19年(2007年)には、『日本の歌100選』にも選ばれたとのこと。

いつか、今の重苦しいコロナ禍も終わりが来ます。その時は、どんな歌が流行るのでしょう?

 

*本日、『すなごだより第27号』をお子様をとおしてお配りします。ホームページ「学校通信『すなごだより』」でもご覧になれます。

 

 

 

10月8日(金曜日)

11日は平日です!

今年の10月11日(月曜日)は、スポーツの日が東京五輪に合わせて7月23日だったので、平日です。授業は普段通りです。お間違えないようお願いします。

 

玄関ロビーかざりつけ Vol.4 ~ハロウィン~

運動会応援旗に続き、間髪おかずして、役員の方々が今度はハロウィン飾りを作ってくださいました。

すなご日記にも載せています。

 

うれしかったこと

昨日、お二人の保護者の方にこんな言葉をいただきました。

「運動会を行ってくださり、ありがとうございました。久しぶりに校内に入ることができた保護者の方々が喜んでいましたよ。」

「1年生から6年生までの子どもたち、みんな良かったです。また、先生たちが楽しそうにやっていた姿もとても良かったです。」

「先生たちから『早く並びなさい』とか『列を乱さない!』というような子どもを叱るような声がなかったことや、転んだ子どもに『最後までがんばって』と声をかけていた姿が良かったです。」

「大切なことを書いた『プラカード』を持って、案内している高学年の子どもたちの姿に配慮を感じました。」

今回の運動会では、コロナ禍のもと、様々な制限を強いられている子どもたちに『楽しい思い』をさせてあげたいということや全学年で行うことをとおして、年上の子どもは年下の子どもにいたわりの気持ちを持ち、年下の子どもは年上の子どもに対して憧れの気持ちを持ってほしいと思っていました。

そのようなことも保護者の方々が感じ取ってくださっていたことをとてもうれしく思いました。早速、教職員にも伝えたところ、みんなもとても喜んでいました。

このお言葉は何よりのビタミン剤でした。

本当にありがとうございます!

 

 

10月7日(木曜日)

運動会

昨日は運動会を行いました。4月8日の始業式以来、半年ぶりに運動場に1年生から6年生までの子どもたちが集まり、全学年で行うことができました。

年下の人は年上の人の演技を見て、『あんなふうになりたい』といった憧れの念をもってほしい、年上の人は年下の人の手本になれるような態度を見せてほしいと思っていました。

また、仲間とともにひとつのものをつくりあげる体験をしてほしいとも思っていました。

そして、やり切った時に多くの拍手をもらって、満足感や自信を持ってほしいとも思っていて、昨日お越しいただいた保護者の皆様からも温かい拍手をいただけたことをとてもうれしく思います。

今回はコロナ禍の影響もあり、なかなか運動会の日程や内容も定まらず、お仕事の都合で見に来ることができなかった方も少なくないと思います。誠に申し訳ありませんでした。

来年こそは、多くの方々に子どもたちの姿を見ていただけることを願ってやみません。

 

 

10月6日(水曜日)

運動会 ~本日は晴天なり!~

今朝の天気は晴れ、運動会は予定通り行うことができます!

保護者の皆様も一家庭につき2名様まで(ただし、6歳未満の就学前児童を連れて来なくてはならない場合などは、個別にご相談ください)ですが、是非、ご来校ください。

なお、参観の際にはロープ内には入って見ることはご遠慮ください。また、ロープのない場所には白線を引いていますので、その中には入らないようご協力をお願い申し上げます。

コロナ禍であっても、子どもたちや参観してくださった保護者の皆様が笑顔になれるような運動会にしたいと思います。

様々なルールもあり、ご不便をおかけしますが、ルールを守ってこそ、楽しい運動会になるのだと子どもたちにも言っています。ほんの半日ではありますが、保護者の皆様方におかれましても、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

  

ノーベル物理学賞に真鍋淑郎(しゅくろう)さん

今年のノーベル物理学賞受賞にアメリカのプリンストン大学気象研究員の真鍋淑郎(しゅくろう)さん(90)が選ばれました。18世紀の産業革命以降、人類は大量の石炭や石油を使い、地球を暖めてしまう温室効果ガス、二酸化炭素(CO2)を出し続けており、このままでは、気温を上昇させてしまうという『地球温暖化』の予測の基礎を築いた業績が認められたとのこと。さらには、90歳での受賞もすごければ、今なお現役研究員といのも驚きです。

この真鍋さんは、「自分は頭が切れるというのではないが、人が合点(がてん)したことでも『待てよ』とくどいほど考え続けることが、結果としてうまくいった。」と、ある新聞の取材に答えておられます。

みんながそう言っているし、納得もしている…。そのような中、「本当にそうなのだろうか?」と疑問を持って考え続けることはかなり難しいことです。けれども、そのような姿勢があったからこそ、ノーベル賞受賞につながったのだと思います。

 

 

10月5日(火曜日)

青の洞門

青の洞門とは大分県中津市にある、全長342mの素掘りのトンネルです。これは江戸時代の中頃、1735年から、ある僧がノミと槌(つち)だけで掘り続け、何十年もかけてくり抜いたもので、今も使われています。

このことを菊池寛が、今から100年ほど前の大正時代に『恩讐の彼方に(おんしゅうのかなたに)』という小説にしており、それをもとにして、道徳科の教材にもなっています。
あらすじは以下のとおりです。

〜以前に大きな罪を犯してしまい、僧になった了海はその罪を償うために何かできないかと全国を歩いていました。そんな時、豊前の国(今の大分県)に鉄の鎖を持たないと通れない危険な崖(がけ)「くさりわたし」を見つけます。ここで、毎年、何人もの村人が川に落ちて命を落としたり、大けがをしたりしていることを知り、村人たちのために岩をくり抜いて道を作ろうと決心します。

しかし、固い岩を砕くことなどできるはずもないと、村人たちは誰も協力してくれません。それでも了海は諦めることなく、一人で掘り続けます。その了海の直向き(ひたむき)さに少しずつ村人も心を動かされ、協力し始める人たちが出てきます。
しかし、了海が掘り始めて18年目に、かつて、了海が殺めて(あやめて)しまった人の子どもである実之助が現れるのです。実之助は父親の仇(かたき)をとろうと刀を持ち、待ちかまえていましたが、了海の哀れな姿や、18年もの長い間、掘り続けてきたことを見て、この道が完成するまで待ってやろうと決心し、自分の思いを早く成就させようと了海を手伝い始めます。

そして、二人で岩を掘り続けて1年と6ヶ月が過ぎた時、とうとう洞門は貫通します。自分の命をかける仕事をやりとげた了海は、実之助に自分を切れと覚悟を決めます。しかし、実之助は自分の身を削りながらも多くの命を救いたいという思いを貫こうとした了海と手を取り合って、泣きながら完成を喜び合う〜

さて、先日、このお話を5年生で、杉江教頭と担任の先生が授業をしたのですが、そこに杉江教頭が実際の劇団員をゲストティーチャーとしてお招きしました。詳しくは、杉江教頭による『すなご日記』をご覧ください。

 

 

10月4日(月曜日)

人間の責任…

先日、漫画家のさいとうたかをさんが旅立たれました。

さて、さいとうさんの代表作に登場する主人公名は、中学校時代の担任の先生の名前を使ったのだそうです。

この先生は、さいとうさんがテストの解答をわざと白紙で出したときに

『これを白紙で出すのは君の意思だから仕方ないだろう。ただ、君の責任のもとにやるんだから、名前だけは書きなさい。それが人間の責任だ』

と諭してくれたとのこと。

何らかの行動を起こすならば、自分の名前を出して、責任を持って行いなさいということでしょうか。

匿名による様々な誹謗中傷がネット上に溢れている今だからこそ、心せねばならないことだと思います。

*本日、『ほけんだより10月号』をお子様をとおしてお配りします。ホームページ「お知らせ」のコーナーでもご覧になれます。

 

10月1日(金曜日)

神無月(かんなづき) 10月のスタート

いよいよ10月です。令和3(2021)年度も後半に入ります。

6日には運動会、19日・20日には5年生の林間、そして、27日・28には6年生の修学旅行が行われます。

話は変わりますが、10月には、日本中の八百万(やおよろず)の神様が、出雲の国(島根県)に集まり会議を行うそうで、他の国には神様がいなくなってしまうことから「神無月」と呼ばれてきました。ちなみに神様の集まる出雲の国では「神在月(かみありづき)」と呼ばれているそうです。

門真市は、河内の国ですから今月、神様は出張中となりますが、どうか5・6年生の林間や修学旅行は行けるよう、遠い出雲の国から願いを聞き届けてください。お願い申し上げます。

なお、参加するにあたっては『同意書』を保護者の皆様方からご提出いただきたいと思いますので、5年生は本日、6年生は8日の説明会の際に同意書をお配りする予定です。ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

小学校、中学校における教育活動について(第14版 門真市教育委員会)

緊急事態宣言が解除されたことにともなう教育活動について、門真市教育委員会から保護者の皆様方へのお知らせがありますので、お子様をとおして本日お配りします。

また、下に『やさしい日本語版』とともに載せておきますので、クリックしてください。

『小学校、中学校における教育活動第14版』(令和3(2021)年 門真市教育委員会)(PDFファイル:266.8KB)

『小学校、中学校教育活動第14版 やさしい日本語版』(令和3(2021)年 門真市教育委員会)(PDFファイル:134.6KB)

 

 

9月30日(木曜日)

来週の日程について

今日で緊急事態宣言も解除されます。

これで、正式に6日には運動会を保護者の皆様をお招きして行うことができます。

これまで、様々な変更などもありましたので、来週の日程が分かりにくいかと思います。今朝、PTAの役員の方からも保護者の皆様が間違えないように知らせてあげて下さいとのご助言もありました(ご配慮ありがとうございます。)ので、下に一覧表を載せさせていただきます。

月・日

(曜日)

授業や行事について

給食

10月3日

(日曜日)

お休み

10月4日

(月曜日)

ふだんどおりの授業を行います

あり

10月5日

(火曜日)

運動会準備のため5時間授業です

*6年生及び5年生の一部は運動会準備のために残ります

あり

10月6日

(水曜日)

運動会

運動会(午前中) 午後1時30分頃下校します

*中止の場合は、5時間授業で下校します

*中止の場合は8日に延期します

あり

10月7日

(木曜日)

ふだんどおりの授業を行います

あり

10月8日

(金曜日)

運動会

予備日

ふだんどおりの授業を行います

*運動会を行った場合は、午後1時30分頃下校します

あり

*本日、学校通信『すなごだより第26号』をお子様をとおしてお配りします。ホームページ「学校通信『すなごだより』」でもご覧いただけます。

 

実るほど…

5年生のバケツ稲ですが、写真のとおりよく実っています。

実るほど 頭(こうべ)を垂れる 稲穂(いなほ)かな

という詠み人知らずの有名な句がありますが、その表現がぴったりといった感じです。

このように、稲の穂は実るほどに穂先が低く下がるものです。

さて、稲が生長するためには稲自体が持っている力は当然必要です。けれども、土もいります。水もなければなりません。日当たりも大切です。また、米という字は八十八という数字を表しているとも言い、それほど人の手をかけなければならない作物です。

つまり、いろいろな要件が整ってこそ、時間とともに稲穂の中身が詰まっていくのですね。

人も同じで、周りからの様々なはたらきかけによって、自分自身が支えられていることに気づけないと、頭は下がらないのかもしれません。

5年生のバケツ稲を見てそんなことも感じました。

なお、この句は中国語で表すと、

成熟的稻穗低着头

なのだそうです。

 

昭和のヒーロー

私が子どものころ、つまり昭和の時代ですが、各界に子どもたちが憧れるヒーローがいました。

テレビの世界には、ウルトラマンやウルトラセブン、仮面ライダー、タイガーマスク…。野球界には王選出、長嶋選手、村山投手…。そして、プロレスリングの世界には、アントニア猪木とジャイアント馬場がいました。このお二人は、61年前の1960年(昭和35年)9月30日に 日本プロレス台東体育館大会で同時デビューしたのです。小学生時代など、毎週金曜日・土曜日の午後8時からプロレス中継をよく見たものです。

子どものころ、各界のヒーローに憧れ、その溌剌とした姿や生き様、努力、発した言葉に感動したものです。今の子どもたちは、どんな人に憧れの念を持っているのでしょうね。

 

9月29日(水曜日)

宿泊学習について

緊急事態宣言の全面解除が決定されました。明日をもって終了です。これが、来月末まで続いてくれたら林間や修学旅行も行えます。

ただ、参加に当たっては保護者の皆様から『同意書』というものをいただかなくてはなりません。後日、5・6年生のお子様をとおして同意書をお配りいたします。内容をよくお読みいただき、ご提出にご協力いただければ幸いです。

また、宿泊行事に参加できる場合、参加をひかえていただかなくてはならない場合のシチュエーションについても後日、お知らせいたします。

何とぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

 

9月28日(火曜日)

緊急事態宣言全面解除へ ~しかし、油断禁物~

今月末に期限を迎える大阪や東京など19の都道府県への緊急事態宣言を巡って、首相は昨夜“5大臣会合”を開いて、全て解除する方針を固めたようです。

政府は今日の専門家の方々による分科会にこうした方針を諮った上で首相が自ら国会報告を行い、対策本部で正式に決定する見込みです。

また、8県に出されているまん延防止等重点措置についても全て解除する方針です。

これが今月末まで続けば、林間も修学旅行も行かせてあげることができます。

子どもたちにとっては、一生に一度の小学生生活における、林間そして修学旅行です。

この4月からほとんどの期間が緊急事態宣言発令中でした。子どもたちには様々な教育活動を制限してきました。

そのような中、久しぶりの運動会(1・2年生にとっては初めての運動会)に向けて、いい顔を見せてくれる子どもたちを見ていると、こうした校外での宿泊行事にも行かせてあげたいと思います。

ただ、その時期に再び、緊急事態宣言が発令された場合には、延期あるいは中止にせざるを得ないこともあらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

解除後にまたまた、陽性者数が爆発的に増えなければよいのですが…。

油断禁物です!

 

*本日、『ほけんだより9月号』をお子様をとおしてお配りしますので、ご覧ください。ホームページ『お知らせ』のコーナーからもご覧になれます。