個人情報保護制度

市が持っている個人情報の保護について必要な事項を定め、自分の個人情報の開示などを請求する権利を保障して、皆さんの基本的人権を擁護するのがねらいです。

運用状況

個人情報

個人に関する情報(氏名、生年月日、職業、学歴、収入、財産など) であって、特定の個人が識別され、または識別することができるもの

請求できる人

市(実施機関)が持っている情報のなかに自分に関する情報がある人

請求できる内容

  • 個人情報の開示の請求 実施機関が持っている自分の情報を知りたいとき、その情報の開示を請求することができます。
  • 個人情報の訂正の請求 実施機関が持っている自分の情報に誤りがあるとき、その情報の訂正を請求することができます。
  • 個人情報の削除の請求 実施機関が個人情報を収集するとき、収集ルールに違反して収集したと認められるときは、その情報の削除を請求することができます。
  • 個人情報の目的外利用などの中止の請求 実施機関がその事務の必要性から収集した個人情報を目的外に利用したり、市(実施機関)以外に提供する(している)ときは、その中止を請求することができます。

開示できない情報

  • 法令などの定めで本人に開示することができないもの
  • 個人の評価、診断などについての個人情報で、開示しないことに正当な理由があるもの
  • 開示することにより第三者の権利利益を侵害するおそれのあるもの
  • 開示することにより実施機関の事務の適正な執行に著しい支障が生ずるおそれがあるもの

請求の方法

情報公開等受付窓口(市役所本館3階)で所定の請求書を提出してください。また、その際に本人であることを証する書類(自動車運転免許証、パスポートなど)が必要です。

なお、郵送、ファックスおよびメールによる請求はできません。

注意:所定の請求書は、情報公開等受付窓口(市役所本館3階)にて記入していただくか、こちらの個人情報開示請求書を情報公開等受付窓口に持参してください。

個人情報開示請求書(PDFファイル:130.5KB)

個人情報開示請求書(Wordファイル:20.5KB)

 

開示等の決定

請求書が情報公開等受付窓口に到達した日の翌日から起算して、開示の請求にあっては15日以内(やむを得ない理由があるときは45日以内)、訂正、削除または中止の請求にあっては30日以内(やむを得ない理由があるときは60日以内)に開示等をするかどうかを決定し、通知します。

開示の方法

開示決定後、指定した日時・場所において保有個人情報が記録された公文書の閲覧、その写しの交付を行います。または、請求者の希望に応じ、郵送により公文書の写しの交付を行います。

手数料

保有個人情報の閲覧に係る手数料は無料ですが、その写しの作成や郵送を希望する場合の費用は、請求者の負担となります。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 総務課 文書法規グループ
本館3階
〒571-8585 大阪府門真市中町1-1
電話06-6902-5684
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2022年06月01日